もしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったら

もしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったら

三国志演義ではお馴染みの蜀の5人で構成された五虎大将軍ですが、実際どのくらい強かったんでしょうか?今回はちょうど5人ということからもしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったらという名目でそれぞれにスーパー戦隊の役割を加えてみようと思います。


趙雲レッド~正義感が強い主人公はこいつだ~

プライドの高い関羽雲長を差し置いてスーパー戦隊の主人公と言われるレッドには趙雲子龍を任命したいと思います。決め手は多くの作品で主人公的な立ち位置で描かれているのと熱血漢で正義感が強いという点からイメージでもっともあっているという個人的な判断をさせていただきました。

目立ちたがり屋の関羽雲長さんからしてみればこの決定は面白くないので拗ねてしまいそうですが、そこはしっかりと後程フォローさせていただきますので心配ご無用です。とはいえやっぱり決め手になったのは絵面的に趙雲子龍ってどうしてもイケメンピジョンなのでチームの顔として相応しいということかなぁと思います。

常日頃、強くなるために鍛錬している姿がスマートな努力というよりも汗臭い努力だなんてイメージにも思えるってのは子供たちにとってもヒーロー的ポジションに置くには欠かせない人物だということを改めて認識しました。がんばれ!趙雲レッド!!!

関羽ブルー~冷静沈着かつ寡黙な実力者~

スーパー戦隊では無鉄砲なレッドを冷静に支える副リーダー的なポジション。最後まで趙雲子龍と関羽雲長のどっちがレッドでどっちがブルーか悩みましたが趙雲子龍をレッドにし、関羽雲長をブルーとすることに決めました。

関羽雲長の性格からして冷静沈着とは呼べませんし、自分のことを強いと思ってしまうほどプライドが高い性格をしているのでイメージと違うと思う方もいるかとは思いますが、そんなこたぁどうでもいいんです。決め手になったのは年齢と寡黙なイメージです。

なんか髭も生えてますし、見た目からして口数少なそうなイメージじゃないですか。実際は趙雲子龍の方が冷静沈着だっていう声も聞こえそうですけどどう見たって趙雲子龍さんより年上そうなので此処は関羽雲長さんに大人の男性として支えて欲しいという願望があってブルーにしました。

それから刀の名前が青龍偃月刀ですからね。青ってついちゃってるわけですし、ここはもうブルーでいっちゃってほしいわけです。ただ本当に関羽雲長さんがどうしてもレッドが良いって駄々こねるならきっと趙雲子龍さんは譲ってくれますよ。

張飛イエロー~芸人タイプの三枚目で食いしん坊~

場を盛り上げるひょうきんな芸人タイプにして、食いしん坊な三枚目イメージの強いイエローには張飛翼徳さんを指名したいと思います。5人の中ではもっとも食いしん坊そうですし、三枚目そうですし、やっぱり太ってるイメージが強いんですよね。

実際は勇猛果敢な武将で格好良いわけなんですが、その武勇はというと一万の兵に匹敵するほどだとか、とはいえ義兄の関羽雲長さんと比べてしまうと格下になってしまうという残念なエピソードつきなわけです。

沢山食べて沢山大きくなって関羽ブルーさんに負けないイエローになってほしいものですね。あと周囲の4人が冗談がいかにも通じなさそうな人たちなのでお酒飲んでも構わないので盛り上げ役に徹してほしいという願望もあります。とにかくそんなわけでイエローは完全イメージで張飛翼徳さんしかいないでしょう。

馬超グリーン~調和を好む謙虚な平和主義者~

場を和ませてしまうグリーンに何と馬超孟起を任命。協調性の高いポジションですが果たして向いているのでしょうか?向いているか向いていないかは置いておいても馬超孟起は何となくグリーンです。史実によれば金持ちのボンボンのお坊ちゃん気質であったなんてのはあるらしいですが本当にそうだったんですかね?

あまり蜀に入ってからは大きな手柄はあげてはいませんが、錦の馬超なんていうあだ名がつくほどその武勇は優れていたと言われています。活躍できていないのはどうやら蜀に入ってからの期間が短いことと、大きな戦が無かったことにあるようです。

曹操をあと一歩のところまで追いつめてしまうほど恐ろしかった馬超孟起ですが、実は腰が低く立派な人物であったとされています。つまり人柄は関羽雲長のようにプライドが高くわがままとは対照的にかなり空気の読める大人な男性だったということです。

そうすると何となく馬超孟起がグリーンのような気がして来ませんか?戦いのときは戦いですが、普段は人柄の良いやさしい人物だなんてイメージが何となくできあがりました。馬超グリーンには頑張ってほしいですよね。



黄忠ピンク~爺一点・長生きが故に孤独と引き換えに全てを失った老将~

ピンクといえばスーパー戦隊でいう女の子のポジションなわけですが、黄忠漢升を任命します。別にこれといった女性要素があるとかってわけでもないのですが、他に桃レンジャーをしてくれる武将も見当たらないと思うのでお爺ちゃんに全てを託しましょう。

