三国志・三国志の英雄と日本の戦国武将のそっくりさん

三国志・三国志の英雄と日本の戦国武将のそっくりさん

三国志と日本の戦国時代には似ている英雄が存在します。誰と誰が似ているのか、どんな点が似ているのかご紹介いたします。


三国志と日本の戦国時代

三国志が2世紀後半から3世紀後半なのに対して、織田信長や豊臣秀吉が活躍した日本の戦国時代(安土・桃山時代)は16世紀になります。時代はかなり離れていますが、個性豊かな英雄たちが割拠して争ったという舞台は同じですね。
はたして登場する英雄たちにも似た者同士はいるのでしょうか。今回は、三国志と日本の戦国武将のそっくりさんを探していきましょう。

三国志の主役である曹操のそっくりさん

三国志の主役であり様々な分野でその才能を発揮したのが「曹操」です。
戦略面や謀略面、政治面だけでなく、漢詩などの芸能面、敵であっても能力のある者を重く用いる人事面、そこには既存の常識にとらわれることなく革命的で自由奔放な曹操独特の姿が見られます。
共通項が多いのは日本の戦国武将では「織田信長」ではないでしょうか。
その一つは人々の固定観念を打ち破る発想と実行力です。さらに木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)のような身分の低い者でも実力主義で起用し、出世させている点も似ていますね。そして、外交におい四方八方を敵に回してもなかなか同盟を結ぼうとしない点もそっくりです。敵対勢力に対して大虐殺を行ったという経歴も類似していますね。

三国志演義の主役である劉備(玄徳)のそっくりさん

人望と仁徳によって、むしろ売りの身の上から蜀漢の皇帝に即位したのが「劉備」(玄徳)です。軍師である諸葛亮を三顧の礼で迎えています。最終的には諸葛亮の忠告を無視する形で孫権を攻めて大敗しました。後継者に実子の劉禅を指名しており、養子の劉封は後顧の憂いを断つために処刑しています。
状況がそっくりなのは農民から関白にまで登りつめた「豊臣秀吉」でしょうか。主君が滅びて浪人の境遇となった竹中半兵衛を、まさに三顧の礼で迎えています。後継者に実子の豊臣秀頼をすえるために、関白であった養子の豊臣秀次を処刑しています。最後は無益な朝鮮出兵を敢行して多くの損失を生んでいます。

呉を建国した孫権のそっくりさん

孫権の家臣団といえば江東の名士の連合ですね。家臣には孫権に匹敵する統率力や発言力を誇る周瑜や張昭がいました。特に張昭は孫権に対して歯に衣を着せぬ物言いで主張することが多かったようです。大喧嘩を繰り広げたこともあります。
戦国武将で似ているのは「徳川家康」でしょうか。家臣の三河武士も頑固者がそろっていましたし、実際に一揆に加わって徳川家康に逆らった者もいます。軍師役の本多正信がまさにそれに該当しますね。一度は出奔し、後に許されて徳川家康のもとに帰参しています。
孫権は合肥攻めでは張遼に追い立てられて命からがら逃げ延びていますが、武田信玄に敗北した際の徳川家康も同じように必死に逃げて一命をとりとめました。

三国志の後半の主役である諸葛亮のそっくりさん

劉備(玄徳)に三顧の礼で迎えられた諸葛亮は、見事に天下三分の計を実現させ、劉備(玄徳)の勢力を拡大しました。諸葛亮抜きで、蜀漢の建国は成し得なかったことでしょう。
日本の戦国武将では誰でしょうか。知略に優れ、物腰も柔らかといえばやはり「今孔明」の異名を持つ「竹中半兵衛」ですね。活躍についての詳細はフィクションの要素も多いといわれていますが、軍略だけでなく将来を見通す目も超一流でした。最期が陣中で病没という点も諸葛亮との共通点になりますね。
できれば竹中半兵衛にももっと活躍してほしかったのですが、残念ながら若くして亡くなっています。彼が長命であり、豊臣秀頼を補佐していれば歴史はかなり変わったのではないでしょうか。

三国志最強の呂布のそっくりさん

奉天画戟を手にして赤兎馬に乗って縦横無尽に戦場を駆け回る三国志最強の「呂布」。
このそっくりさんを探すのは難しいですね。何せ呂布は二度も主君を裏切り、その手にかけています。
ここはかなり意見が分かれるところでしょう。性格的には美濃のマムシと呼ばれた「斉藤道三」が似ているような気がしますね。斉藤道三は武勇の腕前もなかなかのものだったそうですが、さすがに呂布と同格とはいえません。
武勇からすると名槍・蜻蛉切を手に、愛馬・三国黒に乗って活躍した「本多忠勝」かな、と思いますね。無敵を誇る本多忠勝は戦場に臨んで生涯一度も傷を負わなかったと伝わっています。織田信長にも豊臣秀吉にも、最強と謳われた武田軍からも高い評価を受けました。
ドンピシャのそっくりさんは見つけられませんでした。

