三国武将の姓(名字)の由来

三国武将の姓(名字)の由来

三国志では姓(名字)を重要視しています。姓(名字)はその人の出自を表すとともに、評価基準のひとつとしても考えられていました。中国の姓(名字)には祖先が住んでいた地名や職業を表す文字が当てられ、戦争時の恩賞としても与えられることがありました。日本の姓(名字)に関する概念は、中国のこれらを真似したものとなっています。


三国志の登場人物と日本人の姓(名字)について

三国志では姓(名字)を重要視しています。たとえば劉備(玄徳)が自己紹介をするときは
「姓を劉、名を備、字を玄徳と申します」と言えば、周りの人々がざわめきはじめ「劉姓ならば、
あなたは漢室(漢の皇族)のご出身ですか?」という質問が飛び交うほどです。
三国志ではこのように姓(名字)はその人の出自を表すとともに、評価基準のひとつとしても考えられていました。そもそも中国における姓(名字)は祖先の出身地、居住地、国名、祖先の名前、動植物、生まれた順序などを表す文字が当てられました。
そして時として姓(名字)は戦争時の恩賞(武功を立てた人が次男三男であったり庶子であった場合、新しい家門を与え、本家として存続させた)としたり、従属した少数民族に与える場合もありました。
日本人に多いと言われる佐藤さん工藤さんは「藤原氏から左官や大工の職業についた人々を表す姓(名字)」だし、青森の津軽藩を代々治めた津軽家は住んでいた地名を姓(名字)としています。
実は日本の姓(名字)は中国の姓(名字)を真似したものだったのです。本記事では三国志に登場する武将たちの姓(名字)の由来について解説します。

劉氏

劉氏は漢の皇帝の姓(名字)です。劉備(玄徳)は前漢第八代皇帝である景帝の八男、中山靖王(王侯の称号)劉勝の末裔だと自称しています。劉は現代中国において最も多いと言われる五大姓(劉、王、陳、張、李)のひとつに数えられており、漢系統の王朝(前漢、後漢、蜀漢、漢趙、北漢、南漢、北宋、南宋)の国姓(皇帝の名字)となっています。
劉氏の起源は三皇五帝時代にまでさかのぼります。帝舜(ていしゅん)に禅譲した帝堯(ていぎょう)の嫡流の子孫が周王朝時代に士大夫となって周王に仕えており田畑や領邑を与えられていました。その地名を劉邑といい。赴任してから姓(名字)を劉としたそうです。

曹氏

曹氏は曹魏の国姓(皇帝の名字)です。曹氏は古代から引き継がれている中国古代姓のひとつで、2系統の起源をもっています。そのひとつは周王朝の開祖武王(姫発)が殷との戦いの後、弟の振鐸(しんたく)を曹(現:河南省)に封じて以来始まり地名の曹を姓(名字)とした曹振鐸の子孫の曹氏。もうひとつは三皇五帝時代の黄帝の子孫で帝舜に仕えた姫晏安(きあんあん)が帝舜から曹(現:河南省)に赴任することを命じられ、地名を姓(名字)として曹晏安と名乗り始めたことによって始まった曹氏があります。曹操(孟徳)の祖父の曹謄は高祖劉邦に仕えた曹参の直系の子孫であり、曹参は後者の曹氏の末裔であると伝えられています。また、曹氏は代々軍や刑務に関する職業に就いたことから法曹(裁判官)や刑曹(処刑執行役員)、工曹(工兵の指揮官)など軍の役職を表す文字としても使われるようになりました。
日本の自衛隊の階級にも曹長、一等~三等陸海空曹という階級があり、これは旧軍の階級である曹長、軍曹などの階級の名残でもあります。

孫氏

孫氏は孫呉の国姓(皇帝の名字)です。呉を建国した孫権(仲謀)、その兄孫策(伯符)と父の孫堅(文台)は「孫子の兵法」でおなじみ孫子(孫武か孫嬪)の末裔であると自称していましたが、孫堅(文台)の父親に関する情報がまったく存在せず、その信憑性はかなり薄いです。孫氏についてもその起源は2通り存在します。「孫」の字は象形文字を組み合わせて作られた文字で、馬を引いている人を象ったものです。馬の飼育や馬の御者を生業とする人々や少数民族が王朝へ服属する際に職業を表す「孫」を姓(名字)として使い始めた孫氏。周の文王が殷の西伯候の任についていた時に、文王の姫昌と同じ姫姓の出身者が孫という地名の土地に赴任し、孫に改姓した孫氏がいます。

張氏

張氏は劉氏と並んで中国においては五大姓のひとつに数えられています。張氏は古代中国で弓を発明した張揮(ちょうき)始祖だと伝えられています。また弓を作る職人や弓を扱う武人がみなこぞって張姓に改姓をしたため、張を姓(名字)とする人々が全国的に広まったとされています。

周氏

周は殷王朝を滅ぼした武王こと姫発(きはつ)が建国した周という国名が起源です。周の末期になると家臣や弟たちが建国したほかの国々よりも衰えてしまい、中国全土に約180の国々が乱立した春秋戦国時代へと突入しました。国が分裂した後も周王朝の正当性を主張する者たちが集まって引き継いだ周は約180の国々のなかのひとつとして存在し続けました。しかし、戦力は乏しかったようで、春秋戦国時代の中期には他国から侵略を受けて滅ぼされてしまいました。その周の出身の人々が周と名乗り始めたのが周氏です。

