曹操(孟徳)は漢の創設メンバーや皇族の子孫!?

曹操(孟徳)は漢の創設メンバーや皇族の子孫!?

曹操(孟徳)の祖父曹騰が誕生したころには既に曹家は衰退していたのですが、曹操(孟徳)の系図を辿ってみると前漢を建国した高祖劉邦に仕えた曹参にたどり着きます。本記事では、曹操(孟徳)の出身である曹家の家柄について解説します。


曹操(孟徳)のご先祖様は漢の創設メンバー

法と礼のバランスがよく取れた漢を建国したのは、みなさんご存知のとおり漢の高祖劉邦です。しかし、劉邦はもともと亭長という身分で軍隊のバイトリーダー的なポジションでした。劉邦は末っ子でありながらアニキ気質の強い性分で、ゴロツキやヤクザ者を従えてみんなのアニキ分のような存在でした。曹操(孟徳)の先祖にあたる曹参は牢獄の監守する捕吏や犯罪者の逮捕をする警察官のような役割を担う下級役人で、劉邦よりも高い身分にありました。しかし、それでも世は乱世。法による支配をガチガチに固めた秦に民は業を煮やし、劉邦はそれらの人々を率いて打倒秦を企てレジスタンスを結成し、秦を倒したあと「項羽と劉邦」に出てくる楚漢戦争へ突入します。

秦との戦争や楚漢戦争の際、曹操(孟徳)の先祖である曹参は優れた武将として最前線で活躍します。このときの戦乱では劉邦は家族と離れ離れになったり、何度も何度も項羽に敗戦を喫して苦い思いをしました。そんな状況下のなかで直接兵士を率い切り込み隊長となって転戦に転戦を重ねたのが曹参です。曹参は戦争でその身に100ヶ所を越える傷を負い、いわゆる傷だらけの身体となって劉邦による漢建国を支えました。それゆえに劉邦が漢を建国したときの労功行賞にて「一番手は曹参こそふさわしい」とささやかれていましたが、実際のところは第2位でした。それでも劉邦から曹参に対する信頼が厚く、下級役人の出身でありながら「平陽候」という王侯に封じられました。さらに、後世に曹参の功績を讃えるために特注した黄金の屏風や屋敷を与えただけでなく、曹家の子孫は王侯の世襲と大臣のポストが代々与えられました。
曹参の息子たちは父親の偉業を継ぎ、平陽候を継承したり大将軍や車騎将軍の地位に就きました。さらに、劉邦は自分の皇女を曹参の息子に嫁がせさらに強い結びつきを持ちました。

漢の最盛期である武帝期には…

前漢の最盛期は武力によって領土拡大と漢民族初となる匈奴を打ち負かした武帝の治世です。曹参の子孫たちは脈々と平陽候を継承していました。そして漢の最盛期の皇帝である武帝には決して頭が上がらない姉がいました。その女性は平陽公主と言います。前漢の最盛期を迎える武帝ですが、その前半生は不遇なもので、幼少期は父親の一存で人質同然の生活を送り、皇帝に即位してからも実母の皇太后、父親の正室、そしてお祖母さんの太皇太后、自身の妻である皇后や皇后の母親にさえも頭の上がらない生活を送りました。皇帝でありながら「このような政策をしたい」と打ち出してもやれあれがダメ、これがダメと言われて却下され続け、朝議では発言することさえ許されず天井を見上げて嘆息するばかりでした。そんな武帝が心の拠り所としていたのが姉である平陽公主です。平陽公主は武帝よりも8歳ほど年上で母親と引き離された武帝の面倒を見てくれていました。平陽公主が平陽候に嫁いでからも「姉上、姉上」と頻繁に会いに行って愚痴を言ったり政治の相談をするなどシスコンっぷりを遺憾なく発揮していました。武帝は誰よりも平陽公主に信頼を置き、そのおかげで平陽候も格別の待遇や職務を与えられていました。

御家存亡の危機 新の反乱で露頭に迷うことに

前漢と後漢の間には新という王朝が存在します。漢の皇帝による支配が弱まり、大きく揺れた前漢は新の王莽によって一度滅ぼされました。初代平陽候はとても強かったのですが、約200年に及ぶ平和が続いてしまったため、子孫の平陽候たちはすっかり貴族化してしまい、戦う本人の能力も武器もさび付いていました。敗戦により一時捕虜となって王莽からの処分を待たなければなりません。王莽から見ても平陽候は前漢の軍を率いる立場で直接敵対する者です。
「負けを認めたから下級役人にでもつけようか…」ということにはなりません。現実には平陽候は敗戦後廃位され、曹家の子々孫々が路頭に迷いました。