死後、神として祀られた三国志の関羽のそっくりさん

呂布に匹敵するほどの武勇を誇り、さらに忠義に篤かったのが「関羽」です。
荊州の司令官として曹操の領土を攻めた際には、曹操に遷都も検討させたほどのプレッシャーを与えています。受けた恩義をしっかり返すのも関羽の魅力で、赤壁の戦いに敗れて落ちていく曹操を見逃したのも関羽でした。以前の借りを返したのです。
この圧倒的な存在感を持つ日本の戦国武将といえば「上杉謙信」ではないでしょうか。野心よりも義に篤く、長く敵対していた武田勢の困窮に手を差し伸べたのも上杉謙信でした。敵に塩を送るという言葉の由来ですね。織田信長は上杉謙信の上洛を恐れて贈り物をして機嫌を取り、一方で安土城を建築して備えました。かなりのプレッシャーを感じていたようです。

まとめ・意外にそっくりかも

こうしてあげてみると意外に共通点が多くて驚きました。こじつけではなく「曹操」「劉備」
(玄徳)「孫権」は、「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」に似ていると思いますね。呂布は難しかったです。ここは異論も多くあるでしょう。
他にも三国志の英雄には「周瑜」がいます。日本の戦国武将で似ているのは「毛利元就」でしょうか。寡兵ながら謀略と水軍を駆使して陶晴賢を破った厳島の戦いは、まさに曹操の大軍を周瑜が破った赤壁の戦いさながらです。
四世三公の名門「袁紹」は、日本の戦国武将だと「今川義元」でしょうか。袁紹は大軍を率いながら烏巣の兵糧拠点を襲撃されて曹操に大逆転されてしまうのですが、今川義元も大軍を率いながら織田信長に桶狭間で急襲されて敗れています。
探していくとまだまだそっくりさんはいそうですね。
「武田信玄」や「伊達政宗」のそっくりさんもいるのでしょうか。

関連するキーワード


三国志 日本

関連する投稿


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

三国志の世界にはあまり表立って語られていないマイナーなエピソードがいくつも存在しています。その中には思わずクスッと笑ってしまいそうなものも隠されているはずということでネット上に落ちているマイナーエピソードや噂などをまとめてみます。


三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

名医。それは最高の医者におくられる最高の称号でありますが、三国志の時代にも名医と呼ばれる医者がおりました。あまり多くの人には知られてはいませんが、彼の名前は華佗元化と言います。今回はそのスーパードクター華佗元化について紹介したいと思います。


三国志入門!どんな媒体から勉強すれば良いの!?

三国志入門!どんな媒体から勉強すれば良いの!?

これから三国志を勉強し始める人はなにから勉強すればよいのかわからないかと思います。そこで様々な媒体がある三国志ですが、勉強しやすい媒体などを紹介していきたいと思います。


三国武将単体ならば誰が最強!?個人的にランキングをつけてみた。

三国武将単体ならば誰が最強!?個人的にランキングをつけてみた。

三国志の世界には魏、呉、蜀がありそれぞれには当然武勇に優れた人物も多くいます。今回は独断と偏見で強いと思う武将を紹介していこうと思います。それでは三国志最強の武将の待つ世界へ!レッツ三国!!!


最新の投稿


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


赤壁の戦いの真実

赤壁の戦いの真実

三国志の中で最大の合戦と言われる「赤壁の戦い」。演義では諸葛亮の圧倒的な才覚の前に周瑜や魯粛もタジタジで曹操がコテンパンにやられます。ですが、東南の風を人為的に起こしたり関羽が曹操を見逃すのを見越したりと流石に現実的にはちょっと・・・というシーンも多々あります。正史の赤壁の戦いは一体どうだったのでしょうか?


三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志の登場人物たちの名前は「姓」「諱」「字」に分けられますが、「姓+諱+字」で表記することは間違っているのでしょうか?


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

諸葛亮(孔明)と同等かそれ以上の才能を持つとも言われた龐統(士元)。赤壁の戦いの頃から三国志に登場しますが、その才能を十分に発揮することなくこの世を去ってしまいます。短くも深く色濃い生涯となる「龐統(士元)の三国志」を見て行きます。


https://sangokushirs.com/articles/196