関羽(雲長)のトレードマークに関するあれこれ

関羽(雲長)のトレードマークに関するあれこれ

関羽(雲長)のトレードマークと言えば、あなたはなんだと思いますか?美髯公の由来となった長いひげ?烈火のような赤い顔?本記事では関羽(雲長)のトレードマークに関するあれこれを紹介します。


関羽(雲長)のトレードマークと言えば?

あなたは「関羽(雲長)のトレードマークはなんですか?」と質問されたらなんと答えますか?
美髯公の由縁たるひげでしょうか?それとも烈火の如き赤ら顔でしょうか?はたまた視野を広げて青龍偃月刀と答えることも無きにしも非ずですね。本記事では関羽(雲長)の「ひげ」、「赤ら顔」、「青龍偃月刀」といった彼のトレードマークに関するあれこれを紹介します。

関羽(雲長)の危機を救った老婆

関羽(雲長)は故郷で殺人罪を犯してしまい、指名手配犯としてお尋ね者となった過去があります。
その頃の関羽(雲長)は色白でひげもそこまで長くなかったそうなのです。関羽(雲長)は頑張って走り続けたのですが、追手はすぐそこまでせまっていました。馬が走ったときに起きる粉塵が見えていたのです。絶対絶命の状況で関羽(雲長)の目に映ったのは川で洗濯をする老婆の姿でした。
関羽(雲長)はその老婆のところまで一目散に駆け寄り、「お婆さん、失礼ですがどうか私をかくまってもらえませんでしょうか」と頭を深々と下げると、その老婆は「あい、わかった」と言っていきなり関羽(雲長)の顔を殴り、彼の髪の毛をむしりはじめました。老婆は関羽(雲長)が流した鼻血を彼の顔に塗りたくり、抜いた髪を使ってつけひげを作り出しました。
そしてそのつけひげを関羽(雲長)の頬や顎にあてるとぴったりとくっついてしまいました。関羽(雲長)は川の水で顔についた血を洗い流そうとしたのですが、何度洗っても顔は赤いままです。つけひげを引っ張ると肌から生えているように痛みがありました。
関羽が顔をあげるとそこには老婆ではなく、ひとりの仙女が立っており彼にこのように告げたそうです。
「あなたは義のために罪を犯しました。しかし、あなたは将来名君を輔ける運命にあります。そのため、あなたの人相を変えました。これからは世のため人のために力を尽くしなさい。」
そして仙女は金色に輝く雲に乗り、天界へと帰っていったそうです。その後、関羽(雲長)は偽名を使うなどして何か所かの関所を潜り抜けることができたそうです。

関羽(雲長)は赤龍の生まれ変わり

彼の出身地に伝わる民間伝承の「関羽雲長誕生秘話」では「関羽雲長は赤龍の化身なり、それ故赤ら顔なのだ」と最後を締めくくっています。しかし、これは昔からある偉人を特別な存在に祀りあげるべく、後世の人々が無理やり理由をつけて作り出した逸話である可能性が高いです。赤龍といえば漢の高祖・劉邦の母が赤龍が腹に入った夢を見て劉邦を懐妊した話や劉邦が万里の長城建設の際、現地に着いても人数不足で死罪、逃亡しても到着が遅れても死罪になってしまうという究極の選択を強いられたとき、仲間の命を守るべく逃げ込んだ山中で白い大蛇を倒した話にも登場する漢にとっては縁起のよい神獣です。
この話は劉備(玄徳)が漢の皇帝の末裔であること、そして関羽(雲長)が劉備(玄徳)を補佐する関係であることをこじつけているに他なりません。

美髯公の名づけ親は皇帝だった

あなたは関羽(雲長)のあだ名である「美髯公」という文言を考えた人は誰かご存知ですか?「美髯公」が関羽(雲長)のあだ名であることを知っている人は多いかもしれませんが、その名付け親が誰であるのかを知っている方は少ないと思います。

