魔王・董卓の真実(1) 「男の中の男」を目指した日々

魔王・董卓の真実(1) 「男の中の男」を目指した日々

三国志の序盤で「魔王」として君臨する董卓(とうたく)。彼は政権をにぎるや、幼い皇帝を殺し、首都に火をつけて燃やすなど、残虐非道な行いをくり返しました。とはいえ、乱世を実力でのし上がった男。天下を取るにはそれなりの理由がありました。董卓とはどんな人物だったのか?その知られざる素顔に迫ります。


若き日の董卓 豪快な生きざまがスゴイ!

若き日の董卓 豪快な生きざまがスゴイ!

若き日の董卓 豪快な生きざまがスゴイ!

董卓と聞くと、なにやらとんでもない野蛮人(やばんじん)を想像するかもしれません。
まあ、三国志に描かれる彼の行いを見れば、無理もないところですが……
そこは(一時期とはいえ)後漢王朝の実権をにぎり、天下を取った男です。記録から見ると、ただ野蛮なだけの男ではなかったようなのですね。
董卓は、涼州(りょうしゅう/注1)に生まれた男で、父は現地の役人をしていました(いまの日本でたとえれば、県庁か市役所につとめてそこそこエラくなったレベルです)。つまり董卓は、地方役人の家のおぼっちゃんとして生まれたわけです。

(注1)涼州(りょうしゅう)……現在の甘粛省(かんしゅくしょう)一帯を中心とする州。三国志の時代は中国の西北部に位置し、異民族との境界線でもあった。

しかし董卓は、決しておぼっちゃんのワクに収まる人間ではありませんでした。若き日の彼は、よりワイルドで、男らしい生き方を目指すようになるのです。それには、涼州出身ということも、大きく関係していました。
三国志の時代、涼州は中国西北のすみっこにあり、漢民族と異民族の境界線になっている場所でした。こうした環境で育った董卓は、若いころから羌族(きょうぞく/注2)という異民族と親しくつきあい、彼らの住んでいる地方に旅をし、放浪生活を送っています。さらには羌族の顔役たち(現地の有力者)たちすべてと親密になったといいますから、なんともスケールが大きい!
さすがは後に天下を取るだけあって、この男、器が違う……と感じさせられますね。

(注2)羌族(きょうぞく)……中国の西方に住む異民族のひとつ。

羌族との交わりからは、董卓という男の人間的魅力が浮かび上がってきます。
放浪生活の後、郷里にもどっていた董卓のもとを、かつて親しくなった羌族の顔役がおとずれたことがありました。すると董卓は顔役をあたたかく歓迎し、農業で大切な耕牛(こうぎゅう)を殺して、ご馳走してあげたというのです。
羌の顔役たちは、董卓の心意気に感激して、お礼に1000頭もの家畜をプレゼントしてくれたといいます。
なんだかすごいエピソードですよね。そう。董卓はとっても豪快な男だったのです。

武術も一級品 そこにシビれるあこがれるっ!

武術も一級品 そこにシビれるあこがれるっ!

武術も一級品 そこにシビれるあこがれるっ!

また董卓には、武力で乱世をのし上がってきたイメージがあると思いますが、彼の「強さ」の背景にも、羌族との交友関係があったと考えられます。
羌族は漢民族以上に馬に親しんでいる人々で、戦いでは騎馬戦術を得意としていました。よって馬を使った戦いでは、漢民族相手に優位に立てる面があります。若いときから羌族と積極的に交流してきた経験は、後に「武将・董卓」の台頭に大いに役立ったのでしょう。

董卓は腕力にすぐれていたのはもちろん、「騎射」(きしゃ)という武術をとても得意にしていました。
これは馬に乗りながら弓矢を射る技術です。騎射で強い矢を、正確に放てることは、一流の武人の証明でもありました。しかも董卓は、その騎上からの射撃を、左右どちらの腕からも放つことができたのです。

もしあなたの周りに、弓道や馬術をやっている人がいれば、この技術のスゴさを分かってくれると思います。弓矢というのは、基本的には自分の利き腕で放つものであり、左右どちらからも放てるというのは、ハッキリいってスゴイ腕です。
ましてやそれを、馬に乗って駆けながらこなすのですから、董卓のウデのスゴさが想像できます(走る馬の上から正確に弓を放つのも、大変な技術ですからね)。

この例からも分かるように、董卓の武人としての戦闘力は、なみ外れたものがあったのです。
彼をそこまで強い男に育てたのは、騎馬をたくみに操る羌族との交友だったのでしょう。

気前のよさも天下一! 大将アンタについてくぜ

気前のよさも天下一! 大将アンタについてくぜ

気前のよさも天下一! 大将アンタについてくぜ

さて、そんな董卓もあるていど大人になると、父親と同じく役人への道を進みます。
役人といっても、徐々に世の中が乱れはじめた時期ですので、盗賊や反乱の取締りが大きな仕事になります。そう。武術に優れた董卓には、もってこいの仕事だったのです。
あるとき、胡(えびす/北方の異民族)が涼州に侵入してきて、略奪をはたらき、住民をたちを連れ去る事件がありました。涼州の長官は董卓に騎兵隊をあずけ、胡を討伐するよう命じました。董卓はみごと抜擢(ばってき)にこたえ、1000人以上もの異民族を、討ち取ったり捕らえたりしたのです。

