どうして?劉備(玄徳)が天下を統一出来なかった理由5つ

どうして?劉備(玄徳)が天下を統一出来なかった理由5つ

「臥龍と鳳雛、どちらかを手に入れれば天下も手に入る」と言われていた時代にその双方を手に入れたものの、蜀一国の建国に留まった劉備(玄徳)。それだけでも素晴らしいのですが、なぜ天下統一出来なかったのか、いくつかの理由に迫りましょう。


①感情面の問題

良くも悪くもこの点は大きいでしょう。例えば劉表が亡くなる際、諸葛亮は荊州を奪えと進言。仮にですがその言葉通り荊州を奪還していれば曹操と立ち向かうだけの戦力がもっと早い段階で整えられていたでしょう。
諸葛亮が度々助言するものの優しさからそれらを固辞。結果、諸葛亮は他の作戦を考慮して遠回りするケースも珍しくありませんでした。これではいくら諸葛亮といえどもやはり天下統一は難しかったでしょう。
もしも、劉備(玄徳)が諸葛亮の言葉に従っていれば歴史は変わっていたかもしれません。その一方では反対された夷陵の戦いは決行。
こちらは領土拡大云々ではなく、単純に関羽の仇討ちなだけ。諸葛亮としてもその点を分かっているからこそ止めたものの、結局は強行。
もしも、呉を倒して領地を手に入れていれば話は変わっていましたが、結果だけを見れば戦力を消耗しただけのまさに「無駄な戦い」にしかならなかったのです。いくら素晴らしい配下が居ても、決断するのは君主。ここぞという時にどうしても良くも悪くも感情的に動いてしまっていた以上、天下統一が難しくなったのかもしれません。

②曹操が凄すぎた

これもあるでしょう。劉備(玄徳)自身の問題ではなく、曹操が素晴らしい能力を持った人間だったからこそ、上手く立ち回れなかったのです。
劉備(玄徳)は黄巾の乱以降、蜀を手に入れるまでは流浪の身でしたが、そもそもその原因の大半は曹操にあります。仮に曹操が大したことのない男であれば劉備(玄徳)がここまで追い回されることもなかったでしょう。
しかし曹操が破竹の勢いで領土を拡大していくと、結局は山間部である蜀しか劉備(玄徳)が付け入る隙がなくなっていました。

曹操がもっと中原の制覇に時間がかかっていれば劉備(玄徳)としても違う所で一旗揚げられたかもしれません。しかし天下三分の計という言葉の格好良さとは裏腹に、蜀という消去法的な山岳地帯を望まなければならない状況の時点で既に勝負の趨勢は付いていたのかもしれません。
どうしても「悪役」なイメージが強い曹操ですが、中国大陸の3分の2を統一したのはそれだけの力量があればこそ。決してただの悪役ではなく、大きな存在なのです。そんな曹操がライバルであった以上、さすがに天下統一は厳しかったでしょう。

③諸葛亮との出会いが遅かった

たらればを言い出したらキリがありませんが、諸葛亮との出会いがもう少し早ければ劉備(玄徳)の運命はまた違ったものになっていたのかもしれません。そもそもそれまでの劉備(玄徳)は軍略というものがありませんでした。流れに身を任せて戦い、勝てば官軍、負ければ流浪。黄巾の乱以降、結局はこの繰り返しでしかありませんでした。

しかし諸葛亮、厳密に言えばその前に出会った徐庶のような、いわゆる知略家との出会いがもっと早ければ目の前の戦いだけではなく、長い目で物事を考える戦略があったでしょう。
劉備(玄徳)と諸葛亮が出会った頃は劉備(玄徳)が劉表の元に身を寄せていた時代。
既に官渡の闘いにて袁紹に勝利した後で、天下の趨勢が曹操に傾いていた頃でした。この頃の曹操はいわば破竹の勢い。ましてや曹操は並の男ではありません。それだけに、結局は曹操の勢いを止めることは出来ませんでしたが、もう少し早く諸葛亮のような軍略家に出会い、長期的なビジョンを聞かされていたらまた違った形になっていたかもしれませんが、諸葛亮と出会えたのも流浪の身となって劉表の元に身を寄せたからこそ。運命の歯車はなかなか都合よくは回ってくれないものですね。

④荊州を奪われてしまったから

現実的に考えるとこれも大きいでしょう。荊州はとても豊かな場所でした。この地が自分の物か、あるいは他人のものかによって蜀の価値そのものまで変わると言っても決して過言ではなかったでしょう。そのようなことは劉備(玄徳)とて分かっていたからこそ、関羽という最も頼れる武将に守らせていたのは言うまでもありません。理由の如何はともかく、結局荊州は呉の手に渡ってしまい、関羽も亡くなります。
これにより先にも触れた夷陵の戦いが行われることになるのですが、荊州を落としていなければ夷陵の戦いも起きていませんでした。
無駄な戦力を対呉に使うことなく、対魏に使うことが出来たでしょう。そもそも荊州を落とす直前、劉備(玄徳)は漢中を曹操から奪っているのです。益州を手に入れ、戦力も整い、これから曹操の喉元を…という時の出来事なだけに大きな出来事となってしまったのはもちろんですが、荊州という立地を考えてもここを守り切れなかったのは致命傷でした。
では関羽以外であれば荊州を守れたのかといえばそれも難しいでしょう。劉備(玄徳)だけではなく、曹操も孫権も荊州を欲しがっていたのですから。

