もしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったら

もしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったら

三国志演義ではお馴染みの蜀の5人で構成された五虎大将軍ですが、実際どのくらい強かったんでしょうか?今回はちょうど5人ということからもしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったらという名目でそれぞれにスーパー戦隊の役割を加えてみようと思います。


趙雲レッド~正義感が強い主人公はこいつだ~

プライドの高い関羽雲長を差し置いてスーパー戦隊の主人公と言われるレッドには趙雲子龍を任命したいと思います。決め手は多くの作品で主人公的な立ち位置で描かれているのと熱血漢で正義感が強いという点からイメージでもっともあっているという個人的な判断をさせていただきました。

目立ちたがり屋の関羽雲長さんからしてみればこの決定は面白くないので拗ねてしまいそうですが、そこはしっかりと後程フォローさせていただきますので心配ご無用です。とはいえやっぱり決め手になったのは絵面的に趙雲子龍ってどうしてもイケメンピジョンなのでチームの顔として相応しいということかなぁと思います。

常日頃、強くなるために鍛錬している姿がスマートな努力というよりも汗臭い努力だなんてイメージにも思えるってのは子供たちにとってもヒーロー的ポジションに置くには欠かせない人物だということを改めて認識しました。がんばれ!趙雲レッド!!!

関羽ブルー~冷静沈着かつ寡黙な実力者~

スーパー戦隊では無鉄砲なレッドを冷静に支える副リーダー的なポジション。最後まで趙雲子龍と関羽雲長のどっちがレッドでどっちがブルーか悩みましたが趙雲子龍をレッドにし、関羽雲長をブルーとすることに決めました。

関羽雲長の性格からして冷静沈着とは呼べませんし、自分のことを強いと思ってしまうほどプライドが高い性格をしているのでイメージと違うと思う方もいるかとは思いますが、そんなこたぁどうでもいいんです。決め手になったのは年齢と寡黙なイメージです。

なんか髭も生えてますし、見た目からして口数少なそうなイメージじゃないですか。実際は趙雲子龍の方が冷静沈着だっていう声も聞こえそうですけどどう見たって趙雲子龍さんより年上そうなので此処は関羽雲長さんに大人の男性として支えて欲しいという願望があってブルーにしました。

それから刀の名前が青龍偃月刀ですからね。青ってついちゃってるわけですし、ここはもうブルーでいっちゃってほしいわけです。ただ本当に関羽雲長さんがどうしてもレッドが良いって駄々こねるならきっと趙雲子龍さんは譲ってくれますよ。

張飛イエロー~芸人タイプの三枚目で食いしん坊~

場を盛り上げるひょうきんな芸人タイプにして、食いしん坊な三枚目イメージの強いイエローには張飛翼徳さんを指名したいと思います。5人の中ではもっとも食いしん坊そうですし、三枚目そうですし、やっぱり太ってるイメージが強いんですよね。

実際は勇猛果敢な武将で格好良いわけなんですが、その武勇はというと一万の兵に匹敵するほどだとか、とはいえ義兄の関羽雲長さんと比べてしまうと格下になってしまうという残念なエピソードつきなわけです。

沢山食べて沢山大きくなって関羽ブルーさんに負けないイエローになってほしいものですね。あと周囲の4人が冗談がいかにも通じなさそうな人たちなのでお酒飲んでも構わないので盛り上げ役に徹してほしいという願望もあります。とにかくそんなわけでイエローは完全イメージで張飛翼徳さんしかいないでしょう。

馬超グリーン~調和を好む謙虚な平和主義者~

場を和ませてしまうグリーンに何と馬超孟起を任命。協調性の高いポジションですが果たして向いているのでしょうか?向いているか向いていないかは置いておいても馬超孟起は何となくグリーンです。史実によれば金持ちのボンボンのお坊ちゃん気質であったなんてのはあるらしいですが本当にそうだったんですかね?

あまり蜀に入ってからは大きな手柄はあげてはいませんが、錦の馬超なんていうあだ名がつくほどその武勇は優れていたと言われています。活躍できていないのはどうやら蜀に入ってからの期間が短いことと、大きな戦が無かったことにあるようです。

曹操をあと一歩のところまで追いつめてしまうほど恐ろしかった馬超孟起ですが、実は腰が低く立派な人物であったとされています。つまり人柄は関羽雲長のようにプライドが高くわがままとは対照的にかなり空気の読める大人な男性だったということです。

そうすると何となく馬超孟起がグリーンのような気がして来ませんか?戦いのときは戦いですが、普段は人柄の良いやさしい人物だなんてイメージが何となくできあがりました。馬超グリーンには頑張ってほしいですよね。



黄忠ピンク~爺一点・長生きが故に孤独と引き換えに全てを失った老将~

ピンクといえばスーパー戦隊でいう女の子のポジションなわけですが、黄忠漢升を任命します。別にこれといった女性要素があるとかってわけでもないのですが、他に桃レンジャーをしてくれる武将も見当たらないと思うのでお爺ちゃんに全てを託しましょう。

五虎大将軍の一人として数えられる黄忠漢升ですが、蜀に仕えた時には皆さんも知るようにかなりの高齢だったと言われています。関羽雲長には老いぼれと同列に数えられるのは心外と言われたほどであったためにかなり年上だったのではと考えられています。

意外と知られてはいませんが、その人生の後期は孤独だったと言われています。というのも息子に先立たれ、妻に先立たれと自分だけが長生きしてしまったが故に生きている間に様々なものを失っていったわけです。息子には子孫がいなかったために、黄忠が亡くなった時点で一族は途絶えてしまいます。

何となくピンクに指名してみましたが、皆さんはどう思いますか?黄忠漢升に同情しましたか?年老いても元気な老将というイメージが少しだけ無くなったというのが僕の印象です。何はともあれ黄忠漢升にはもう一花咲かせてほしいですよね。できれば桃色の花を!

