【武将考察】劉封、そのはかなき宿命-上庸攻防戦

【武将考察】劉封、そのはかなき宿命-上庸攻防戦

上庸攻防戦と劉封についてとりあげます。上庸で繰り広げられた戦いを紐解くとともに、劉封の人柄やライバル孟達からみた劉封などについて考えてみたいと思います。


戦いの流れ(前)

219年は劉備(玄徳)にとって激動の年でした。
1月に劉備(玄徳)は、定軍山の戦いで魏の宿将・夏侯淵を討ち取り、漢中を掌握します。
つづく曹操の本軍との戦いにも勝利した劉備(玄徳)は、7月には漢中王を名乗ります。
同じ年、劉備(玄徳)は孟達に命じて上庸を攻撃させます。漢中と荊州の中間に位置する上庸は、戦略拠点として奪うべき地でした。このとき、あとから孟達の援軍に差し向けられたのが劉封です。劉封は劉備(玄徳)の養子ですから、孟達より上位の指揮者なので孟達は、不服だったことでしょう。
一方、荊州を任されていた関羽は、8月に魏の襄陽をせめ、ついで樊城を囲みます。しかし、この間に呉の呂蒙は荊州を奪取し、孤立した関羽は麦城に籠城します。
関羽の援軍要請が劉封のもとに届くのですが、劉封は孟達の進言により援軍を拒みます。結果、関羽敗死という結末を迎えました。

戦いの流れ(後)

関羽を見殺しにした――関羽の死によりもたらされた蜀の歪みは、孟達を魏に走らせることになります。劉備(玄徳)から討手を命じられた劉封は、5万の兵を率いてこれを追います。
襄陽郊外で、ふたりは敵味方として再会します。このとき孟達は劉封に書簡をおくり、利害を解いて魏への投降を勧めます。
そのまま蜀に残ったところで、劉備(玄徳)の嗣子は長男の阿斗であり、劉封は疎まれざるをえない。それならばともに魏に降ろうではないか、と。
劉封は、孟達の使者を切り捨て、孟達めざし討って出ますが、徐晃・夏侯尚らの軍勢に挟撃され、敗退。さらに上庸をも奪われ成都に帰還することとなります。
劉備(玄徳)は、群臣の目を気にした部分もあったでしょう。我が子だけ特別扱いはできないと死罪を言い渡します。

劉封の人柄

劉封は、もと羅候寇氏の息子で寇封と名乗っていましたが、劉章の下で新野時代を過ごしていた劉備(玄徳)に見初められ養子となりました。
養子になる時期ですが、正史では阿斗誕生前、演義では阿斗誕生後となっています。共通するのはこの養子縁組により後継者争いの芽がしょうじていた、ということです。

劉封の戦ぶりは従順そのもので、つねにそつなく作戦を遂行していますが、あまり大局観をもって戦っていたようには見えません。孟達に従い関羽の使者を帰してしまったことも、一つには臨機応変に弱いところがあったからでしょう。
もちろん武将としては並み以上なんだろうと思うのですが、いまひとつ豪傑でもなければ知略に長けているでもない。人柄もすごく平凡な感じがしますね。凡将というか。暗愚とまではいいませんけど。

その劉封ですが、正史だと最期に言葉を残しています。それは、孟達の進めに乗らなかったのが悔やまれる、というものでした。
大人しく切られてしまう演義とはまた趣の違う最期になっています。

孟達からみた劉封

孟達自身は、おそらく理論派で自信家だったのでしょう。正史での彼は蜀を去るときも劉備(玄徳)に手紙で別れを奏上し、魏に降ったあと劉封を誘う際にも懇々と手紙で利害を諭しています。
これは別に劉封の身を案じて、というものではなく魏に属してからの手柄としたかったのではないかと考えられます。
そもそも孟達と劉封の関係はそれほど良好ではありませんでした。
上庸に侵攻した孟達軍の援軍として派遣された劉封ですが、位は劉封の方が上ですから、孟達にしたらバカバカしい話だったでしょう。
どんなに奮戦したところで、手柄は上官の劉封のものです。関羽の援軍要請にしても、もし劉封がそちらに向かえば孟達だけで上庸は維持できず、かといって関羽救援に向かえばこれまた功績は関羽と劉封のものです。
その孟達からみた劉封は、おそらく歪んだ、血気のみ盛んで偽善者ぶっている若造に見えたに違いありません。

