お勧めしたい三国志スマホゲームアプリ7選!

お勧めしたい三国志スマホゲームアプリ7選!

三国志を知るのに「小説読むのめんどくさい」「映画見るのめんどくさい」。でもゲームならいいかなというあなた、スマホゲームで三国志の世界を体験してみませんか?三国志好きがおすすめする三国志スマホゲームアプリ7選をお送りします。


三国志を題材としたスマホゲームアプリは、数えきれないほどあります。
三国志のイメージに近いゲーム、タイトルに三国志とついていても三国志のイメージとはかけ離れたゲームなど様々です。
今回は三国志好きがおすすめする三国志のイメージに合った、初心者にもおすすめできるスマホゲームアプリ7つをご紹介します。

※基本プレイ無料ですが、一部アイテムなどは課金です。
※三国志のイメージに合ったものを選んでいますが、ゲームなのでオリジナル要素を含んでいますのでご了承ください。

戦乱アルカディア

戦乱アルカディア

戦乱アルカディア

「戦乱アルカディア」は、三国志の有名武将となって戦う3DアクションRPGです。
初期キャラは5人で、関羽・趙雲・孫向香・郭嘉・曹沖から一人選択します。
登場するキャラクターも三国志でお馴染みの、呂布、貂蝉、董卓など多数登場します。
ゲームの雰囲気も三国志の時代を再現していて三国志の世界を体験することができます。
操作方法はスマホを横に持ち、左下に表示される仮想パッドで箱庭ステージを移動、右下にある通常攻撃とクールタイム制スキルボタンで攻撃を行うオーソドックスなバトルです。
戦闘は武将を仲間として4人まで設定することができ、仲間と一緒になってわさわさと出てくる敵と戦っていきます。
クエストは、三国志の歴史に独自の物語を織り交ぜたストーリーが展開されていきます。
ストーリもキャラもしっかりしているので、三国志の世界観を味わうことができます。

雄覇天地

雄覇天地

雄覇天地

「雄覇天地」は、劉備(玄徳)・呂布など有名な武将を率いて三国統一を目指す戦略シミュレーションゲームです。
登場キャラは曹操・孫権など有名武将が総勢500名以上登場します。
最初は6名の武将の中から好みのキャラを選択します。その後、チュートリアルが始まるので、ゲームシステムを理解できるようになっています。
クエストは物語を読み進めていくような感じでゲームが進んでいきます。
その他、自国の都市発展させたり、他プレイヤーとバトルなどやりこみ要素満載です。
都市を発展させたり、他のプレーヤとバトルしたり一国の主として三国志の世界を体験できます。

三國志戦記

三國志戦記

三國志戦記

三國志戦記は、軍師の活躍にスポットをあてたタクティカルシミュレーションゲームです。
シナリオは劉備(玄徳)編・曹操編・孫策編とあり、それぞれの視点で「三國志演義」に沿ったストーリーが展開されていきます。
軍師の活躍にスポットをあてているだけあって、各武将がスキルとして持っている「突撃」、「伏兵」、「火計」といった戦法をタイミングよく発動させ連鎖をおこし、敵軍に大ダメージを与えることが醍醐味です。
ストーリーが「三國志演義」に沿っているので史実に近いのでやりごたえもあるのですが、
ストーリーのシナリオ3からは有料になってしまうのが残念なところです。

三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ

三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ

三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ

「三国志ロワイヤル」は、本格シミュレーションゲームです。
通常シナリオは、黄巾の乱、虎牢関の戦い、赤壁の戦いなど三国志の世界をストーリーに沿って追体験することができます。
IFシナリオは、三国志の「もし」を体験できるオリジナルストーリーです。
武将伝は、一人の武将の追体験ができるストーリーです。
その他には内政による部隊の強化、ほかのプレイヤーと国盗り要素もあります。
様々なシナリオが用意されていてやりこみ要素満載です。
各シナリオはクエストマップを進めていくことになるのですが、クエストマップでは敵味方が交互に行動するターン制になっており、本陣を目指して部隊を移動させていきます。敵と接触すると戦闘が始まります。
計略を駆使し、騎馬・弓・槍の兵科の相性を考えて戦闘を行うなど戦略を考える楽しみもあります。
操作方法も簡単で、ゲーム自体のバランスもいいのでゲーム初心者にはおすすめです。

三国魂

三国魂

三国魂

「三国魂」は戦略シュミレーションRPGです。
町と戦闘シーンは3Dグラフィックで描かれており、戦闘時に使用するスキルの演出も派手なため戦闘の臨場感はすごいです。
ゲームに登場する武将には槍兵・騎兵・弓兵と兵科が分けられていて、じゃんけんのグウ・チョキ・パーのように槍兵は騎兵に強く、騎兵は弓兵に強く、弓兵は槍兵に強いというように相性があります。
部隊の相性とスキルのタイミングなど戦略を考えて戦う醍醐味があります。
三国志の有名武将が総勢200名以上登場し、美形武将や野性的な武将など個性豊かなグラフィックなので武将を集める楽しみも広がります。

三国大戦スマッシュ!

