三国志好きなら絶対に行きたい中国観光スポット8選を紹介!

三国志好きなら絶対に行きたい中国観光スポット8選を紹介!

三国志が好きになると、関係するスポットに一度は観光したいと思うでしょう。実は中国には、三国志関連の遺跡や観光スポットがたくさんあります。そこで今回は、おすすめの三国志に関係する観光スポット8つを紹介していきたいと思います。


三国赤壁古戦場

三国志好きなら絶対に訪れたいのが三国赤壁古戦場です。曹操軍VS孫権・劉備連合軍の戦いとして有名な「赤壁の戦い」があった古戦場となっています。現在、三国赤壁古戦場にはテーマパークがあります。赤壁の戦いに関する建物・彫刻が再建されており、当時の雰囲気を感じることができるのです。

三国赤壁古戦場にあるテーマパークの入場料は1人150元となっています。テーマパーク内には案内図などもあるのですが、日本語での説明もあるので日本人でも十分楽しめます。ただし、中国らしくテーマパークの質は悪いです。それでも赤壁の戦いがあったことは変わらないので、三国赤壁古戦場で赤壁の戦いの感慨に浸ってみてください。

古隆中

三国志好きの中でも、劉備(玄徳)や諸葛亮(孔明)が好きにおすすめなのが古隆中です。ここは、諸葛亮(孔明)が隠棲していた場所とされており、かの有名な「三顧の礼」の舞台とされています。三顧の礼は、劉備(玄徳)が諸葛亮(孔明)を軍師に招くため、3回諸葛亮(孔明)の元に訪れたエピソードです。

古隆中の入場料は45元となっており、日本からも多くの観光客が訪れます。古隆中には、諸葛亮(孔明)が農作業をしていたと言われている畑や諸葛亮(孔明)を祀っている武候祠などがあります。諸葛亮(孔明)が晴耕雨読の日々を送った場所だと考えながら巡ってみてください。

黄鶴楼

呉の孫権好きにおすすめの中国観光スポットが黄鶴楼です。孫権が物見櫓として建築し、後に楼閣となったのが黄鶴楼となっています。武漢屈指の名勝地となっており、江南三大名楼の1つに数えられています。中国国内でも人気のスポットとされているのです。

黄鶴楼の入場料は80元となっています。黄鶴楼は三国志以外にも、唐時代の詩人である李白とも関係が深いです。李白は黄鶴楼についての漢詩を読んでいます。ちなみに、現在ある黄鶴楼は再建されたものです。楼閣の上には登ることもでき、眺望良好となっています。三国志の歴史だけでなく、眺めも楽しむことができる観光スポットとなっています。

当陽関陵

関羽好きに訪れてほしい観光スポットが当陽関陵です。当陽関陵には、関羽のお墓となっています。219年に関羽は孫権軍に敗れ、捕らえられています。関羽は降伏することを拒否し、殺されたのです。関羽の首は洛陽の曹操に献上されたのですが、胴体は当陽に埋葬され当陽関陵として有名になっているのです。

埋葬された当時は土を盛り上げただけだったのですが、南宋時代に祀るための亭が設けられ、墓道や墓門などが建設されたのです。1467年には廟が創建されています。当陽関陵の入場料は20元であり、比較的にお安くなっています。ぜひ、関羽を偲ぶためにも、当陽関陵に訪れてみてください。

荊州古城

三国志好きなら、誰もが知っているはずなのが荊州古城です。荊州古城は、関羽が江陵城を築いたのが始まりとなっています。荊州の地は、魏・呉・蜀の境界の地であり、荊州古城はとても重要な拠点のひとつだったのです。荊州古城の入場料は27元となっています。

現在の荊州古城の城壁は、1647年に再建されたものとなっています。城壁の上には三国志に関係する人物の像が何体もあるため、三国志好きにはたまらないスポットです。夜はライトアップされており、美しいので、夜に訪れるのもおすすめです。三国志好きが中国に訪れたら、ぜひ行ってみてほしいスポットとなっています。