「美髯公」の名づけ親は後漢第14代皇帝の献帝(劉協)です。官渡の戦い直前、劉備(玄徳)と関羽(雲長)、張飛(益徳)の義兄弟はバラバラになってしまいます。その当時劉備(玄徳)は袁紹(本初)、関羽(雲長)は曹操(孟徳)の幕下に身を寄せていました。
曹操(孟徳)は関羽(雲長)を心服させるべくプレゼント攻撃や古参の武将でも受けたことのない優遇をして心を動かそうしました。ところが関羽(雲長)の意志は固くなかなか心服しません。
そこで、曹操(孟徳)は酒席を設けて関羽(雲長)と雑談しながら彼の気持ちを確かめようとしました。その雑談中のことです。
曹操(孟徳)は関羽(雲長)の長くて美しいひげのことを褒めちぎり冗談を交えながら話を振ったそうです。すると、関羽(雲長)は心を開き笑顔でこのように答えたそうです。「曹丞相、私のひげは秋には500本生え揃います。しかし、冬になれば何もせずとも3本、5本と抜け落ちてしまいます。それ故、普段はひげ袋でこのあごひげを覆い、人前に出る時分や客人を迎える折はそれを外して
人と会っているのです。」

曹操(孟徳)はこの話を聞いて「次のプレゼントはこれだ!!」とひらめきました。そして関羽(雲長)に綾絹で仕立てたひげ袋を贈ったそうです。関羽(雲長)もこのプレゼントを大変気に入り、献帝への謁見の場に曹操(孟徳)からもらったひげ袋をつけて参内しました。関羽(雲長)のつけていたひげ袋が献帝の目に留まりました。そのひげ袋の下に隠されたひげが気になった献帝は関羽(雲長)にひげ袋を外すように命令しました。
関羽(雲長)がひげ袋を外すとまるで女性の後ろ髪のような長く美しいひげが、シュルシュルっと下っ腹に届くまで垂れ下がりました。
その場にいた一同は関羽(雲長)のひげの美しさに見とれてしまいました。献帝の口からは「ほお~う、美髯公だのう」という声が漏れてきました。それから関羽(雲長)は「美髯公」と呼ばれるようになりました。

関羽(雲長)赤ら顔の由来は諸説あり

関羽(雲長)は美髯公と呼ばれるほどひげに特徴があった人物ですが、当時の人々は関羽(雲長)だと確信するのに別の特徴で判断していました。それは赤ら顔です。先ほど紹介した「関羽(雲長)の危機を救った老婆」以外にも関羽(雲長)が赤ら顔になった由来に関するお話があります。ひとつは「逃走中、息をするのも忘れて全力疾走をしているうちに頭に昇った血が下りなくなってしまった」というもの。
もうひとつは「逃走中、顔を泉で洗うと顔が赤くなってしまった、その泉は赤龍が住まう泉だった」というものです。京劇では関羽(雲長)の役のことを「紅生(こーしゅん)」といい、顔一面を赤くし黒の隈取りをするメイクは関羽(雲長)役専用のメイクであるそうです。また、京劇の劇団は神である彼に敬意を払うため、あえて「目の周りに濃い隈取りをしない」、「関羽(雲長)役を演じられるのは一劇団でひとりのみ」というルールがあるそうです。

関羽(雲長)は「青龍偃月刀」と呼んでいない

関羽(雲長)の愛刀といえば言わずもがな青龍偃月刀であります。彼ら義兄弟は黄巾党の乱を鎮圧する義勇軍に加わる際、地元の富豪から無償で提供された鋼で生涯生死を共にする武器を作りました。劉備(玄徳)は細長い双剣、張飛(益徳)はジグザグと刃が蛇行している蛇矛(じょぼう)、そして関羽(雲長)は刃を固定する金具に青龍の頭部を模した飾りをあしらった青龍偃月刀です。しかし、このとき彼は武器に命名して生涯その名で呼称しているのですが、正直のところあまり知られていません。関羽(雲長)は青龍偃月刀に「冷艶鋸(れいえんきょ)」という名前をつけました。実は「青龍偃月刀」は後に作られた造語です。偃月刀は三日月のような形状をした片刃の大刀のことです。さらに言ってしまえば偃月刀の定義が明確化したのは関羽(雲長)の死後数百年後のことであり、関羽(雲長)にあやかって彼の冷艶鋸(れいえんきょ)を真似て作られた武器が偃月刀と名付けられたのではないかと考えます。

