三国志における呉軍の要「甘寧」

三国志における呉軍の要「甘寧」

三国志において、関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べ、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれている。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


甘寧 三国志 演義での活躍

甘寧 三国志 演義での活躍

甘寧 三国志 演義での活躍

三国志 演義において、甘寧は若い頃は、徒党を組んで江湖一帯を荒らし回る河賊でした。そして、劉表の配下である江夏太守の黄祖に仕えます。黄祖と孫権が合戦をすると孫権軍の武将である凌操を討ち取りました。ですが、いつまでたっても重用されないので、黄祖に不満を持った甘寧は孫権に仕えるようになります。
曹操が荊州を支配すると、江東の孫権に降伏を勧告してきます。そして、江東では武官を中心とした決戦派、文官を中心とした降伏派に分かれて議論が繰り返されます。甘寧は武官の一人として決戦を主張します。結局、諸葛亮・魯粛らの説得で、水軍提督である周瑜が開戦を主張し、孫権も開戦を決意します。舞台は赤壁の戦いへと続いていきます。甘寧は、周瑜と黄蓋が「苦肉の計」で曹操を欺こうとするのを手伝います。曹操軍から偽りの降伏でスパイとしてやってきた蔡和・蔡仲に対して、闞沢と共に嘘の情報を流します。黄蓋の偽の投降によって、曹操軍の船団や陣を火攻めにした後、甘寧は曹操軍を追撃し、馬延や張顗を打ち取ります。
孫権軍の武将である凌統は、父親が甘寧に討ち取られたので、甘寧のことを仇として憎んでいました。ところが、濡須口の戦いで、凌統がピンチに陥った時、甘寧が曹操軍の楽進を矢で射って危ないところを救いました。それを知った凌統が恨みを水に流して、二人は固い絆を結ぶことになります。また、部下百名だけを率いて、曹操軍に夜襲を仕掛け、ガチョウの羽を目印にして同士討ちを防ぎ、一人の部下をも失わずに成功させます。
孫権軍の武将として華々しい活躍を繰り返しますが、劉備(玄徳)との夷陵の戦いに、重病でありながら出陣します。そこで、劉備(玄徳)軍に協力していた沙摩柯の矢を受け、戦死します。

甘寧 三国志 若い頃〜荊州の将

甘寧 三国志 若い頃〜荊州の将

甘寧 三国志 若い頃〜荊州の将

三国志 正史に記載されている甘寧は、若い頃より気概があって、遊侠を好んでいました。若者を集め、徒党を組み、彼らの頭領として活躍していました。目印として鈴を常に携帯していたので、周りの人たちは鈴の音を聞いただけで
「あ、甘寧一味だ」
と分かりました。自分たちの周りで犯罪があれば摘発及び制裁を行っていました。こういった生活を20年位続けていましたが、ある時に学問に興味を持ちました。それ以降、生活が変わり、書物を読むようになりました。
甘寧は荊州の南陽に住み、劉表に使えるようになりました。ところが、劉表は
「文を重視、武を軽視」
していたため、甘寧は重用されませんでした。そこで劉表配下である江夏太守の黄祖の下へ行きますが、そこでも重用はされませんでした。後に、黄祖が、彼を父の仇とする孫権と合戦になります。黄祖は敗れ、甘寧は黄祖を救援します。その際に殿を務め、孫権軍の武将である凌操を打ち取ります。
合戦で活躍しても甘寧の待遇は一向に良くなりません。江夏の都督である蘇飛は甘寧を重用するように黄祖に進言しますが、採用されません。甘寧は黄祖の陣営を離れたいと考えますが、中々出来ません。そこで、蘇飛が助け舟を出し、甘寧が県の長に推挙され、ようやく離れることが出来ます。そして、甘寧はそこも出奔し、孫権に降ります。

甘寧 三国志 江東の将軍

甘寧 三国志 江東の将軍

甘寧 三国志 江東の将軍

甘寧が孫権の配下に加わると、周瑜と呂蒙が連名で推挙します。そのため、孫権は甘寧を手厚く遇することにしました。甘寧は孫権に対して、
「劉表と黄祖を討ち、荊州を手に入れる。その後、益州を攻め取る。」
という
「天下二分の計」
を孫権に主張します。周瑜の考えていることにもマッチし、孫権は甘寧のことをすっかり気に入り信頼することになります。
孫権が黄祖を攻めると、甘寧も従軍します。江夏で黄祖を討ち取った際、甘寧の恩人である蘇飛も孫権軍に生け捕られます。蘇飛はこっそり人を遣わして、甘寧に助命を頼みます。甘寧も蘇飛の恩を決して忘れず、孫権の前で涙を流しながら土下座して蘇飛の命乞いをします。そして、孫権も最初は死罪にするつもりだったのが、受け入れて助命します。孫権は黄祖の軍を配下に吸収すると、甘寧に兵士を与えて、駐屯させます。
このすぐ後に起こった赤壁の戦いでは、周瑜に随行して曹操軍を討ち破ります。荊州南部の争奪戦では、甘寧は夷陵を奪取します。ところが、曹仁が反攻に出て、大軍に包囲されてしまいます。甘寧は猛攻に遭いますが、平然として戦い続けました。やがて周瑜の援軍がやってきて、曹仁を撃退し、荊州南部から撤退させます。

甘寧 三国志 大活躍(VS曹操軍)

甘寧 三国志 大活躍(VS曹操軍)

甘寧 三国志 大活躍(VS曹操軍)

