劉備(玄徳)はなぜ天下を取れなかった?足りなかったものとは?

劉備(玄徳)はなぜ天下を取れなかった?足りなかったものとは?

三国志で人気の君主と言えば、劉備(玄徳)ではないでしょうか。関羽や張飛、諸葛亮など多くの部下がおり、魅力的な劉備(玄徳)。それだけに、天下を取って欲しかったという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、なぜ劉備(玄徳)は天下を取れなかったのか、そして足りなかったものは何なのかを紹介していきます。


1.劉備(玄徳)が天下を取れなかった理由!

同世代に曹操がいた!

劉備(玄徳)が天下を取れなかった理由としては、曹操の存在が挙げられます。劉備(玄徳)が161年生まれだったのに対し、曹操は155年生まれとほぼ同世代と言っていいでしょう。つまり、劉備(玄徳)が天下を取るためには、曹操は必ず越えなければならない相手だったのです。

しかし、曹操は素晴らしい能力を持っており、劉備(玄徳)が純粋に戦って勝つのは厳しいです。史実では、赤壁の戦いで劉備(玄徳)は曹操に勝っていますが、孫権と同盟して連合軍だったから勝てたと言っていいでしょう。劉備(玄徳)にとって、同世代に曹操がいたのは、天下を取れなかった理由のひとつなのです。

荊州を死守できなかった!

劉備(玄徳)が天下を取れなかった理由は、荊州を死守できなかったことも挙げられます。荊州はとても豊かな土地であり、荊州を手に入れることで、天下に近づけると言っても過言ではありません。劉備(玄徳)ら蜀は、一時荊州を手に入れています。劉備(玄徳)も、荊州の重要さについては認識しており、関羽に守られているのです。

しかし、関羽は荊州を守り抜くことができませんでした。これは、関羽のミスと言ってもいいでしょう。関羽は政治家として三流であり、孫権との関係を悪化させてしまったのです。その結果、樊城の戦いで敗北することになり、関羽は亡くなり荊州も呉のものとなってしまったのです。

劉備(玄徳)が天下を取るためには、何が何でも荊州を守らなければいけませんでした。それが天下を取るための最低条件と言っても過言ではなかったのです。つまり、関羽に荊州を任せ、呉に荊州を掠め取られた時点で、劉備(玄徳)の天下統一は詰んだようなものだったのです。

名君ではなかった!

劉備(玄徳)が名君でなかったのも、天下を取ることができなかった理由だと考えることができます。劉備(玄徳)は人徳があり、名君をイメージする方が多いと思います。しかし、実際には名君とは言い難いのが現実です。

名君なら、現実主義的で国の為に決断をしていく必要があります。しかし、劉備(玄徳)は自分の感情を優先させる傾向があるのです。劉表が亡くなる際、諸葛亮は劉備(玄徳)に対し、荊州を奪うように進言しています。だが、劉備(玄徳)はその進言を受け入れなかったのです。受け入れて、荊州を奪うことができていれば、天下を取ることもできたかもしれません。

また、夷陵の戦いでは、逆に諸葛亮の助言を無視して強行しています。この強行した理由は、関羽の弔い合戦としての意味合いが強いです。もちろん、強行して勝っていれば問題ないのですが、結局は戦力の消耗をしただけであり、無駄な戦いでしかなかったのです。このように、自分の感情を優先してしまう劉備(玄徳)は名君ではなく、天下を取る器ではないと言えるでしょう。

2.劉備(玄徳)に足りなかったらもの!

人材

劉備(玄徳)に足りなかったもののひとつは人材です。三国志演義のイメージが強いため、劉備(玄徳)は多くの有能な部下がいたと思われています。しかし、史実を見る限り、人材が枯渇していたと言えるのです。確かに、諸葛亮は軍師・政治家としては有名ですし、関羽や張飛の武力は目覚ましいものがあります。だが、曹操陣営に比べれば、圧倒的に人材が足りません。そのため、劉備(玄徳)が天下を取るために足りなかったのは、人材と言えるのです。

スタートライン

そもそも、スタートラインから足りないと考えることもできます。曹操や孫権などの曹家や孫家は名門ですが、劉備(玄徳)は没落した王族の末裔となっています。この時点で大きな差があるのです。王族の末裔と言えば大きなメリットと思えますが、そうではありません。なぜなら、王族の末裔は何十人もおり、大きなメリットにはならないのです。

一方、曹家や孫家のように名門なら、それだけで人材が集まってきます。人の名声に群れるものであり、名門は何もせずとも人材を集めることが容易です。しかも、名門なのでもともとの勢力や軍資金も豊富です。

このように、劉備(玄徳)と曹家・孫家とはスタートラインが全然違うのです。劉備(玄徳)が名門の出であり、もともとの勢力や軍資金があれば、天下を取ることができたのかもしれません。運も実力のうちと言いますが、生まれ家はまさに運であり、この点において劉備(玄徳)は足りなかったと言えるのです。

戦略眼

劉備(玄徳)が天下を取るために足りなかったのは、戦略眼と言えます。天下を取るためには、計画が必要であり、そのためには戦略眼がとても重要となっています。しかし、劉備(玄徳)には戦略眼を持つ人材が不足しているのです。諸葛亮は戦略眼を持っているとのイメージがありますが、劉備(玄徳)を始め他の蜀の人物は戦略眼を持っているとは言えません。蜀軍は、行き当たりばったりで戦っている印象が強いです。やはり、劉備(玄徳)やその周りには戦略眼がなかったことが、天下を取るため足りなかったものと言えるでしょう。

優秀な親族

劉備(玄徳)に足りなかったのは、優秀な親族でもあります。天下を取るためには、信用できる人材が必要です。そして、手っ取り早く信頼できる人材を確保するためには、親族を利用するのが一番です。実際、曹操には夏候惇や夏侯淵、曹仁など多くの親族で脇を固めています。しかし、劉備(玄徳)には優秀な親族がおらず、信用できる人材の確保が難しかったのです。人材が足りなかったというのにつながるのですが、優秀な親族がいなかったことも、劉備(玄徳)が足りなかった部分と言えるでしょう。

3.まとめ

今回は、劉備(玄徳)が天下を取ることができなかった理由と足りなかったものを紹介してきました。劉備(玄徳)が天下を取ることができなかった要因としては、曹操の存在や荊州を死守できなかったことなどが挙げられます。同世代に曹操が立ちはだかったのは、劉備(玄徳)からすれば不運だったと言えるでしょう。また、荊州を死守できれば、天下を取る可能性はありました。しかし、呉に掠め取られた時点で、天下取りは実質詰んだようなものだったのです。

劉備(玄徳)に足りなかったのは、人材や戦略眼などが挙げられます。史実を紐解いていくと、どうしても劉備(玄徳)陣営の人材は不足しています。しかも、戦略眼を持っている人物がいません。そのため、戦略的に行動ができず、天下を取ることができなかったのです。とは言え、劉備(玄徳)は天下を取れなかったからこそ、魅力的に映るのかもしれません。

関連するキーワード


劉備 曹操

関連する投稿


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちを姓名判断してみた!

三国志の英雄たちは、自らの運命を武力や知力で切り拓いてきました。しかし、実は産まれて命名された瞬間に、その命運が決まっていたのではないか? という興味のもと、各英雄の姓名判断をしてみました。はたして、あなたの好きな英傑はどういう運命だったのでしょうか。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。