三国大戦スマッシュ!

三国大戦スマッシュ!

「三国大戦スマッシュ!」はアクションRPG(ロールプレイング)のジャンルになります。武将をひっぱって飛ばし敵にぶつけて倒す簡単な操作方法です。簡単に言えばモンスターストライクと同じようなゲームシステムです。
ストーリーは張角の率いる黄巾党から始まり、武将を集め部隊編成を行いステージをクリアしていきます。
武将をひっぱって飛ばし敵にぶつけて倒す簡単な操作方法ですが、武将各自にスキルがあり、味方に当てて連計を狙うなどの戦略も必要な奥の深いゲームです。
武将詳細画面のキャラはかっこいいですが、ゲーム時はデフォルメされた可愛いキャラになります。

三國志12

三國志12

三國志12

「三國志12」は中国の後漢末期から三国時代を描いた歴史シミュレーションゲームです。
大まかな内容は、外交や都市運営などをおこない、他国に攻め込み領地の拡大をしていきます。
実は4年ぐらい前にパソコンゲームとして販売されていたもののスマホ版です。
コーエーテクモゲームスが販売しているのですが、三國志はシリーズもので、三國志が出たのが30年前、最新版は「三國志13」になります。
日本での三国志のイメージを作ったのはコーエーテクモゲームスの三國志ではないかと思います。
実は一番三国志の史実に近い武将の作りこみや世界観が味わえるのは、「三國志シリーズ」だと思います。
しかしスマホ版の「三國志12」はおすすめできません。
なぜかと言うと、お試しプレイ15分間無料!基本プレイ有料 4,000円(税込)!
スマホアプリなのに4,000円は高すぎるかなと思います。
また、データー量が多いのでWi-Fi接続でないとゲームができません。
なので、やるならパソコン版かPS4版の「三國志13」をおすすめします。


この記事の三国志ライター

関連するキーワード


三国志 ゲーム

関連する投稿


三国志の英雄がイケメンに!?三国志をテーマにした女性向けゲームアプリ!

日本の戦国時代や幕末をテーマとした女性向け恋愛シミュレーションアプリがあるように、三国志をテーマにしたものも存在するんです! 素敵な英雄と恋を楽しんでみませんか?


三国志の人材コレクター!曹操が集めた魏の武将たち

群雄割拠の三国時代において、抜きんでた兵力を誇った魏の国。その礎となったのは、「人材コレクター」の異名を持つ曹操孟徳が集めた、優れた武将たちの働きでした。曹操は優秀な人材なら出自を問わず重用し後の蜀の皇帝・劉備(玄徳)の腹心である関羽まで手に入れようとしたほどです。そんな曹操のもとに集った腹心たちをご紹介します!


三国志の始まり~王朝の乱れより黄巾の乱の始まり~

「蒼天己死」~そうてんすでにしす~ 腐敗した漢王朝に代わる新しい世界を求めた者たちは、この言葉のもと各地で蜂起する。これが「黄巾の乱」である。この反乱が成功することがなかったが、三国志の英雄たちを歴史の表舞台に登場させることとなる。


董卓~三国志随一の暴君~

黄巾の乱後の政治的不安定な時期を狙い、小帝と何皇太后を殺害し、献帝を擁護し権力を掌握していく朝廷を支配していた絶対的存在。 政権を握った彼のあまりにもの暴虐非道さには人々は恐れ誰も逆らえなかった。 しかし、最後は信頼していた養子である呂布に裏切られるという壮絶な最後を遂げる。


魏軍武勇筆頭! 義にも厚かった猛将・張遼

曹操配下の将軍の中でもトップクラスの評価を受けるのが張遼だ。幾度か主君を変えた後に曹操に巡り合い、武名を大いに轟かせる。最後まで前線に立ち続けた武人の生涯をたどる。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。