張飛廟

張飛が好きならおすすめの観光スポットが張飛廟です。張飛廟の近くには、「桃園の誓い」を記念して造られた三義宮があります。そのため、張飛廟と三義宮をセットで観光する人が多いです。どちらも入場料は20元です。

張飛廟には、張飛の彫像はもちろん、張飛の家来たちの彫像まであります。張飛廟は建築物としても評価されており、独特な建築スタイルを楽しむことができます。また、三義宮では、劉備(玄徳)・関羽・張飛だけでなく、蜀の文官・武官の彫像が数多く並んでいるのです。マイナーな武将も多く、三国志好きとしてはたまらないスポットとなっています。

白帝城

劉備(玄徳)が亡くなったとされているのが白帝城です。白帝城は、前漢末期時代に公孫述が築いたとされています。元の名前は紫陽城であり、歴史のあるお城なのです。白帝城では、中国の歴史的な詩人である李白や杜甫、白居易などが漢詩を残しています。そのため、「詩城」とも称されており、中国でも人気スポットなのです。

白帝城の山頂には白帝廟があり、劉備(玄徳)や諸葛亮(孔明)などの彫像があります。様々な詩文や彫像が展示されており、ゆっくり鑑賞するのがおすすめです。劉備(玄徳)の終焉の地である白帝城は、絶対に訪れてほしい観光スポットのひとつです。

武候祠

三国志ゆかりのスポットと言えば、武候祠も人気観光スポットのひとつです。諸葛亮(孔明)を祀っています。さらに、蜀の武官・文官の多くが祀られており、三国志好きにはたまらないスポットとなっているのです。武候祠の入場料は60元となっています。料金が割高に感じますが、この料金で敷地内にある博物館や庭園まで見ることができます。そのため、十分楽しむことができる観光スポットとなっているのです。

三国志好きのためのツアーもおすすめ!

三国志好きで中国観光を計画しているなら、ツアーに参加するのもおすすめです。個人的に訪れたい三国志ゆかりのスポットをピックアップするのもいいですが、ツアーならすべて計画されているので楽です。しかも、ツアーなら三国志ゆかりのなかでも、メジャーなスポットをほとんど網羅しています。そのため、三国志好きでゆかりの観光スポットを訪れるなら、ツアーを探してみてください。様々な旅行会社がツアーを計画しているので、いろいろ検討して三国志ゆかりのスポットを巡りましょう。

まとめ

今回は、三国志好きなら絶対に行きたい観光スポットを紹介してきました。いずれのスポットも、三国志ゆかりの人気スポットとなっています。三国志の中でも、自分が贔屓にしている武将・君主のゆかりのスポットに、ぜひ訪れてみてください。また、三国志ゆかりのスポットに訪れるなら、ツアーを利用するのもおすすめです。様々な旅行会社が三国志ツアーを計画しています。メジャースポットは網羅していることが多いので、ぜひツアーを利用して三国志ゆかりの地を巡ってみてください。

関連するキーワード


三国志 観光

関連する投稿


三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志の舞台である中国と日本は古くから交流がありましたが、三国志がいつ、どのようにして日本に伝えられたのかは日本史、世界史の授業では誰も教えてくれません。それでは三国志がいつ、どのようにして日本に伝らたのかを解説していきます。


千差万別な三国志の楽しみ方の実例

千差万別な三国志の楽しみ方の実例

三国志は私たちに楽しさを与えてくれます。三国志の楽しみ方は人それぞれ、それこそ千差万別の楽しみ方がありますので、三国志ファンの方々がどのようにして三国志を楽しんでいるのかその実例を本記事のテーマとします。


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

三国志の世界にはあまり表立って語られていないマイナーなエピソードがいくつも存在しています。その中には思わずクスッと笑ってしまいそうなものも隠されているはずということでネット上に落ちているマイナーエピソードや噂などをまとめてみます。


三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

名医。それは最高の医者におくられる最高の称号でありますが、三国志の時代にも名医と呼ばれる医者がおりました。あまり多くの人には知られてはいませんが、彼の名前は華佗元化と言います。今回はそのスーパードクター華佗元化について紹介したいと思います。


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。