李氏

李氏は中国の五大姓のひとつで、唐の国姓(皇帝の名字)でもあります。李氏には曹操(孟徳)に仕えた李典や秦の始皇帝に仕え人気漫画キングダムの主人公である李信(りしん)、大唐帝国を建国した李世民(りせいみん)らがいます。李氏は春秋戦国時代に存在した爵位や官職名である「李」を姓として用いたのが始まりです。

諸葛氏

諸葛氏はもともと葛氏を名乗っていました。その葛氏から分家した者が諸という領邑に赴任することを命ぜられ移住した際、本家の葛氏と区別するために地名を頭につけて諸葛と改姓したのが始まりと言われています。

于氏

于氏は中国神話に登場する炎帝の子孫が始祖だと言われています。三国志に登場する于氏は五斗米道の教祖で知られる于吉という道士や曹操(孟徳)に古くから仕えた于禁がいます。

丁氏

丁氏は周王朝建国時に文王と武王、成王の親子三代にわたって仕えた周の宰相である太公望(太公望は尊称:本名は呂望や姜子牙とも)の一族から分家した者が名乗り始めた姓(名字)です。三国志に登場する丁氏は孫呉の将軍として孫権(仲謀)に仕えた丁奉や曹操(孟徳)の側室である丁夫人などがいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
三国志に登場する武将たちの姓(名字)の由来について解説してきました。ちなみに欧米諸国で名乗られている姓(名字)も祖先の職業や居住地、偉大な祖先の子孫を表す単語が使われています。たとえば、カーペンター(大工さん)やジャクソン(ジャックさんの子孫)などです。姓(名字)に関する概念は「その人の家門を表す文字や言葉」が使われるということで万国共通であるみたいです。
あなたの姓(名字)の由来も調べてみると、あなたの祖先の職業や居住地を知ることができるはずです。

関連するキーワード


三国志 結婚

関連する投稿


三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志の舞台である中国と日本は古くから交流がありましたが、三国志がいつ、どのようにして日本に伝えられたのかは日本史、世界史の授業では誰も教えてくれません。それでは三国志がいつ、どのようにして日本に伝らたのかを解説していきます。


千差万別な三国志の楽しみ方の実例

千差万別な三国志の楽しみ方の実例

三国志は私たちに楽しさを与えてくれます。三国志の楽しみ方は人それぞれ、それこそ千差万別の楽しみ方がありますので、三国志ファンの方々がどのようにして三国志を楽しんでいるのかその実例を本記事のテーマとします。


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

三国志の世界にはあまり表立って語られていないマイナーなエピソードがいくつも存在しています。その中には思わずクスッと笑ってしまいそうなものも隠されているはずということでネット上に落ちているマイナーエピソードや噂などをまとめてみます。


三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

名医。それは最高の医者におくられる最高の称号でありますが、三国志の時代にも名医と呼ばれる医者がおりました。あまり多くの人には知られてはいませんが、彼の名前は華佗元化と言います。今回はそのスーパードクター華佗元化について紹介したいと思います。


最新の投稿


三国志から影響を受けた偉人たち

三国志から影響を受けた偉人たち

三国志の登場人物たちは古くから人々の憧れの的であり、武士の鏡、そして漢とはこうあるべきと彼らの生き方を人生の道しるべにしてきた人々は数え切れないほどいます。本記事では三国志から影響を受けた偉人たちについて紹介しましょう。


曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

曹操(孟徳)を寝込ませてしまった左慈(元放)仙人の奇妙な話

漢中平定を成し遂げ、さらに大乱戦の末、降伏には至らなかったものの呉に毎年貢物を献上させることを約束させた曹操(孟徳)は、216年に魏王を名乗ります。献帝が健在であるにも関わらず、その勢力はまさに日の出。いよいよ益州(蜀)を攻略すれば天下統一も目前…というところまで来ました。しかし、そんな曹操(孟徳)の前に奇妙な人物が現れ、次々に不思議な出来事が起こります。曹操(孟徳)にとっては吉兆かはたまた凶兆か…見て行きましょう。


もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

もっと知ってほしい三国志後半の登場人物

三国志を知らない人でも劉備(玄徳)、諸葛亮(孔明)、曹操(孟徳)と言った名前は聞いたことがあると思います。しかし彼らは三国志の前半の方の登場人物で、特に諸葛亮(孔明)が死んでからは「そこで三国志が終わった」と思っている人もいることでしょう。ここでは三国志後半に出てきて、特に覚えておいてほしい登場人物について紹介したいと思います。


晋VS呉 三国の統一へ

晋VS呉 三国の統一へ

魏・呉・蜀漢が100年近くも争い続けた三国志も、蜀漢が滅び、魏は晋に禅譲し、残るは呉のみ。最後は呉が武帝(司馬炎)率いる晋に滅ぼされ、中国が統一されて終わります。これは正史でも演義でも同じです。最後の舞台となった晋と呉の決戦はどのように繰り広げられていったのでしょう!?


三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志・もしもこの二人が激突していたら!?夢の対決を想像してみよう

三国志夢の対決「趙雲VS張遼」、「周瑜VS陸遜」、「曹操VS諸葛亮(孔明)」が実現した場合を想像してお伝えしていきます。