もしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったら

もしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったら

三国志演義ではお馴染みの蜀の5人で構成された五虎大将軍ですが、実際どのくらい強かったんでしょうか?今回はちょうど5人ということからもしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったらという名目でそれぞれにスーパー戦隊の役割を加えてみようと思います。


趙雲レッド~正義感が強い主人公はこいつだ~

プライドの高い関羽雲長を差し置いてスーパー戦隊の主人公と言われるレッドには趙雲子龍を任命したいと思います。決め手は多くの作品で主人公的な立ち位置で描かれているのと熱血漢で正義感が強いという点からイメージでもっともあっているという個人的な判断をさせていただきました。

目立ちたがり屋の関羽雲長さんからしてみればこの決定は面白くないので拗ねてしまいそうですが、そこはしっかりと後程フォローさせていただきますので心配ご無用です。とはいえやっぱり決め手になったのは絵面的に趙雲子龍ってどうしてもイケメンピジョンなのでチームの顔として相応しいということかなぁと思います。

常日頃、強くなるために鍛錬している姿がスマートな努力というよりも汗臭い努力だなんてイメージにも思えるってのは子供たちにとってもヒーロー的ポジションに置くには欠かせない人物だということを改めて認識しました。がんばれ!趙雲レッド!!!

関羽ブルー~冷静沈着かつ寡黙な実力者~

スーパー戦隊では無鉄砲なレッドを冷静に支える副リーダー的なポジション。最後まで趙雲子龍と関羽雲長のどっちがレッドでどっちがブルーか悩みましたが趙雲子龍をレッドにし、関羽雲長をブルーとすることに決めました。

関羽雲長の性格からして冷静沈着とは呼べませんし、自分のことを強いと思ってしまうほどプライドが高い性格をしているのでイメージと違うと思う方もいるかとは思いますが、そんなこたぁどうでもいいんです。決め手になったのは年齢と寡黙なイメージです。

なんか髭も生えてますし、見た目からして口数少なそうなイメージじゃないですか。実際は趙雲子龍の方が冷静沈着だっていう声も聞こえそうですけどどう見たって趙雲子龍さんより年上そうなので此処は関羽雲長さんに大人の男性として支えて欲しいという願望があってブルーにしました。

それから刀の名前が青龍偃月刀ですからね。青ってついちゃってるわけですし、ここはもうブルーでいっちゃってほしいわけです。ただ本当に関羽雲長さんがどうしてもレッドが良いって駄々こねるならきっと趙雲子龍さんは譲ってくれますよ。

張飛イエロー~芸人タイプの三枚目で食いしん坊~

場を盛り上げるひょうきんな芸人タイプにして、食いしん坊な三枚目イメージの強いイエローには張飛翼徳さんを指名したいと思います。5人の中ではもっとも食いしん坊そうですし、三枚目そうですし、やっぱり太ってるイメージが強いんですよね。

実際は勇猛果敢な武将で格好良いわけなんですが、その武勇はというと一万の兵に匹敵するほどだとか、とはいえ義兄の関羽雲長さんと比べてしまうと格下になってしまうという残念なエピソードつきなわけです。

沢山食べて沢山大きくなって関羽ブルーさんに負けないイエローになってほしいものですね。あと周囲の4人が冗談がいかにも通じなさそうな人たちなのでお酒飲んでも構わないので盛り上げ役に徹してほしいという願望もあります。とにかくそんなわけでイエローは完全イメージで張飛翼徳さんしかいないでしょう。

馬超グリーン~調和を好む謙虚な平和主義者~

場を和ませてしまうグリーンに何と馬超孟起を任命。協調性の高いポジションですが果たして向いているのでしょうか?向いているか向いていないかは置いておいても馬超孟起は何となくグリーンです。史実によれば金持ちのボンボンのお坊ちゃん気質であったなんてのはあるらしいですが本当にそうだったんですかね?

