呉軍の要「甘寧」

呉軍の要「甘寧」

蜀漢の関羽・張飛・趙雲、魏の張遼・徐晃・張郃に比べると、どうしても有名な武将が中々上がってこない呉の国。正史では有能な将であった周瑜・魯粛・諸葛瑾・陸遜辺りが、演義では参謀のように書かれているのが理由の一つです。ですが、演義でも正史でも有能な武将として書かれている人物がいます。それが甘寧です。彼はどんな人物であったのでしょうか?


甘寧--演義での活躍

演義において、甘寧は若い頃は、徒党を組んで江湖一帯を荒らし回る河賊でした。そして、劉表の配下である江夏太守の黄祖に仕えます。黄祖と孫権が合戦をすると孫権軍の武将である凌操を討ち取りました。ですが、いつまでたっても重用されないので、黄祖に不満を持った甘寧は孫権に仕えるようになります。
曹操が荊州を支配すると、江東の孫権に降伏を勧告してきます。そして、江東では武官を中心とした決戦派、文官を中心とした降伏派に分かれて議論が繰り返されます。甘寧は武官の一人として決戦を主張します。結局、諸葛亮・魯粛らの説得で、水軍提督である周瑜が開戦を主張し、孫権も開戦を決意します。舞台は赤壁の戦いへと続いていきます。甘寧は、周瑜と黄蓋が「苦肉の計」で曹操を欺こうとするのを手伝います。曹操軍から偽りの降伏でスパイとしてやってきた蔡和・蔡仲に対して、闞沢と共に嘘の情報を流します。黄蓋の偽の投降によって、曹操軍の船団や陣を火攻めにした後、甘寧は曹操軍を追撃し、馬延や張顗を打ち取ります。
孫権軍の武将である凌統は、父親が甘寧に討ち取られたので、甘寧のことを仇として憎んでいました。ところが、濡須口の戦いで、凌統がピンチに陥った時、甘寧が曹操軍の楽進を矢で射って危ないところを救いました。それを知った凌統が恨みを水に流して、二人は固い絆を結ぶことになります。また、部下百名だけを率いて、曹操軍に夜襲を仕掛け、ガチョウの羽を目印にして同士討ちを防ぎ、一人の部下をも失わずに成功させます。
孫権軍の武将として華々しい活躍を繰り返しますが、劉備(玄徳)との夷陵の戦いに、重病でありながら出陣します。そこで、劉備(玄徳)軍に協力していた沙摩柯の矢を受け、戦死します。

甘寧--若い頃〜荊州の将

正史に記載されている甘寧は、若い頃より気概があって、遊侠を好んでいました。若者を集め、徒党を組み、彼らの頭領として活躍していました。目印として鈴を常に携帯していたので、周りの人たちは鈴の音を聞いただけで
「あ、甘寧一味だ」
と分かりました。自分たちの周りで犯罪があれば摘発及び制裁を行っていました。こういった生活を20年位続けていましたが、ある時に学問に興味を持ちました。それ以降、生活が変わり、書物を読むようになりました。
甘寧は荊州の南陽に住み、劉表に使えるようになりました。ところが、劉表は
「文を重視、武を軽視」
していたため、甘寧は重用されませんでした。そこで劉表配下である江夏太守の黄祖の下へ行きますが、そこでも重用はされませんでした。後に、黄祖が、彼を父の仇とする孫権と合戦になります。黄祖は敗れ、甘寧は黄祖を救援します。その際に殿を務め、孫権軍の武将である凌操を打ち取ります。
合戦で活躍しても甘寧の待遇は一向に良くなりません。江夏の都督である蘇飛は甘寧を重用するように黄祖に進言しますが、採用されません。甘寧は黄祖の陣営を離れたいと考えますが、中々出来ません。そこで、蘇飛が助け舟を出し、甘寧が県の長に推挙され、ようやく離れることが出来ます。そして、甘寧はそこも出奔し、孫権に降ります。

