三国志によく出てくる"字"って結局なんなの?

三国志によく出てくる"字"って結局なんなの?

三国志の説明をする上で字というのは避けては通れないものです。しかし、三国志の歴史でしか出てこないこの字は一体どんな意味を持っているのでしょうか。


三国志の物語を読んでいたり、歴史を勉強をしていると少なからず一度は目にしたことがある「字」という文字ですが、そもそも読み方時代を知らないという人も多いのではないでしょうか。「字=あざな」と読みます。

そもそも字って?

中国では名前をそう気安く呼んではいけないということから、名前の代わりに字を呼ぶという習慣があるようです。親しい間柄だと字で呼び合い、親しいわけではない間柄では姓と官職名などを利用して呼び合います。反対に名を使ってしまうと、敵の扱いになってしまいます。

基本的に姓名字を全て使って名前を書く事は少なく、例えば劉備の場合は、劉備玄徳と呼ぶことはない。呼ぶとしても「劉玄徳」という字の使い方をして呼ぶのがオーソドックスと言えるでしょう。

孝の精神を大切にする当時の社会では、親の名を呼ばれることをとても嫌っていたそうです。また、皇帝の名もとても大事に扱われており、気安く使うことができなかったそうです。皇帝の名も気安く使うことができなかったため皇帝の名の漢字が使われていた用語なども気軽には言えませんでした。

たまに諸葛亮と諸葛孔明が兄弟であるなどと言う間違った情報が流れていますが、あくまで諸葛亮は姓名であり、孔明というのが字です。

また字は尊敬や親しみの気持ちも含まれており、成人したときに親や目上の人につけてもらうか自分で名乗り始めることが多いです。

字はどうやって付けられるの。

それでは字はどうやってつけられるのでしょうか。時期は成人するタイミングと言うのはわかっているのですが、一体どのようにつけられたと言うのはあまり正確になっていません。

しかし字をつける際には一定の法則があることがわかっています。字には名前を連想させる文字が当てられることが多くあります。例えば例に出すと、諸葛亮の場合、姓は諸葛になり、名は亮となります。この亮という名と、孔明という字を考えてみるとどちらも明るいという意味を持っています。

こういったことを関連付けて付けられることが多く、自分の名前に関係していることや自分が積んできた得などに関連して字は付けられます。

さらに、字の一文字一文字に意味が有ることがあります。例えば「伯」には1という意味があったり、「仲」には2という意味があります。そのため、長男には「伯」という感じが使われていたり、次男には「仲」という感じが使われたりしています。

現に三国志の歴史の中でも有名であり、呉を率いていた孫家の兄弟を見てみると長男である孫策は字が「伯符」となっており、その跡を継いだ次男の孫権は「仲謀」となっています。このように兄弟などにつけられるような字も存在していたようです。

ちなみに三男には「叔」、四男には「季」となっており、これも兄弟に使われていたようです。

現在でも有名な字

字というのは現在でもとても有名であり、聞いたことがある字もいくつかあると思います。例えば「死せる孔明、生ける仲達を走らす」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

これは当時の蜀の軍師であった諸葛孔明が五条原にて、魏の司馬仲達と対陣している時の出来事が故事となった言葉となっています。司馬仲達と対陣していた諸葛孔明はその対陣中に病死してしまいます。諸葛孔明が亡きいま、もう勝ち目がないと悟った蜀軍は軍をまとめて退陣しようとしますが、諸葛孔明のように頭の良い司馬仲達はすぐさまこれを追撃します。

しかし、死ぬ間際に諸葛孔明が蜀軍に遺命を遺しており、「もし、追撃されそうならば反撃の構えを示せ」というものでした。その遺命に従った蜀軍は孔明が亡くなっていても、この命に従います。この反撃を見た司馬仲達はまだ諸葛孔明は生きており、なにか策略があって退陣の振りをしているだけだと勘ぐり魏の軍は退却したというエピソードからこの故事が生まれました。

現在でもこのように三国志時代のエピソードから故事が生まれ、国語の授業などでも故事が生まれることになったエピソードが使われることも多々あります。

字以外の名前

この時代の名前には種類がありました。現代で言うところ「苗字」と「名前」のようなものです。少し現代とは少し異なっており、名前の種類が3種類に分かれていました。「姓」「名」「字」という3つの種類で形成されています。それぞれ呼び方などはその人を呼ぶ立場によって使われる名前も異なってきます。

例としてわかりやすいように「劉備」を取り上げて説明します。劉備を「姓」「名」「字」に当てはめると「姓」が「劉」、「名」が「備」、「字」が「玄徳」となります。このいくつかある名前を状況や立場によって使い分けなければいけないため、苦労していた人も多かったかとおもいます。

「姓」については現代で言うところの「苗字」であるため、基本的にはあまり使われないことのほうが多かったようです。どちらかといえば「名」と「字」を使うことが多かったようです。

「名」を使うのは目上の人や自分にとっての主君の立ち位置の人のみに使うようになっており、現代でいう敬語のような使いかたをしていたようです。そのため、三国志を調べたりすると出てくる「曹操」や「孫権」などの将軍の名前は当時のルールでは呼んではいけない名前となっています。

