歴史に習え!三国志から学ぶ人生の教訓エピソードベスト3

歴史に習え!三国志から学ぶ人生の教訓エピソードベスト3

人生を生きていく上で辛い時や困っているときは必ずと言っていいほど訪れます。そんな時、あなたの背中を押してくれるものが必ず必要となります。三国志の歴史の中にもそういった名言などがたくさん散りばめられています。今回はそんな人生の教訓となるようなエピソードをご紹介します。


3位 赤壁の戦い前の10万の矢

三国志の中でも歴史が大きく変わったターニングポイントと言うのがいくつもあります。その中でも特に有名なのが曹操(孟徳)率いる魏軍と孫権している呉群の水軍が衝突した「赤壁の戦い」です。

これは日本でも「レッドクリフ」として映画になっており、とても有名なお話かと思います。呉軍は劉備の軍を味方につけており、蜀の同盟軍として魏と戦闘していました。

しかし、この呉軍を率いる周瑜は蜀の諸葛亮孔明の神とも言えるその頭の良さをとても恐れていました。「今は同盟を結んでいるが、いつか敵になったときに恐ろしい存在である。今の時に殺しておくべきだ。」そう考えた周囲は諸葛孔明に「10日のうちに100,000本の矢を作れ」と言う無理難題を押し付けます。

もし、これができなければ刑罰として、軍法にかけて打ち首にすると言う作戦でした。しかしやはり諸葛亮孔明はとても頭の良い人間でこの無理難題をクリアします。

物理的に100,000本の矢を作る事は不可能でした。しかし、諸葛亮孔明は「3日で作りましょう」と快く返事します。ここで諸葛亮孔明の頭の良さが出ますが、100,000本の家が作り出すことができないのであれば、100,000本の矢があるところから回収すれば良いと考えます。

返事をしたその夜に多くの藁人形を積み込んだ船を20隻ほど出して待ち構えている曹操軍の前に出航させます。当時、深い霧の中で魏軍は待っていたのですが、そこに向かっていったことにより大量の夜の雨を注ぐ人から受けることとなります。

その後、わら人形が受けた者から使える矢を選び、諸葛孔明は周瑜に100,000本の矢を提出しました。周瑜もさすがにこの頭の良さに感服したとの事でした。

現代社会の会社などでは無茶なノルマ等が課せられることもあるかと思います。しかし、発想の転換をしてみれば案外簡単にクリアできるものもあります。様々な角度から物事にアプローチしてみるということも大切なのではないでしょうか。

2位 劉備(玄徳)の人徳

劉備といえば、三国志の中でも主人公レベルで有名なキャラであり、とにかく自国の民のためならなんでもするという人徳溢れる人でした。決して自国の民を犠牲にするなんていうことはなく、もし民が住んでいる地域が危ないと判断した場合は民をまとめて一緒に別の安全な地域に避難させるというほど民を愛していました。そんな優しさの塊のような劉備のお話です。

劉備は呉と協力することがありながらも、魏軍と戦う機会が多かった人物の一人です。もちろん、劉備が曹操から狙われる機会も少なくはありませんでした。そんなあるとき、曹操軍から追われており、大群に攻められた際に劉備は本拠地であった荊州からの撤退を決意します。

もちろん、人民も連れての逃避行となり、劉備を頼りにしていた人民は10万人もの大群となってしまいます。それほどの人数になると進める道も限られてきており、進むスピードも限られてきてしまいます。中には小さな子供や年老いた老人などもいたため、一日に5kmほどしか進まなくなってしまったと言われています。

このペースではいずれ曹操軍に追いつかれてしまい、殺されると思った部下がそのことを劉備に伝えるとそれに対して、憤怒を露わにし、「これだけの人民がついてきてくれているのに、あっさり捨てるわけには行かない」と伝え、「偉業を成すにはなにより人が基本である」と伝えました。

そのピンチを乗り切った劉備軍はその時救った人民たちと協力して新しい拠点を設立します。劉備の仁徳溢れるエピソードでもありますが、何かをなすためには周りの人々をなにより大切にしなければいけません。なにかを成し遂げるのにもまずは「人が資本」となることを忘れてはいけません。

1位 諸葛孔明の縁談

諸葛孔明といえば、三国志の中でも最も有名な人物といっても過言ではありません。様々な場所で諸葛孔明の名前を聞くことがあり、学校教育などでも名前が出てくる人もいます。

そんな有名で賢い諸葛孔明でもためらう瞬間がありました。それは諸葛孔明が縁談をする時の話です。諸葛孔明は正史では黄月英と婚約しているということになっていますが、すんなり縁談が始まったわけではありません。

