三国志のアクションゲーム『真・三國無双』とは?オススメBEST5も!

三国志のアクションゲーム『真・三國無双』とは?オススメBEST5も!

「三国志のゲームでストレス発散したい!」そんな方には、『真・三國無双』シリーズがおすすめです。数多くの作品の中で、BEST5に選ばれたのは?このシリーズとその派生作品についてもご紹介します。


『真・三國無双』シリーズとは?

『真・三國無双』シリーズは、三国志演義がテーマのアクションゲームです。2000年以来、コーエーテクモゲームス社より発売されています。かつての格闘ゲーム『三國無双』が「一対一」だったのに対し、『真・三國無双』では「一対多」が特徴です。簡単操作で遊べるため、アクションゲームが苦手な方でも楽しめます。

「三国志に興味があるけど、誰が誰なのかわからない」という悩みも、このゲームが解決してくれます。個性的な有名武将が勢ぞろい。呂布の脅威は序盤から健在です。イケメンや美女も多く登場するため、ある意味「擬人化」のような楽しみ方も秘めています。公式グッズが展開されるほどの人気ぶりです。

『猛将伝』と『Empires』

『猛将伝』『Empires』と記載された作品を見かけたことがありませんか?
『真・三國無双』シリーズでは、拡張ディスクや派生作品も登場しています。

拡張ディスクの『猛将伝』はモードの追加だけでなく、ゲームバランスの調整も施されています。そのため単体でも楽しめますが、本編ディスク(以下「無印」)があると遊びの幅がさらに広がります。第6作目以降は一体化した『with 猛将伝』が発売されているため、ディスクの入れ替えを行う必要がありません。

『Empires』は、シミュレーション要素を加えた派生作品です。こちらは無印と猛将伝が無くても楽しめます。プレイヤーの手で内政を行う他、計略で有利に導く必要があります。

第5位『4』無印

『真・三國無双4』は、その名の通り第4作目にあたります。全体的な難易度は、『3(後述)』と比べるとかなり易しめです。曹操の息子・曹丕ら6人の追加により、使用可能キャラが全48人になりました。

武器ごとの重量や追加攻撃のほかにも、「無双覚醒」という超必殺技がこの作品にあります。覚醒用アイテムがあれば、通常よりも強力な技を繰り出すことが可能です。

メインとなる「無双モード」では、全キャラ分のシナリオが用意されています。戦闘前に心情を述べることで、これまで以上にストーリー性が増しました。史実や演義ではあまり目立たない武将の場合、オリジナルの展開も含まれます。

第4位『3』+『猛将伝』

『真・三國無双3』は、格闘ゲームのようなやり応えがあります。一対一の勝負を行える「一騎討ち」は、この作品だけの戦闘システム。これに負けた場合はそのままゲームオーバーになるので、スリリングな戦いを味わえます。もちろん、この一騎討ちを避けることも可能です。

勢力ごとの無双モードを採用したのは、この作品が初めてです。戦闘前に、キャラクターを選ぶことも可能です。グラフィックが格段と向上したほか、キャラごとに色違いや『2』の衣装も楽しめます。また、オリジナルキャラクターを作成できる「エディットモード」も誕生しました。

『真・三國無双3 猛将伝』

『真・三國無双3 猛将伝』と併せて買えば、より手軽なゲームバランスで楽しめます。「易しい」より下の「入門」を選択することで、さらに遊びやすくなります。

おすすめのモードは、武将ごとの逸話を表現した「列伝」です。場面によって、状態変化や制限を強いられる武将も。例えば魏の夏侯惇は左目を負傷したため、体力が少ない状態でスタートします。また、プレー評価が高いと武器が強化されます。

ほかにも、シナリオを自動生成する「修羅」があります。回復アイテムが少ない上に、残り体力が持ち越されるサバイバルなモードです。のちの『真・三國無双4 猛将伝』にも収録されました。

第3位『2』+『猛将伝』

続いて第3位は、『真・三國無双2』とその『猛将伝』です。

キャラクターはもちろん、ステージやシナリオを大幅に増加しています。この時点でシステムが確立されたため、日本とアメリカで合計100万本の売上を記録しました。

無双モードは武将ごとのストーリーモードですが、ある仕掛けを楽しめます。
なんと、特定の武将が活躍する名場面を「使用中の武将」で再現することもできるのです。
例えば「長坂で仁王立ちするシーン」は張飛(蜀)の見せ場ですが、これを魏の典韋で表現することもできます。