時は後漢末期。政治の乱れは中国全土の乱れとなり、各地の治安も悪化していきました。
こうした乱世のなかで、董卓はその武勇でもって、出世への道を開いていくことになります。

また、董卓の部下に対する接し方を示す、こんなエピソードがあります。
あるとき并州(へいしゅう)で異民族が反乱を起こしたため、後漢王朝は討伐軍を組織することとなり、董卓も従軍しました。朝廷の軍は大勝を収め、多くの異民族を討ち取る戦果をあげました。

(注3)并州(へいしゅう)……山西省を中心とする一帯に存在した州。中国と、北方異民族の領域との境界線であり、しばしば衝突が起きた。

董卓も活躍が認められ、朝廷から褒美として大量の絹(きぬ)をもらいました(昔は絹がとても高価なものでした)。
この貴重なご褒美を、董卓はどうしたかというと……
なんと、すべてを部下に分け与えた上で、こう言ったというのです。

「功績を成したのは私だが、諸君こそが功績とともにあったのだ」

なんともシビれるセリフですね。
そもそも絹は当時、とても高価なものだったので、売れば相当な軍資金(お金)になったはずです。にもかかわらず、それらをすべて部下に与えてしまうのですから、董卓はとても気前のいい将軍だったといえます。
(後に董卓は、富豪を殺して財産を奪ったり、皇帝の墓をあばいて財宝をぬすんだりしたらしいので、ちょっと意外なエピソードではあるのですが)
ともあれ、こうやって部下の心をつかむ術を心得ていたからこそ、董卓は一軍の将としてのし上がっていけたのでしょう。

歴史に大悪人として名を残した董卓ですが、若き日の羌族との交友や、優れた武勇、豪快なエピソードをひも解いていくと……また違った実像が見えてくるのです。

目指したのは「カッコイイ男の生きざま」

目指したのは「カッコイイ男の生きざま」

目指したのは「カッコイイ男の生きざま」

結局、董卓とはどういう人物だったのでしょうか?
史書には、若き日の董卓が「男伊達(おとこだて)を気取っていた」という風に記されています。
男伊達とは、「男の面目(めんぼく)を立てる」という意味です。
つまり董卓は、「不良でありながらも、強きをくじき弱きを助け、義理人情を重んじる」
……そんな、男らしい男であろうとしていたようです。
たとえるなら、昔のヤクザ映画の主人公と、目指す生き方が近いといえます。

こう考えると、董卓の人物像の知られざる面が浮かんできます。
「すぐれた武勇」「豪快な性格」「部下へのやさしさ」「気前のよさ」
これらはみな、董卓の目指していた「カッコイイ男の生き様」と、ぴったり符合する要素なのです。
そして記録からも、若き日の董卓は、自分が目指す「男の生き様」を、あるていど実現していたことも読み取れるのです。

そんな「男の中の男」を目指していたはずの董卓が……
どうして中国史上に残る「大魔王」になってしまったのか?
彼はどこで間違えちゃったのか?
次回以降、その歩みをじっくり見ていきましょう。


この記事の三国志ライター

関連する投稿


董卓~三国志随一の暴君~

黄巾の乱後の政治的不安定な時期を狙い、小帝と何皇太后を殺害し、献帝を擁護し権力を掌握していく朝廷を支配していた絶対的存在。 政権を握った彼のあまりにもの暴虐非道さには人々は恐れ誰も逆らえなかった。 しかし、最後は信頼していた養子である呂布に裏切られるという壮絶な最後を遂げる。


三国志の中で強烈なインパクトを残した飛将、呂布

三国志の中で一際インパクトを残した男、呂布。裏切りを重ねながらも己の欲を全うし続けた呂布は、ある意味三国志の中でも魅力的な豪傑だと言えます。そんな呂布の波瀾万丈な生涯をまとめてみました。


三国志外伝 絶世の美女貂蝉

皆さんは貂蝉という女性をご存知でしょうか。三国志演義にその名をとどめる傾城の美女・貂蝉のはかなくも美しい生き様をご紹介します。


昔は優しく気のいい大将だった!董卓が暴君へと変貌するまで

洛陽に入るや皇帝を傀儡として実権を握り、暴虐の限りを尽くした董卓仲頴(とうたくちゅうえい)。その残虐非道ぶりは、正史三国志の著者である陳寿に「歴史上の人物でこれほどの悪人はいない」と評されたほどです。そのような人物がなぜ君主になれたの?という疑問の元、今回は若き日の董卓について調べてみました。


裏切り、裏切り、また裏切り! 呂布のスゴすぎる人生の結末は?

三国志の武将で最も勇猛だともいわれる呂布。しかし彼は、世話になった相手をことごとく裏切ったことでも知られています。中国であれ日本であれ、ここまで人を裏切り続けた男もめずらしいでしょう。呂布の裏切り人生がどのようなものだったのか。そして「裏切り野郎」はどんな末路をたどったのか、見ていきましょう。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。