甘寧--江東の将軍

甘寧が孫権の配下に加わると、周瑜と呂蒙が連名で推挙します。そのため、孫権は甘寧を手厚く遇することにしました。甘寧は孫権に対して、
「劉表と黄祖を討ち、荊州を手に入れる。その後、益州を攻め取る。」
という
「天下二分の計」
を孫権に主張します。周瑜の考えていることにもマッチし、孫権は甘寧のことをすっかり気に入り信頼することになります。
孫権が黄祖を攻めると、甘寧も従軍します。江夏で黄祖を討ち取った際、甘寧の恩人である蘇飛も孫権軍に生け捕られます。蘇飛はこっそり人を遣わして、甘寧に助命を頼みます。甘寧も蘇飛の恩を決して忘れず、孫権の前で涙を流しながら土下座して蘇飛の命乞いをします。そして、孫権も最初は死罪にするつもりだったのが、受け入れて助命します。孫権は黄祖の軍を配下に吸収すると、甘寧に兵士を与えて、駐屯させます。
このすぐ後に起こった赤壁の戦いでは、周瑜に随行して曹操軍を討ち破ります。荊州南部の争奪戦では、甘寧は夷陵を奪取します。ところが、曹仁が反攻に出て、大軍に包囲されてしまいます。甘寧は猛攻に遭いますが、平然として戦い続けました。やがて周瑜の援軍がやってきて、曹仁を撃退し、荊州南部から撤退させます。

甘寧--大活躍(VS曹操軍)

曹操が濡須へ侵攻した際には、甘寧は都督として迎え撃ちます。ここで演義でも有名な100名での夜襲が行われます。精鋭100名を集め、酒食を振る舞います。そして、曹操の陣営に夜襲をかけることを告げます。曹操の大軍に対して、100名では勝ち目がないと兵士達は渋ります。すると、甘寧は
「将軍である自分ですら、死を覚悟している。それなのにお前たちは命を惜しむのか?」
と兵士達に言い放ちます。そして、自らお酌して、酒を振る舞って士気を高めます。こうして結成した決死隊の夜襲は大成功に終わり、曹操軍を撤退させることに成功します。
孫権軍が曹操軍の揚州における拠点である皖城を攻撃した際には、呂蒙により攻城隊長に任命されます。甘寧は兵士達の先頭に立って、城に乗り込み、敵将の朱光を捕らえます。論功行賞の結果、大将であった呂蒙が第一の功、甘寧がそれに次ぐものとされます。
孫権軍が合肥を攻めて合戦が起こります。孫権軍に戦果はなく、撤退を決定します。この時、孫権の周りには呂蒙・蔣欽・甘寧・凌統と言った将と僅かな手勢しかいませんでした。それを見た曹操軍の張遼が奇襲をかけてきます。甘寧は弓を引いて敵を迎え撃ちます。そして、凌統たちと共に、曹操軍と激戦を繰り広げます。孫権は甘寧の騒然とした様子を褒め称えます。

まとめ

甘寧は比較的演義と正史で差の少ない武将です。演義での活躍の多く
・黄祖のもとで凌操を討ち取る
・赤壁の戦いで活躍する
・濡須口の戦いで夜襲を成功させる
・皖城を攻め落とす
などは全て正史にも記載されており、元となっています。
甘寧に関する記載で一番、演義と正史で差があるのは、死亡時期です。演義では甘寧は夷陵の戦いで戦死ということになっていますが、正史では合肥の戦いのすぐ後に死亡しています。蜀漢を主人公とした演義では夷陵の戦いで、蜀漢軍が大物を討ち取ったという演出のために、甘寧をそこまで生かしていたのでしょう。

関連するキーワード


甘寧 孫策 孫権

関連する投稿


短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

短命だった小覇王・孫策!長生きなら天下統一できた!?

三国志で人気の英雄の1人が孫策です。26歳という短命だった孫策ですが、その功績は凄まじく呉の基礎を作ったと言っても過言ではありません。今回は、そんな孫策がもし長生きしていたらどうなっていたのかを考察していきたいと思います。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】④ 晩年を迎えて

魏との戦いにも勝利した陸遜は晩年に常勝となり、名実ともに軍務と政務で最高権力者となります。孫権からの絶大なる信頼を得ていましたが、後継者争いに巻き込まれてしまいます。不遇ともいえた晩年の陸遜の働きと跡を継いだ次男の陸抗をみていきましょう。


最新の投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?