誰かに似ている?劉封の最期

それにしても、劉封最期のシチュエーションって誰かに似ていませんか?
個人的な感覚かもしれませんが、漢の高祖つまり劉邦配下の大元帥・韓信に似ているような気がして仕方ありません。
韓信もまた、側近の蒯通から謀反を勧められますが、これを断っています。
しかし、結局は蒯通の言ったとおり、楚を滅ぼし天下を統一した漢にとって危険な存在となった韓信は殺される――そんなはかない宿命を負っていました。韓信もまた蒯通の言葉に従わなかったことを後悔しています。
劉封と韓信とでは存在感や能力は比べるべくもありませんが、劉封もまた国を二分しうる立場にいたことには違いありません。

もし劉封が生き残ったら、蜀はどうなったか

もし劉封が生き残っていた場合は、どのようなシナリオが待っているのでしょうか。
関羽救援に成功した場合と関羽敗死の場合とに分けて想像してみます。

・関羽救援に成功した場合
麦城の関羽救援に成功した劉封は、呂蒙軍の包囲を突破しつつひとます荊州を放棄して漢中方面に撤退します。
漢中からは関羽救援軍がおこされ、劉備(玄徳)・孔明を主力とした蜀軍と合流し、大勢を立て直します。
荊州を奪還できたかどうかは微妙ですが、劉備(玄徳)の後継争いが始まることは明らかです。
劉封の思惑とはべつなところで、阿斗派と劉封派とにわかれたことでしょう。蜀分裂の危機ですね。

・関羽敗死の場合
孟達はやはりあの性格から、魏に走るでしょう。上庸を奪われた劉封が仮に死罪を免れたとします。
この場合、やはり劉備との養子関係は解消させられたのではないでしょうか。少なくとも後継資格は剥奪されるべきです。
劉封そのものに野心があまり感じられないので、あとは一武将として孟獲討伐やら北伐に参加したのではないでしょうか。
次第に人材不足になっていく蜀軍の中では台頭はしたかもしれませんが、五虎将軍のような存在にはなれなかったように思います。

まとめ

以上、劉封と孟達の上庸での攻防戦を中心に、劉封の人柄などについてついてまとめてみました。
根はすごくいいやつなのに、なんか歯車が狂ってしまって可哀想なことになる人っていますよね。劉封はそんな青年だったのではないかなと思います。
英雄すぎないところが等身大の若者と言えるのでしょうが、その劉備(玄徳)の養子となってしまったために背負った宿命は、あまりにもはかないものでした。

関連するキーワード


劉封 関羽

関連する投稿


三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころ 壮絶な一騎討ちの名場面

三国志演義の見どころは武将たちの駆け引きもあります。戦場での一騎討ちや智謀の計略など、胸躍る場面が多く演出されています。漫画やゲーム、小説などでも人気の三国志演義において、一騎討ちはいくつも登場しますが、有名な戦いを時代背景とともにみていきましょう。


歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

歴戦の猛将【張遼】正史や演義の影響で大人気の武将

三国志を題材にしたゲームには史実だけでなく演義が影響して能力値が振り当てられていることが多く、蜀の中心人物である諸葛亮や関羽、趙雲は恐ろしい能力値となっています。一方で魏に登場する張遼はずば抜けてはいないものの、すべての平均値が高くて、配下にしたい武将となって大人気となっています。そんな張遼はどのような武将だったのでしょうか。


三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には感動エピソードがいっぱい!泣ける話5選を紹介!

三国志には、様々なエピソードがあります。勇猛果敢なエピソードや笑えるエピソードなど多岐にわたるのです。もちろん、泣けるような感動的なエピソードもあります。そこで今回は、三国志の感動的なエピソードについて紹介していきます。


最期まで忠義に厚かった猛将【ホウ徳】

最期まで忠義に厚かった猛将【ホウ徳】

馬騰・馬超親子や曹操の配下として活躍し、関羽と激闘を繰り広げたホウ徳。最期まで忠誠を貫き、曹操に涙を流させたほどの名将です。ここではホウ徳の武勇と戦いの軌跡を紹介していきます。


三国志に登場する仙人が凄い!でも仙人ってどんな人なの?

三国志に登場する仙人が凄い!でも仙人ってどんな人なの?

三国志の時代には、様々な仙人が登場します。代表的な仙人と言えば、左慈や于吉などが有名ではないでしょうか。とは言え、三国志好きの方も「仙人ってどんな人なの?」「そもそも人なの?」などの思うのではないでしょうか。そこで今回は、三国志に登場する仙人について詳しく紹介していきます。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。