現在も諸葛亮が「諸葛孔明」と呼ばれることが多いのは、それほど三国志の歴史の中でも慣れ親しんだ人であるので、慣れ親しんだ名前で呼ぶという説があるようです。

また、字を持っていない将軍もいます。それは魏の曹操に仕えていた「典韋」という武将です。曹操の親衛隊長を務めていましたが、字ははっきりとはわかっていませんでした。

しかし、武勇において優秀な武将であったため、「校尉」という地位を得ていることが分かっているため、「典校尉」と呼ばれていた事が分かっています。

字がない理由としては典韋はどこの生まれでどのような生活を送ってきたのかも分かっておらず、そらく身分の低い商人など家庭で育ったからだとされています。

まとめ

今回は三国志と切っても切り離せない「字」の歴史や仕組みなどを紹介しましたが、これは三国志の時代ならではの文化とも言えるでしょう。

字から見える人間関係などもあるため、気になった方はとことん調べてみるとよいでしょう。

関連するキーワード


三国志 名前 あざな

関連する投稿


三国武将単体ならば誰が最強!?個人的にランキングをつけてみた。

三国武将単体ならば誰が最強!?個人的にランキングをつけてみた。

三国志の世界には魏、呉、蜀がありそれぞれには当然武勇に優れた人物も多くいます。今回は独断と偏見で強いと思う武将を紹介していこうと思います。それでは三国志最強の武将の待つ世界へ!レッツ三国!!!


三国志好きなら絶対に行きたい中国観光スポット8選を紹介!

三国志好きなら絶対に行きたい中国観光スポット8選を紹介!

三国志が好きになると、関係するスポットに一度は観光したいと思うでしょう。実は中国には、三国志関連の遺跡や観光スポットがたくさんあります。そこで今回は、おすすめの三国志に関係する観光スポット8つを紹介していきたいと思います。


歴史に習え!三国志から学ぶ人生の教訓エピソードベスト3

歴史に習え!三国志から学ぶ人生の教訓エピソードベスト3

人生を生きていく上で辛い時や困っているときは必ずと言っていいほど訪れます。そんな時、あなたの背中を押してくれるものが必ず必要となります。三国志の歴史の中にもそういった名言などがたくさん散りばめられています。今回はそんな人生の教訓となるようなエピソードをご紹介します。


【試験対策】三国志検定例題~3級編vol.2~

【試験対策】三国志検定例題~3級編vol.2~

三国志検定3級に出題される問題は、三国志演義のストーリーから中心に出題されます。三国志検定の試験対策の助けになればと僭越ながらオリジナル問題を作成しました。あなたは何問正解できるでしょうか?


【試験対策】三国志検定例題~3級編vol.1~

【試験対策】三国志検定例題~3級編vol.1~

三国志検定は悲しいことに実にマイナーな検定です。問題集などの書籍は漢字検定や英語検定に比べるとバリエーションが少なく、検索エンジンにて調べてみてもなかなか例題にヒットできません。そのお悩みを解決いたしましょう。


最新の投稿


三国志・科挙の受験生には必須の「文選」に掲載された陳琳の檄文は、曹操を激怒させた

三国志・科挙の受験生には必須の「文選」に掲載された陳琳の檄文は、曹操を激怒させた

曹操を烈火の如く激怒させた「陳琳」の「檄文」。あまりの名作のために「文選」にも編纂されています。今回は文選や檄文についてお伝えしていきます。


「ウマ娘」にも登場してほしい? 三国志を駆け抜けた名馬たちとは?

「ウマ娘」にも登場してほしい? 三国志を駆け抜けた名馬たちとは?

三国志には「南船北馬」という言葉があります。これはいったいどういう意味でしょうか。三国志は戦の歴史でもあり、多くは騎馬による一騎打ちや戦争の描写が多く見られます。なかでも名のある武将が駆る名馬たちは、その名を歴史に残しているのです。


赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後 荊州南部侵攻は初めて劉備軍優勢で実行される計画

赤壁の戦い後、荊州城、襄陽城、南城を取り荊州北部を制圧した劉備(玄徳)。呉国との紛争を抱えながらも荊州南部侵攻に乗り出します。荊州全土を押さえ、天下三分の計の足掛かりとする諸葛亮(孔明)の大計を実現するための行動の始まりです。


三国志・徐州牧の陶謙が劉備に徐州を譲ったプロセスとややこしい勢力関係を整理

三国志・徐州牧の陶謙が劉備に徐州を譲ったプロセスとややこしい勢力関係を整理

劉備は陶謙から徐州牧の座を譲られます。そして味方だった袁術に攻められ、敵だった曹操を頼ることになるのです。なぜそのようなことになったのでしょうか。


諸葛瑾--天才の兄

諸葛瑾--天才の兄

三国志に出てくる最大の天才はもちろん諸葛亮です。国力で圧倒的に劣る蜀漢を支え、魏・呉に対抗しました。その兄である諸葛瑾は呉の国で孫権に仕えていました。敵国で偉大な才能を発揮していた弟を持つ彼はどう考えていたのでしょうか?また、どのように見られていたのでしょうか?


https://sangokushirs.com/articles/196