まとめ

さてさて、いかがでしたか?
関羽(雲長)はアジア諸国の民から愛されている超人気者です。中国では関羽(雲長)がひげのメンテナンスを毎日怠らなかったことを引用して、「美しいひげは一日にしてならず」、「髪型よりもひげに気を遣え」という名言も過去に生まれたそうです。もしかすると、赤い顔は彼のコンプレックスだったのかもしれません。三国志を研究し続けたとある文学者がこのように考えました。「関羽(雲長)の顔が赤かったのは、彼の顔面の皮膚が先天的に薄かったことが考えられる」と。つまり、お猿さんみたいな皮膚だったのではないかということです。雄々しく猛々しい関羽(雲長)をチャーミングに感じた瞬間でした。

関連するキーワード


関羽 劉備(玄徳)

関連する投稿


「力と力のぶつかり合い」三国志の一騎打ち名場面集4選

「力と力のぶつかり合い」三国志の一騎打ち名場面集4選

三国志を語る上で武将と武将が1対1で正々堂々と槍や刀、戟を打ち合って戦いを繰り広げる一騎打ちはどうしても欠かすことができません。 三国志では一騎打ちがくたびも出てきますが、その中からこれはと思う一騎打ちをピックアップしました。


史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】②

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】②

魯粛に認められていく呂蒙は、曹操や関羽とも対決していき、徐々に名を天下に知らしめていきます。孫権からの信頼も厚くなっていくさまは、周瑜にも匹敵する将軍であることを意味していきます。ここでは呉の重鎮となっていく呂蒙をみていきます。


三国志を将棋に置き換えると面白いことになる

三国志を将棋に置き換えると面白いことになる

よく戦は「将軍のもの」とされることが多い。そのため将軍が倒れれば部下は一気に士気は下がり、戦に負けてしまう。逆に兵が少なくても将軍の器が大きければ相手を圧倒することができる。では将軍の力が圧倒的に強かった蜀が天下を取れなかったのはなぜか。もしくは将軍の力は魏が一番強かったのか。様々な角度から検証してみよう。


呉の孫氏一族を支えた華麗なる知将リレーとは?

呉の孫氏一族を支えた華麗なる知将リレーとは?

三国時代の知将として代表的なのは蜀の諸葛亮(孔明)と魏の司馬懿(仲達)です。三国志のシミュレーションゲームでも、軍師として誰もが欲しがるビッグネームですが、呉の孫権(仲謀)配下には彼らのような大物軍師はいませんでしたが、知将として名高い武将たちがリレー形式で孫一族を支えていったのです。


夷陵の戦い--三国の勢力図の決定

夷陵の戦い--三国の勢力図の決定

壮大な国盗りゲームである三国志の勢力図がほぼ固まるのが夷陵の戦いです。関羽を討ち、荊州を孫権が奪いとると、関羽の仇討ちと荊州奪還を目指して劉備(玄徳)が出陣しますが、敗れます。その結果、魏・呉・蜀漢の三国の領土が決定します。一体どんな戦いだったのでしょう


最新の投稿


蜀を陰ながら支えた武将!目立ちはしないが優等生な龐統の人生を振り返る!

蜀を陰ながら支えた武将!目立ちはしないが優等生な龐統の人生を振り返る!

蜀には心優しく民を思う武将が集まったとされています。もちろん関羽のように三国志に絶対欠かせない存在になった人もいれば、陰ながら蜀を支えた武将もいます。 そこで今回は目立ちはしなかったものの蜀を支えた武将である龐統について紹介します。


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


赤壁の戦いの真実

赤壁の戦いの真実

三国志の中で最大の合戦と言われる「赤壁の戦い」。演義では諸葛亮の圧倒的な才覚の前に周瑜や魯粛もタジタジで曹操がコテンパンにやられます。ですが、東南の風を人為的に起こしたり関羽が曹操を見逃すのを見越したりと流石に現実的にはちょっと・・・というシーンも多々あります。正史の赤壁の戦いは一体どうだったのでしょうか?


三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志の登場人物たちの名前は「姓」「諱」「字」に分けられますが、「姓+諱+字」で表記することは間違っているのでしょうか?


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


https://sangokushirs.com/articles/196