レーザーを出す諸葛亮と司馬懿、アクロバティックな小喬など。もはや演義を越えるほどの強い個性が、次々と誕生した作品でもあります。

『真・三國無双2 猛将伝』

無印だけでも十分楽しめますが、『猛将伝』も加えることでさらに面白くなります。

追加された難易度「初心者」と「最強」は、文字通り初心者向けと熟練者向けになっています。他勢力の無双モードや色違いのコスチュームなど、ボリュームたっぷりな拡張ディスクです。特定の条件下で解禁される武将も、最初から使用できるようになります。もちろん呂布も無条件で使用できます。

プレイヤーを守る護衛兵の概念にも注目です。兵士の外見や名前の変更ができるようになりました。さらに、(フリーモード限定で)有名武将を護衛兵として連れていくこともできます。お気に入りのキャラクターと一緒に、ぜひ戦場に出てみませんか?

第2位『6 Empires』

「もし劉備(玄徳)が悪政を行っていたら?」
そんなifを実現できるのが、『真・三國無双6 Empires(以下「6エンパ」)』です。まずは『真・三國無双6 with 猛将伝(以下「6」)』のシステムから見ていきましょう。

『6』は、「好みの武器を2種類装備できる自由さ」が特長です。『6エンパ』ではこの特長をそのままに、6種類の「名声」が加わります。
火計などの計略や悪政の実施、仲間との団結力を高めるものなど。各キャラクターによって名声が異なりますが、ランダムで変えることもできます。

CPUが『6』よりも強力なので、戦略性が求められるゲームでもあります。

第1位『7 with 猛将伝』

『真・三國無双7 with 猛将伝』は、これまでの集大成です。
キャラクターは過去最多の77人。『6』と同じく武器選びの自由度が高いほか、『4』の「覚醒」も復活しています。

勢力ごとで選択できる無双モードがマルチシナリオ形式です。無双モードのキャラ選択では、エピソードごとに指定された3人のうちから1人選びます。さらに、個性的な兵士の存在がドラマを盛り上げてくれます。

『6』との大きな違いは、得意武器と固有モーションが全員分用意されていることです。ダウンロードコンテンツが豊富で、三国志の枠を超えたコスチュームと武器も楽しめます。

出先でも楽しみたい方には、PlayStation Vita版がおすすめです。

作品毎に異なる『真・三國無双』

『真・三國無双』シリーズは、作品ごとにシステムやキャラクターが微妙に異なります。このさき最新作が登場しても、当時の魅力が色褪せることはありません。むしろ、対応ゲーム機を買いたくなるほどのカリスマ性があります。

今回紹介した『2』から『4』はPlayStation 2で楽しめるので、思い切ってすべてを揃えるのもよいでしょう。『真・三國無双7 with 猛将伝』のPS4版なら、シリーズ最高の画質で楽しめます。

男女問わず人気を誇るシリーズなので、気に入ったらぜひ友人たちと共有してみてください!

関連するキーワード


ゲーム 三国志 演義

関連する投稿


三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志の舞台である中国と日本は古くから交流がありましたが、三国志がいつ、どのようにして日本に伝えられたのかは日本史、世界史の授業では誰も教えてくれません。それでは三国志がいつ、どのようにして日本に伝らたのかを解説していきます。


千差万別な三国志の楽しみ方の実例

千差万別な三国志の楽しみ方の実例

三国志は私たちに楽しさを与えてくれます。三国志の楽しみ方は人それぞれ、それこそ千差万別の楽しみ方がありますので、三国志ファンの方々がどのようにして三国志を楽しんでいるのかその実例を本記事のテーマとします。


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

三国志の世界にはあまり表立って語られていないマイナーなエピソードがいくつも存在しています。その中には思わずクスッと笑ってしまいそうなものも隠されているはずということでネット上に落ちているマイナーエピソードや噂などをまとめてみます。


三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

名医。それは最高の医者におくられる最高の称号でありますが、三国志の時代にも名医と呼ばれる医者がおりました。あまり多くの人には知られてはいませんが、彼の名前は華佗元化と言います。今回はそのスーパードクター華佗元化について紹介したいと思います。


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。