五虎大将軍の一人として数えられる黄忠漢升ですが、蜀に仕えた時には皆さんも知るようにかなりの高齢だったと言われています。関羽雲長には老いぼれと同列に数えられるのは心外と言われたほどであったためにかなり年上だったのではと考えられています。

意外と知られてはいませんが、その人生の後期は孤独だったと言われています。というのも息子に先立たれ、妻に先立たれと自分だけが長生きしてしまったが故に生きている間に様々なものを失っていったわけです。息子には子孫がいなかったために、黄忠が亡くなった時点で一族は途絶えてしまいます。

何となくピンクに指名してみましたが、皆さんはどう思いますか?黄忠漢升に同情しましたか?年老いても元気な老将というイメージが少しだけ無くなったというのが僕の印象です。何はともあれ黄忠漢升にはもう一花咲かせてほしいですよね。できれば桃色の花を!

まとめ

今回はもしも三国志演義でお馴染みの五虎大将軍がスーパー戦隊シリーズになったらというもしもシリーズでしたがいかがでしたでしょうか?人気のある蜀の武将たちがスーパーヒーローになれば三国志人気もうなぎのぼりかもしれませんよね。

実際、題材にしてスーパー戦隊をつくろうという案が無いのが逆に不思議で仕方がありません。三国志の武将の力を受け継いだヒーローなんていう設定。格好良くないですか?何と戦えばいいのかがよくわかりませんが、きっとヒットすると思いますよ。最後まで読んでくださってありがとうございました。

関連する投稿


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


「力と力のぶつかり合い」三国志の一騎打ち名場面集4選

「力と力のぶつかり合い」三国志の一騎打ち名場面集4選

三国志を語る上で武将と武将が1対1で正々堂々と槍や刀、戟を打ち合って戦いを繰り広げる一騎打ちはどうしても欠かすことができません。 三国志では一騎打ちがくたびも出てきますが、その中からこれはと思う一騎打ちをピックアップしました。


三国志・職業軍人VS文官官僚 なぜ張飛は劉巴にシカトされてしまったのか

三国志・職業軍人VS文官官僚 なぜ張飛は劉巴にシカトされてしまったのか

武人と文人、三国志には大きく分けてこの2種類の人たちが活躍します。しかし重んじられたは文人の方だったようです。特に印象的なエピソードを交えてお伝えしていきます。


史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】②

史上最高の軍略家! 魏と蜀を蹴散らした天下の豪傑【呂蒙】②

魯粛に認められていく呂蒙は、曹操や関羽とも対決していき、徐々に名を天下に知らしめていきます。孫権からの信頼も厚くなっていくさまは、周瑜にも匹敵する将軍であることを意味していきます。ここでは呉の重鎮となっていく呂蒙をみていきます。


最新の投稿


西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

西涼の強兵 蜀漢を支えた馬一族の台頭

劉、曹、孫一族など皇帝を輩出した一族を筆頭として、三国志ではいくつかの一族が台頭します。曹操(孟徳)によって滅ぼされた袁一族、三国志の最終的な勝者となった司馬一族、そして、西涼から立ち上がり一時は長安を占領した馬一族もそのひとつです。三国志後半の蜀漢において重要な役割を果たす馬一族の活躍ぶりを見て行きます。


赤壁の戦いの真実

赤壁の戦いの真実

三国志の中で最大の合戦と言われる「赤壁の戦い」。演義では諸葛亮の圧倒的な才覚の前に周瑜や魯粛もタジタジで曹操がコテンパンにやられます。ですが、東南の風を人為的に起こしたり関羽が曹操を見逃すのを見越したりと流石に現実的にはちょっと・・・というシーンも多々あります。正史の赤壁の戦いは一体どうだったのでしょうか?


三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志・諸葛亮孔明と記すことは間違いなのか?

三国志の登場人物たちの名前は「姓」「諱」「字」に分けられますが、「姓+諱+字」で表記することは間違っているのでしょうか?


劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)の死後も続いた諸葛亮(孔明)との微妙な関係

劉備(玄徳)と諸葛亮(孔明)は「水魚の交わり」と言われるほど密接な関係だったようです。これには義兄弟の関羽(雲長)と張飛(益徳)もヤキモチを焼いたのだとか。しかし、史実では密接な関係であると同時に微妙な関係にあったことも読み取ることができます。


劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

劉備に仕えた龐統(士元) 惜しまれた大賢人の短い生涯

諸葛亮(孔明)と同等かそれ以上の才能を持つとも言われた龐統(士元)。赤壁の戦いの頃から三国志に登場しますが、その才能を十分に発揮することなくこの世を去ってしまいます。短くも深く色濃い生涯となる「龐統(士元)の三国志」を見て行きます。


https://sangokushirs.com/articles/196