黄月英は容姿が最悪で醜い女であるという評判でした。諸葛孔明に黄承彦に嫁と薦められましたが、諸葛孔明も流石に評判の悪さを聞いていたため、流石に遠慮していました。

ある日、黄承彦に招待を受けて諸葛孔明はしぶしぶ黄家に訪れることになります。しかし、そこには手作りで出来上がっているカラクリじかけの作り物がたくさんありました。これに感銘を受けた諸葛孔明ですが、それが黄月英が作られたものだと知ります。

精巧でこんなに素晴らしいものが作れる女性はなかなかいない!と判断した諸葛孔明は快く黄月英との縁談を受け入れます。

いよいよ、婚礼の日になって被り物を取った黄月英の素顔を見た諸葛孔明とても驚きます。前評判と違って、とても綺麗で絶世の美女といっても過言ではないような美女だったと言われています。

悪い評判が流れていたのは、諸葛孔明が評判だけで判断したり、外見だけで決めつけない人間であるということを判断するために黄氏が講じた策だったのです。

聞き入れた情報などはあくまで他人が判断したものであり、自分が判断するためには自分で行動を起こすことが大切であるということをこのエピソードから学べるエピソードです。

前評判などがいかに悪評ばかりであろうと、自分で実際に行ってみてその事柄に触れてみると自分にとっては案外悪くなかったり、逆に素晴らしいと思えることに出会える可能性があります。とにかくチャレンジしてみるということが大切かもしれません。

まとめ

三国志は戦いのシーンばかりが切り取られることが多いですが、それ以外にも面白い話や勉強になる話が多い物語でもあります。
特に人間関係についてのエピソードなどはとても多く、今でも三国志のエピソードを利用して、ビジネスシーンなどに活かすという人も多いです。
それほど当時の人は頭が良く、人間関係を大事にしていたということです。少しでも勉強になったと思ったら私生活に活かしてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


三国志

関連する投稿


三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志の舞台である中国と日本は古くから交流がありましたが、三国志がいつ、どのようにして日本に伝えられたのかは日本史、世界史の授業では誰も教えてくれません。それでは三国志がいつ、どのようにして日本に伝らたのかを解説していきます。


千差万別な三国志の楽しみ方の実例

千差万別な三国志の楽しみ方の実例

三国志は私たちに楽しさを与えてくれます。三国志の楽しみ方は人それぞれ、それこそ千差万別の楽しみ方がありますので、三国志ファンの方々がどのようにして三国志を楽しんでいるのかその実例を本記事のテーマとします。


張松(永年) 劉備(玄徳)を蜀へ招こうとした人物

張松(永年) 劉備(玄徳)を蜀へ招こうとした人物

赤壁の戦い後、天下三分の計実現のために益州(蜀)攻略を模索していた劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)でしたが、逆に蜀からも漢中の張魯(公祺)に狙われていることを察知した人物たちが、外部から強い指導者を招き入れ、蜀防衛を図ろうと画策していました。その筆頭となって行動したのが張松(永年)でした。


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


結局、呉の"孫堅"ってなにした人なの?

結局、呉の"孫堅"ってなにした人なの?

呉の主要人物である孫堅ですが、孫権に隠れてしまっているということもあり、あまり有名ではありません。なおかつエピソードもあまり聞きません。今回はそんな孫堅について紹介します。


最新の投稿


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

三国志を好きになって日が浅い人でも、呉の名将と言えば周瑜を思い浮かべると思います。三国志を題材にした映画や漫画、ゲームでも、周瑜は重要な人物として捉えられているでしょう。今回は、そんな周瑜の活躍や意外な人物像に迫っていきたいと思います。


裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

関ヶ原の戦いでは豊臣軍の一部が裏切ったことにより徳川軍の勝利を決定づけたといっても過言ではありませんでした。裏切りというと卑怯というイメージが付き物かもしれませんが、三国志の時代にも数多くの裏切りが存在しました。ここではそんな三国志を多く揺るがすような裏切りについて紹介していきたいと思います。


占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

216年、曹操(孟徳)が魏王となり魏王宮を建設。まさに絶頂期を迎えます。位人臣を極めた曹操(孟徳)の前に左慈(元放)という人物が現れ、幻術によって曹操(孟徳)を散々に苦しめますが、寝込んでしまった曹操(孟徳)を回復させたのは、なんと占いでした。体調が優れず寝込んでいた曹操(孟徳)に天文官の許芝が管輅(公明)を紹介します。幼少のころから天文に精通し非常によく的中する占いで有名だというのです。


今でも使う!?三国志が元となった故事成語

今でも使う!?三国志が元となった故事成語

昔の中国でおこった出来事を元にしたことわざである「故事成語」。今でも多く使われています。これらの中には三国志中の出来事が元になったものもたくさんあります。それらを紹介していきます。