三国志・実際強いのはどっちなんだい!

三国志・実際強いのはどっちなんだい!

三国志の醍醐味といったらやはり豪傑といわれる将軍たちの一騎打ち。三国志演義では多くの一騎打ちがなされました。しかしここでは実際には戦わなかったが、「この二人のバトルが見たい」という観点で「架空一騎打ち」を考えてみました。話半分で聞いてもらえたらありがたいです。


夏侯惇(元譲)VS姜維(伯約)

この二人はともに「熱すぎる!」といっても過言ではないのではないでしょうか。夏侯惇(元譲)は目に矢が刺さったらその矢を目ごと引っこ抜いて、「親からもらった体だから」といって目玉を食べてしまったというエピソードがあります。さらに出世しても金品を周りに分け与え、私財をほとんど持たなかったという無欲さもありました。
一方姜維(伯約)は元々魏兵でしたが、蜀に降伏してからというもの、周りが魏に対して降伏しても自分は最後まで抗うというスタンスを持ち続けていました。諸葛(孔明)の後継者的存在の姜維(伯約)は、暴走とも捉えられかねないほど何度も北伐を繰り返しました。成功はしませんでしたが北伐に対しての熱い思いだけは誰にも負けていません。
こんな二人が戦うとあれば目を離すことはできないでしょう。二人とも三国志の中でトップレベルの武力を誇り、一人で戦局を変えるほどの影響力を持っていました。夏侯惇(元譲)は数々の猛者を葬った武将ですが、姜維(伯約)の執念と知略はその上を行きます。そのため戦うのが叶わないほどの年齢差ですが、もし戦ったとしたら姜維(伯約)が勝つでしょう。

黄蓋(公覆)VS黄忠(漢升)

どちらも「黄」がつくこの二人。共通して言えるのは年齢不詳ではあるものの、恐らく「老人だった」という漠然としたイメージを持たれているところにあります。
黄蓋(公覆)は赤壁の戦いの際の最大功労者の一人といっても過言ではない働きを見せました。戦闘力もありますが、なんといっても忠誠心と策略は彼の右に出るものはいません。バランスもとれている頼りになる将軍です。
一方黄忠(漢升)は老人ながらに蜀の五虎将軍を任されるほどの力の持ち主。さらに曹操(孟徳)の懐刀的存在である夏侯淵(妙才)を倒してしまうなど、戦闘力は折り紙付きです。
この二人が一騎打ちをしたとしたら老兵達は盛り上がってしまうこと間違いなしでしょう。
戦闘力で言ったら圧倒的に黄忠(漢升)が勝るものの、なりふり構わずといった戦術を立てる黄蓋(公覆)がボロボロになりながらも最終的に勝ちます。

呂蒙(子明)VS甘寧(興覇)

どちらも呉の将軍でさらに呂蒙(子明)は甘寧(興覇)の兄貴的存在であるため、(甘寧(興覇)を登用する際に周瑜(公瑾)と共に君主である孫権(仲謀)に推薦しているくらいです)二人のバトルは起こりえませんが、実際戦ったら面白いものがあると思います。
二人ともいわば街の不良上がりのようなもので、今でいう暴走族の総長を務めていました。力も強く血気盛んでどうしようもない二人のバトルは一歩も引かないことが予想されます。
単純な力やヤバさでいえば甘寧(興覇)の方が上の気がします。しかし一方で呂蒙(子明)は呉のリーダー的存在となった後、あらゆる才能が開花したように見受けられます。そのため知力に勝る呂蒙(子明)が紙一重の差でこの対決を制すことでしょう。
この二人のバトルを目にしたらえげつないものが見られるのではないかという気になってしまいますね。

関羽(雲長)VS張飛(翼徳)

多くの三国志ファンが抱いている疑問の一つに「結局のところ関羽(雲長)と張飛(翼徳)はどっちが強いの?」という疑問があるのではないでしょうか。
実際に一騎打ちの数では関羽(雲長)の方が多く、しかもかなり腕の立つ敵将をことごとく葬っています。まさに困ったときの関羽(雲長)といったところではないでしょうか。
一方張飛(翼徳)も度々曹操軍の猛者たちを退けています。
関羽(雲長)が「弟分の張飛(翼徳)の方が俺より強い」といったため「そうなのかも?」という認識をさせられていますが、定かではありません。
ただ単に腕相撲をさせて「どっちの力が上か?」という勝負であれば張飛(翼徳)に分があるかもしれませんが、実際武器を持たせて戦わせたら関羽(雲長)の方が強いのではないかという印象があります。さらに関羽(雲長)には赤兎馬という最強の相棒がいるので、関羽(雲長)の勝利です。