曹操が濡須へ侵攻した際には、甘寧は都督として迎え撃ちます。ここで演義でも有名な100名での夜襲が行われます。精鋭100名を集め、酒食を振る舞います。そして、曹操の陣営に夜襲をかけることを告げます。曹操の大軍に対して、100名では勝ち目がないと兵士達は渋ります。すると、甘寧は
「将軍である自分ですら、死を覚悟している。それなのにお前たちは命を惜しむのか?」
と兵士達に言い放ちます。そして、自らお酌して、酒を振る舞って士気を高めます。こうして結成した決死隊の夜襲は大成功に終わり、曹操軍を撤退させることに成功します。
孫権軍が曹操軍の揚州における拠点である皖城を攻撃した際には、呂蒙により攻城隊長に任命されます。甘寧は兵士達の先頭に立って、城に乗り込み、敵将の朱光を捕らえます。論功行賞の結果、大将であった呂蒙が第一の功、甘寧がそれに次ぐものとされます。
孫権軍が合肥を攻めて合戦が起こります。孫権軍に戦果はなく、撤退を決定します。この時、孫権の周りには呂蒙・蔣欽・甘寧・凌統と言った将と僅かな手勢しかいませんでした。それを見た曹操軍の張遼が奇襲をかけてきます。甘寧は弓を引いて敵を迎え撃ちます。そして、凌統たちと共に、曹操軍と激戦を繰り広げます。孫権は甘寧の騒然とした様子を褒め称えます。

まとめ

まとめ

まとめ

甘寧は比較的演義と正史で差の少ない武将です。三国志 演義での活躍の多く
・黄祖のもとで凌操を討ち取る
・赤壁の戦いで活躍する
・濡須口の戦いで夜襲を成功させる
・皖城を攻め落とす
などは全て三国志 正史にも記載されており、元となっています。
甘寧に関する記載で一番、三国志 演義と三国志 正史で差があるのは、死亡時期です。演義では甘寧は夷陵の戦いで戦死ということになっていますが、正史では合肥の戦いのすぐ後に死亡しています。蜀漢を主人公とした演義では夷陵の戦いで、蜀漢軍が大物を討ち取ったという演出のために、甘寧をそこまで生かしていたのでしょう。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


三国志の英雄がイケメンに!?三国志をテーマにした女性向けゲームアプリ!

日本の戦国時代や幕末をテーマとした女性向け恋愛シミュレーションアプリがあるように、三国志をテーマにしたものも存在するんです! 素敵な英雄と恋を楽しんでみませんか?


三国志の人材コレクター!曹操が集めた魏の武将たち

群雄割拠の三国時代において、抜きんでた兵力を誇った魏の国。その礎となったのは、「人材コレクター」の異名を持つ曹操孟徳が集めた、優れた武将たちの働きでした。曹操は優秀な人材なら出自を問わず重用し後の蜀の皇帝・劉備(玄徳)の腹心である関羽まで手に入れようとしたほどです。そんな曹操のもとに集った腹心たちをご紹介します!


三国志の始まり~王朝の乱れより黄巾の乱の始まり~

「蒼天己死」~そうてんすでにしす~ 腐敗した漢王朝に代わる新しい世界を求めた者たちは、この言葉のもと各地で蜂起する。これが「黄巾の乱」である。この反乱が成功することがなかったが、三国志の英雄たちを歴史の表舞台に登場させることとなる。


董卓~三国志随一の暴君~

黄巾の乱後の政治的不安定な時期を狙い、小帝と何皇太后を殺害し、献帝を擁護し権力を掌握していく朝廷を支配していた絶対的存在。 政権を握った彼のあまりにもの暴虐非道さには人々は恐れ誰も逆らえなかった。 しかし、最後は信頼していた養子である呂布に裏切られるという壮絶な最後を遂げる。


魏軍武勇筆頭! 義にも厚かった猛将・張遼

曹操配下の将軍の中でもトップクラスの評価を受けるのが張遼だ。幾度か主君を変えた後に曹操に巡り合い、武名を大いに轟かせる。最後まで前線に立ち続けた武人の生涯をたどる。


最新の投稿


パリピ孔明 第10話 関羽の千里行

ついに大型音楽フェス・サマーソニア当日を迎えた最終話。 英子は、BBラウンジから会場に向かうが、交通トラブルで会場への道が塞がれ、英子はステージにたどり着けなくなってしまう。これらは前園ケイジによる数々の妨害だった。 その頃、ステージではケイジのライブが始まろうとしていた。


パリピ孔明 第9話 東南の風 イースト・サウス

BBラウンジのオーナー・小林に恨みを持つケイジは、英子を大手レーベルに移籍させようと画策している。 孔明と英子は、ケイジの妨害を阻止するため、彼と対決することに。 勝負の鍵を握るのは、活動休止したロックバンド、イースト・サウスだった。


パリピ孔明 第8話 五丈原の戦い

英子の原点と、小林の過去が明かになる。英子は、幼い頃から歌が好きだったが、母親に反対され、歌うことを諦めかけたことがあった。 小林は、かつてバンドを組んでおり、ギターを弾いていたが、ある事件をきっかけに、ギターから足を洗っていた。 英子の歌声に心を動かされ、再びギターを手に取ることに。


パリピ孔明 第7話 祖茂の身代わり

英子は、デビュー曲「DREAMER」でサマーソニアの出場権を獲得し、夢を叶える一歩を踏み出した。 しかし、サマーソニアで歌う新曲を用意しなければならず、孔明は英子とKABE太人に、新たな試練を与える。そして、もうひとつの罠も待ち構えていた!?


パリピ孔明 第6話 草船借箭反転の計

英子は、超大型フェス・サマーソニアの出場権を賭けて、SNSでの10万イイネ企画に参加ししているが、ライバルである3人組アイドルユニット「AZALEA(アザリエ)」も同じ企画に参加している。 英子の歌で心を奪えるか? 英子のSNSへのイイネの数は?