あまり蜀に入ってからは大きな手柄はあげてはいませんが、錦の馬超なんていうあだ名がつくほどその武勇は優れていたと言われています。活躍できていないのはどうやら蜀に入ってからの期間が短いことと、大きな戦が無かったことにあるようです。

曹操をあと一歩のところまで追いつめてしまうほど恐ろしかった馬超孟起ですが、実は腰が低く立派な人物であったとされています。つまり人柄は関羽雲長のようにプライドが高くわがままとは対照的にかなり空気の読める大人な男性だったということです。

そうすると何となく馬超孟起がグリーンのような気がして来ませんか?戦いのときは戦いですが、普段は人柄の良いやさしい人物だなんてイメージが何となくできあがりました。馬超グリーンには頑張ってほしいですよね。



黄忠ピンク~爺一点・長生きが故に孤独と引き換えに全てを失った老将~

ピンクといえばスーパー戦隊でいう女の子のポジションなわけですが、黄忠漢升を任命します。別にこれといった女性要素があるとかってわけでもないのですが、他に桃レンジャーをしてくれる武将も見当たらないと思うのでお爺ちゃんに全てを託しましょう。

五虎大将軍の一人として数えられる黄忠漢升ですが、蜀に仕えた時には皆さんも知るようにかなりの高齢だったと言われています。関羽雲長には老いぼれと同列に数えられるのは心外と言われたほどであったためにかなり年上だったのではと考えられています。

意外と知られてはいませんが、その人生の後期は孤独だったと言われています。というのも息子に先立たれ、妻に先立たれと自分だけが長生きしてしまったが故に生きている間に様々なものを失っていったわけです。息子には子孫がいなかったために、黄忠が亡くなった時点で一族は途絶えてしまいます。

何となくピンクに指名してみましたが、皆さんはどう思いますか?黄忠漢升に同情しましたか?年老いても元気な老将というイメージが少しだけ無くなったというのが僕の印象です。何はともあれ黄忠漢升にはもう一花咲かせてほしいですよね。できれば桃色の花を!

まとめ

今回はもしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったらというもしもシリーズでしたがいかがでしたでしょうか?人気のある蜀の武将たちがスーパーヒーローになれば三国志人気もうなぎのぼりかもしれませんよね。

実際、題材にしてスーパー戦隊をつくろうという案が無いのが逆に不思議で仕方がありません。三国志の武将の力を受け継いだヒーローなんていう設定。格好良くないですか?何と戦えばいいのかがよくわかりませんが、きっとヒットすると思いますよ。最後まで読んでくださってありがとうございました。

関連する投稿


三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

三国志・動物に例えられる英雄たちの中で、呉の大物・諸葛瑾は何に例えられたのか

虎や龍、鳳凰や狼などに例えられる三国志の英雄たちの中で、呉の大将軍である「諸葛瑾」もまた、特殊な動物に例えられました。はたして諸葛瑾は何の動物に例えられたのでしょうか?


三国志に登場する仙人が凄い!でも仙人ってどんな人なの?

三国志に登場する仙人が凄い!でも仙人ってどんな人なの?

三国志の時代には、様々な仙人が登場します。代表的な仙人と言えば、左慈や于吉などが有名ではないでしょうか。とは言え、三国志好きの方も「仙人ってどんな人なの?」「そもそも人なの?」などの思うのではないでしょうか。そこで今回は、三国志に登場する仙人について詳しく紹介していきます。


三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の登場人物を超端的に紹介するとこうなった

三国志の主な登場人物をどこよりも端的に紹介してみました。個人的見解もありますが、大それたことにはなっていないと思う為「これから三国志を学んでみたい」「三国志のゲームをする上でこの武将はどんな人物か知りたい」と思う人は是非読んでみてください。ここからさらに深く知るきっかけになれば幸いです。


三国志・督郵を滅多打ちにしたのは張飛ではない!?

三国志・督郵を滅多打ちにしたのは張飛ではない!?

三国志前半のターニングポイントになる、「督郵滅多打ち事件」。督郵に暴力を振るったのは張飛とされていますが、実は主犯は他にいるようです。


三国志・三絶のひとつ「奸絶」の曹操のイメージはいかに確立されたのか

三国志・三絶のひとつ「奸絶」の曹操のイメージはいかに確立されたのか

三国志演義では、劉備(玄徳)の最大の敵として君臨する「曹操」。まさに悪の象徴として描かれています。はたして曹操の悪のイメージはどのようにして確立されたのでしょうか?


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。