張遼(文遠)VS孫策(伯符)

呉にとって「遼来遼来」と口にしてしまうほど恐れられている張遼(文遠)。彼がいなかったら最終的な三国志の覇者は孫権(仲謀)になっていたかもしれないというくらい、三国志に影響を及ぼしている人物だと思っています。まさに無敵で、「こいつを倒すにはどうしたらいいんだ」という言葉しか口から出てこないのではないでしょうか。
一方破天荒ぶりでいえば右に出るものがいない孫策(伯符)。小覇王の異名を持っていて、自分の立場というものを考えず、三国志において最強クラスの太史慈(子義)と一騎打ちしてしまうのです。自信の表れなのか、はたまた何も考えていないのか。部下泣かせの君主ですが、彼ほど見ていてすがすがしい気持ちにさせてくれる人物はいないでしょう。
「平地でばったり二人が合ってバトル開始」というシチュエーションであれば孫策(伯符)が勝ちます。しかし孫策(伯符)が攻めに出て、城を落としたいから張遼(文遠)に「一騎打ちをしてくれ」といった場合張遼(文遠)が勝つのではないかと思っています。
これはイメージ的な問題かもしれませんが、守るものがある時の張遼(文遠)は最強です。

周瑜(公瑾)VS曹仁(子考)

天才で諸葛(孔明)のライバルとして持ち上げられることの多い周瑜(公瑾)ですが、実は戦闘力もなかなか高いものがあります。軍師のため一騎打ちということはありませんが、実際一騎打ちをさせてみたらほとんど負けない気がします。
一方曹操(孟徳)から絶大の信頼を得ている曹仁(子考)もなかなかの腕前です。若いころから弓術と馬術に優れていてさらに力もありました。人望も厚く、統率力も高いものがありました。
この二人が戦ったら「かなりいいものが見られるのではないか」という想いがあります。
周瑜(公瑾)を亡くしたら呉は再建不能というくらい大打撃を受けてしまうことでしょう。一方曹仁(子考)がいなくなったら魏のまとまりは一気に崩壊してしまう可能性もあります。
デメリットがありすぎるこの一騎打ちは行われないでしょうが、戦ったら周瑜(公瑾)が勝ってしまうのでしょう。

まとめ

「架空一騎打ち」いかがだったでしょうか。三国志を楽しむにおいて自分独自の軍を作ってみたり、将軍同士を戦わせたりというのは面白いものです。答えはありませんが、「二人が戦ったらどちらが勝つのだろう」と想像することで、巡り巡ってより三国志の知識を広められることでしょう。

関連するキーワード


演義 一騎打ち

関連する投稿


三国志・魏延が諸葛亮に焼き殺されそうになった話の裏側

三国志・魏延が諸葛亮に焼き殺されそうになった話の裏側

蜀による第5次北伐では、諸葛亮が司馬懿をあと一歩のところまで追い詰めました。そのとき諸葛亮は司馬懿と同時に味方の魏延も一緒に葬り去ろうとしたという説があります。


肥沃な領地とお家騒動、荊州の支配者劉表一族

肥沃な領地とお家騒動、荊州の支配者劉表一族

荊州の劉表は演義では穏やかで劉備(玄徳)を保護した人物として知られています。その一方で蔡瑁たち後妻の一族にそそのかされ、後継者を次男の劉琮にしました。そのことによって、死後に荊州が曹操に支配される原因を作ったとも言われます。実際の劉表及びその一族はどのような人物だったのでしょうか?


三国志・韓遂の「手下八部」メンバー紹介

三国志・韓遂の「手下八部」メンバー紹介

曹操に対して反乱を起こした韓遂と馬超。それに従った関中の軍閥八人についてお伝えします。


固定観念を取っ払って三国で好きな国を作ろう

固定観念を取っ払って三国で好きな国を作ろう

三国志は劉備(玄徳)率いる蜀が正義で曹操(孟徳)率いる魏が悪者と多くの方に捉えられています。しかしそれは「三国志」という正史ではなく、三国志演義の歴史小説のイメージが強いからです。今回は一国から二名の代表人物を出しそのエピソードを紹介しますので好きな国を作ってみてください。


三国志・曹操の評価はなぜ好きと嫌いに大きく分かれるのか?

三国志・曹操の評価はなぜ好きと嫌いに大きく分かれるのか?

三国志では悪役のイメージの強い曹操ですが、評価は大きく分かれます。曹操はヒーローなのでしょうか?それともヒール役なのか?


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。