⑤中国が広く、更には蜀が山岳地帯だったから

天下統一した人間がいる以上、言い訳にしかならないかもしれませんが、蜀という立地を考えるとどうしても、どこかに戦いに行こうとすればすべてに於いて大々的なものとなってしまいます。例えばですが北伐の際、漢中から長安だけを見ても日本の立地に当てはめると名古屋と東京程度離れているのです。電車も飛行機もない時代、その距離を移動するだけでも兵士は疲れていたでしょう。
ましてや蜀は山岳地帯。平野部の300キロメートルと山岳地帯とでは訳が違います。
魏や呉は山岳地域ではないので兵の移動も行いやすかったため、どうしても蜀は不利な立地でした。もしも、これが逆で魏が山岳地帯で蜀が平原であれば、或いは劉備(玄徳)は曹操とも決着をつけられていたかもしれません。しかしこの点は言い出したらキリがない部分ではあります。そもそも、このような場所だと分かって領地を手に入れたのは他ならない劉備(玄徳)ですし。

まとめ

豊富な人材が多々あつまる不思議な仁徳を持つ劉備(玄徳)。もっと上手く立ち回っていれば天下統一が出来たのではないかとの声もありますが、志半ばにしてこの世を去ります。最後は夷陵の戦いでの大惨敗の後、悲嘆の中での死去となったようですが、もしもまだまだ長生きしていたら三国志の歴史はまた違ったものになっていたのかもしれません。それを思うと、やはり荊州陥落は蜀、劉備(玄徳)にとって想像以上に大きなものだったのでしょう。

関連するキーワード


曹操 劉備(玄徳)

関連する投稿


諸葛亮(孔明)を育んだ襄陽は英傑ぞろいの地だった

諸葛亮(孔明)を育んだ襄陽は英傑ぞろいの地だった

三国志きっての天才・蜀の軍師である諸葛亮(孔明)を育んだのは襄陽の隆中でした。そこは英傑がこぞって在野で知を競い合う土地だったのです。どんな人物たちが切磋琢磨していたのでしょうか。


本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

本当の三国志の世界はろくなリーダーがいなかったという驚愕の事実

三国志の世界には当然リーダー格となる人物がたくさん登場しますが、英雄と呼ばれている人物でも史実をたどればとんでもないミスをやらかしてしまうなどしています。今回は、そんな三国志の本当の世界を辿り、どんなミスがあったかなどを追及していこうと思います。


蜀の名君劉備(玄徳)が民や将から慕われていた理由を考察してみた

蜀の名君劉備(玄徳)が民や将から慕われていた理由を考察してみた

三国志といえば蜀!名君といえば劉備(玄徳)と多くの人が認識しているわけですが、これは三国志演義という小説が蜀や劉備をあたかも主人公視点のように書いているからでもあります。とはいえ劉備(玄徳)の人気はありますし、脚色であったとしても慕われる理由は知りたいので今回はその理由について考察してみることにしました。


曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

曹操(孟徳)が所有した伝説の倚天剣と青紅剣

乱世の姦雄と呼ばれその名を中国全土にとどろかせた曹操(孟徳)は伝説に残る一対の剣を所有していました。その剣は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」。どちらも伝説に残る逸品中の逸品です。今回は「倚天剣(いてんけん)」と「青紅剣(せいこうけん)」について詳しく解説します。


歴史に習え!三国志から学ぶ人生の教訓エピソードベスト3

歴史に習え!三国志から学ぶ人生の教訓エピソードベスト3

人生を生きていく上で辛い時や困っているときは必ずと言っていいほど訪れます。そんな時、あなたの背中を押してくれるものが必ず必要となります。三国志の歴史の中にもそういった名言などがたくさん散りばめられています。今回はそんな人生の教訓となるようなエピソードをご紹介します。


最新の投稿


三国志・董卓のような暴君か、劉禅のような暗君か、呉のラストエンペラー孫皓の器量

三国志・董卓のような暴君か、劉禅のような暗君か、呉のラストエンペラー孫皓の器量

呉の最後の皇帝である「孫皓」。残虐な皇帝として有名ですが、はたしてどのような器量だったのでしょうか。


諸葛亮(孔明)を育んだ襄陽は英傑ぞろいの地だった

諸葛亮(孔明)を育んだ襄陽は英傑ぞろいの地だった

三国志きっての天才・蜀の軍師である諸葛亮(孔明)を育んだのは襄陽の隆中でした。そこは英傑がこぞって在野で知を競い合う土地だったのです。どんな人物たちが切磋琢磨していたのでしょうか。


諸葛亮(孔明)が発明した幻の連弩

諸葛亮(孔明)が発明した幻の連弩

三国志演義では関羽(雲長)の愛刀の青龍偃月刀や張飛(翼徳)の蛇矛(じゃぼう)など、人々を魅了する武器が登場します。そこまで有名ではないものの、諸葛亮(孔明)が発明した当時は画期的な新兵器だった幻の連弩を紹介します。


知られざる三国時代の民衆の文化を考察してみる

知られざる三国時代の民衆の文化を考察してみる

魏・呉・蜀と多くの国々が戦った三国時代ですが、この時代ではなんと約7割の民衆が命をおとしたというとても悲しい現実があります。今回はあえて三国武将にスポットをあてずに三国時代を生きた民衆の文化について考察していこうと思います。


桃園の誓いから生涯関羽(雲長)の相棒となった青龍偃月刀

桃園の誓いから生涯関羽(雲長)の相棒となった青龍偃月刀

関羽(雲長)は桃園の誓いにて劉備(玄徳)らと義兄弟の契りを交わして以降、青龍偃月刀を愛刀としました。軍神と言われるほどの関羽(雲長)の活躍は関羽(雲長)個人の実力だけでなく、青龍偃月刀という武器が優れていたからと言っても過言ではありません。


https://sangokushirs.com/articles/196