光武帝劉秀の味方について御家再興…と思いきや

前漢と後漢の間に位置する新という王朝はたった20年余りで滅びました。新を滅ぼして高祖劉邦の漢王朝を再び起こした人物、それは光武帝劉秀です。曹操(孟徳)の先祖たちは前漢と新との間で起こった戦いで敗戦を喫した後、過疎地へ追いやられ苦しい生活を強いられました。
そんなとき、「北方へ落ち延びた漢帝のご落胤が漢を再興するため打倒新を企て挙兵する」という報を聞きつけ、「我こそは平陽候が遺児」と真っ先に駆け付けます。
この漢帝のご落胤というのが光武帝劉秀にあたり、曹操(孟徳)の先祖は光武帝劉秀に従って打倒新の戦争に参加します。
新はこの戦いに負け、新の皇帝王莽は誅殺。めでたく光武帝劉秀が漢を再興し、後漢初代皇帝へ上りつめました。
その後行われた労功行賞で曹家はそこそこにしか評価されず、かつての祖先である曹参が劉邦から直接王侯に封じられるほどの成績は納められなかったみたいです。曹家はその後朝廷の書記官である中書令や尚書令となったり、裁判官や警察官のような役職についたみたいですが、外戚や宦官による汚濁政治の影響を受けて徐々に力が衰えていきます。
曹操(孟徳)の祖父である曹騰が生まれたころには既に下級役人にまで身分を落としてしまい、曹騰9は再び曹家を盛り立てるために11歳で自ら宦官になることを志しました。

宦官のトップに君臨した曹操(孟徳)の祖父曹騰

生まれた家こそ貧しく不運でしたが、曹操(孟徳)の祖父である曹騰は朝廷に宦官として仕官したタイミングと周りの人々によって状況は一変します。曹騰はもともと聡明で温厚な少年だったそうで、仕官したときから将来を期待されていました。時の皇帝は皇太子である我が子が一人孤独に勉学に励んでいるのを見て大変憐れんでいました。そんなときに曹騰を見かけ「ちょうどいい、皇太子の学友として仕えさせよう」と思いつき、曹騰は一介の侍従から皇太子の側近兼学友としてのポストを得ました。当時の皇太子と曹騰は年ごろもほぼ同じく、ちょうどよい組み合わせでした。その皇太子こそ宦官に権限を大きく与えて後漢を大きく揺るがす発端を作った和帝です。
和帝は幼くして即位したため、実質権力を握ったのは母親の皇太后と母方の親戚(外戚)でした。幼帝だった和帝は当初政治にまったく興味を示しませんでしたが、年を重ねるごとに自分の役割や政治に対して関心を持つようになり、自分の力の非力さを日々かみしめて嘆息していました。そして悩みや愚痴、相談事などは常に最も信頼できる宦官の曹騰にしていました。
曹騰は和帝を憐れんで宦官勢力や反外戚派の臣下たちに取り入って打倒外戚のクーデターを計画し、自ら剣をとって和帝を守りながらクーデターを成功させます。それからというもの和帝は宦官を重用し、曹騰に至っては宦官の最高位である十常侍に抜擢しました。さらに和帝が崩御した後も順帝の擁立するなどして曹騰の権威は揺るぎないものとなりました。朝廷を引退してからも宦官や官吏が曹騰のもとを訪れて相談したり、皇帝でさえ気を遣うような大御所となりひたすら蓄財し続けて曹操(孟徳)が挙兵する際の資金源となる財産を残して亡くなりました。

まとめ

四世三公の袁紹(本初)や劉表などと比べると格下扱いを避けては通れない曹操(孟徳)ですが、血はつながっていないとは言え(曹騰が宦官のため父親の曹嵩は夏侯氏からの養子)その系図を辿ってみるとその祖先は漢の創設メンバーのひとり平陽候曹参、武帝の姉の平陽公主、後漢王朝で権勢を振るった祖父の曹騰など家柄は決して悪いものではありません。むしろ袁家の方が曹家から見れば新入りという見方もできます。もし、曹家が平陽候を存続させることができていれば袁紹(本初)の台頭も天下三分の計も実現しなかったことでしょう。

関連する投稿


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


魏呉激突 大乱戦を画策したのは諸葛亮(孔明)

魏呉激突 大乱戦を画策したのは諸葛亮(孔明)

215年、曹操(孟徳)は張魯(公祺)が治める漢中の平定に成功しました。劉備(玄徳)の統治が始まったばかりの蜀にとっては大いなる脅威となりました。曹操軍の実力も去ることながら、劉備(玄徳)が統治して日の浅い蜀は人的結束力にまだまだ不安があったからです。漢中平定に成功し日の出の勢いの曹操軍。蜀に攻め込んで来るのは明白。ついに、諸葛亮(孔明)が「切り札」を投入します。


張昭・張紘--江東の二張

張昭・張紘--江東の二張

孫策・孫権の江東軍において軍事の頭脳は周瑜・魯粛・諸葛瑾など数多く挙げられますが、内政の頭脳といえる人物は張昭・張紘の二名が真っ先に挙げられるでしょう。江東の二張と呼ばれるこの二人、どういう人物だったのでしょうか


三国志・三絶のひとつ「奸絶」の曹操のイメージはいかに確立されたのか

三国志・三絶のひとつ「奸絶」の曹操のイメージはいかに確立されたのか

三国志演義では、劉備(玄徳)の最大の敵として君臨する「曹操」。まさに悪の象徴として描かれています。はたして曹操の悪のイメージはどのようにして確立されたのでしょうか?


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。