まとめ

今回はもしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったらというもしもシリーズでしたがいかがでしたでしょうか?人気のある蜀の武将たちがスーパーヒーローになれば三国志人気もうなぎのぼりかもしれませんよね。

実際、題材にしてスーパー戦隊をつくろうという案が無いのが逆に不思議で仕方がありません。三国志の武将の力を受け継いだヒーローなんていう設定。格好良くないですか?何と戦えばいいのかがよくわかりませんが、きっとヒットすると思いますよ。最後まで読んでくださってありがとうございました。

関連する投稿


呂布・司馬懿だけじゃない!蜀漢の裏切り者たち

呂布・司馬懿だけじゃない!蜀漢の裏切り者たち

三国志演義代表の裏切り者といえば呂布や司馬懿でしょう。しかし、離反した人物は蜀でも少なからずいます。裏切り者たちは主に対し、どのような不満を抱いていたのでしょうか?彼らのその後と共に見てみましょう。


一発逆転の鄧艾の戦略と日本陸軍のインパール作戦に相違点はあるのか

一発逆転の鄧艾の戦略と日本陸軍のインパール作戦に相違点はあるのか

不可能を可能にし、形勢を一気に変える険峻な山岳地帯を踏破しての侵攻。三国志では鄧艾の蜀侵攻が有名ですし、日本陸軍ではインパール作戦が有名です。相違点について見ていきましょう。


【三国志with日本史】その頃日本は…〇〇があった(1)

【三国志with日本史】その頃日本は…〇〇があった(1)

三国志のストーリーはお隣中国が天下大乱を迎えたところから始まり、約1世紀をかけて司馬炎が興した晋に統一され絶筆します。実は我が国でも同時期は大小の国や跡目争いが起きていた乱世で、のほほんと弥生土器を作っていた訳ではありませんでした。


関羽が惚れた馬!赤兎馬ってどんなところが凄いの?

関羽が惚れた馬!赤兎馬ってどんなところが凄いの?

元々は呂布奉先の持ち物で、関羽雲長が魏に理由あって下ったときに曹操孟徳から贈られたものがいくつかありますが、その中で関羽雲長が最も喜んだのが赤兎馬でした。しかし、赤兎馬って普通の馬とどう違うのでしょうか?気になったのでそのあたりについて迫ってみました。


三国志・三国志の英雄と日本の戦国武将のそっくりさん

三国志・三国志の英雄と日本の戦国武将のそっくりさん

三国志と日本の戦国時代には似ている英雄が存在します。誰と誰が似ているのか、どんな点が似ているのかご紹介いたします。


最新の投稿


呂布・司馬懿だけじゃない!蜀漢の裏切り者たち

呂布・司馬懿だけじゃない!蜀漢の裏切り者たち

三国志演義代表の裏切り者といえば呂布や司馬懿でしょう。しかし、離反した人物は蜀でも少なからずいます。裏切り者たちは主に対し、どのような不満を抱いていたのでしょうか?彼らのその後と共に見てみましょう。


【三国志with日本史】その頃日本は…〇〇があった(3)

【三国志with日本史】その頃日本は…〇〇があった(3)

本記事は三国志と日本古代史でおきた主なできごとを同時進行でご紹介しています。「三国志で○○の戦いがあったとき、日本では○○があった」の形式でお送りするので、ぜひご一緒に両国の歴史をおさらいしましょう。


呉の切り込み隊長! 戦闘力が高い【甘寧】

呉の切り込み隊長! 戦闘力が高い【甘寧】

呉において、一番戦闘力が高い武将といえば、甘寧を挙げる三国志ファンも多いでしょう。ゲームなどでは実際に武力が高く、呉を攻めるとラスボスのように立ちふさがります。甘寧は魏の張遼や蜀の関羽並みに評価されており、史実でも呉の窮地を救った英雄となっています。そんな甘寧をここで紹介していきましょう。


三国志・慈愛と嫉妬が入り混じる後宮での闘争劇『呉編』

三国志・慈愛と嫉妬が入り混じる後宮での闘争劇『呉編』

陰湿な権力闘争が繰り広げられる「後宮」。ここはまさに女性たちの戦場です。今回は呉の後宮の様子についてお伝えしていきます。そこにはまさかの「あの英雄」の娘も登場します。


男が惚れる豪傑・太史慈(子義)の魅力

男が惚れる豪傑・太史慈(子義)の魅力

三国志でも最強の一人と謳われた太史慈子義は特に弓の名手として名を馳せていました。彼の武勇伝や生きざまは見事としか言いようがなく、三国志ファンの中で一番好きという人も少なくありません。そんな太史慈子義の魅力について紹介します。


https://sangokushirs.com/articles/196