三国志を題材にしたアーケードゲーム

三国志を題材にしたアーケードゲーム

「ゲームセンターでも三国志を楽しみたい」と思ったことはありますか?三国志を題材にしたアーケードゲームは僅かですが、『三国志大戦』などのゲームや関連作品をご紹介します。今後サービス開始を控えているVR作品『超 真・三國無双』も!


人気カードゲーム『三国志大戦』

2005年より、セガ・インタラクティブ社がサービスを提供するカードゲームです。2015年にいったん終了となりましたが、翌年の2016年に復活。
武将カードを使って敵の城を落とします。武将カードはプレー終了後にランダムで排出されますが、ゲーム内の通貨でも入手できます。

カードは300枚以上。どのカードもクオリティが高く、武将召喚するような感覚を楽しめます。
キャラクターデザインには、高橋陽一氏(*)ら多くの著名作家を起用しています。
また、森久保祥太郎氏・武内駿輔氏らのボイスがゲームを盛り上げます!

「Aime」または「バナパスポート」というカードがあればプレー可能です。

*漫画『キャプテン翼』の作者

初心者でも楽しめる安心ポイント

「ゲームセンターは怖そう」
『三国志大戦』は、そんな不安を和らげる要素が3つあります。

1. 順番の割り込みを回避
混んでいる場合、専用筐体で順番の予約を行います。順番が回ってきた場合は、「番号のみ」で呼び出されます。

2. 1人でも遊べる
店内・全国対戦がメジャーですが、もちろん1人でも楽しめます。
三国志の物語を楽しむものと、AI対戦の2種から選べます。

3. 武将カードを使えるのは自分だけ
排出された武将カードはそのプレイヤーしか使用できないため、盗まれる心配はありません。
1つのAimeカードと紐づけされているので、簡単に交換できない仕組みとなっています。

さらに、女性プレイヤーも多く活躍しています!

スマホでも『三国志大戦』!

スマートフォン向けパズル『さんぽけ ~三国志大戦ぽけっと~』も配信中です。iOS・Androidの両方に対応しています。

『三国志大戦』のキャラクターがちびキャラとして登場。矢印に合わせて攻撃するだけの、シンプル操作で楽しめます。
アーケード版とも連携しているので、両方をプレーすれば嬉しい特典がたくさんあります。

また、アーケード版のサポート機能もあります。1人の武将を操作することで、スマートフォンから友人のプレーを手助けできます。
(ストーリーモード限定)

レトロゲーム『天地を喰らう』

漫画『天地を喰らう』が原作のアクションゲームです。このゲームは、画面内の敵を倒さない限り先に進めないものとなっています。家庭用もいくつか登場していますが、アーケードでは2作となります。
初代では常に騎乗状態ですが、2作目の『天地を喰らう2 赤壁の戦い』では歩行することもあります。関羽や張飛ら蜀の名将を操作します。

レトロゲームならではの、歯ごたえのある難易度です。三国志の世界観を細かく表現したグラフィックはもちろん、BGMもやみつきになるでしょう。

第2作目は暴力表現が多めですが、PlayStation版では若干マイルドです。こちらはネット上(PlayStation Store)で購入できます。

原作の漫画『天地を喰らう』とは

本宮ひろ志氏によるもので、『週刊少年ジャンプ』で連載されていました。
三国志演義をベースにしながらも、独自のストーリーが展開されます。「三国志でありながら、一風変わった展開を楽しみたい」という方にオススメです。

ちょっぴりワルな少年・劉備(玄徳)が、同い年の諸葛亮と出会うことから始まります。出会った2人は願いを叶えるべく、竜族の女性と交わろうとします。なにやら不思議な展開ですよね。

残念ながら未完のまま終わってしまいましたが、現在は電子書籍版も配信中です。「Amazon.co.jp」「コミックシーモア」などのストアで購入できます。

名将が美少女に!?『恋姫演武』

もし三国志のキャラクターが美少女だったら?

対戦格闘ゲーム『恋姫演武』では、美少女と三国志の両方が好きな方にオススメです。関羽をはじめに、曹操や周泰ら名将を使用できます。
軍師はサポートキャラという位置づけです。諸葛亮らお気に入りの軍師を1人選びます。

格闘ゲームと聞くと難しい印象があるかもしれません。しかし、練習を積み重ねることで、お気に入りの武将を操る快感が生まれるでしょう。アニメを見ているような美麗CGにも注目です。

さらに、「闘神祭」と呼ばれる有名な格闘ゲーム大会の種目になることも。使いこなしたい方は、PS4・3版で練習もできます。

VR『超 真・三國無双』も期待

コーエーテクモゲームス社は、代表作『真・三國無双』シリーズのVR版を開発中です。
現状はPlayStation VRとコントローラーをそのまま使う仕組みですが、今後はプレイヤーの髪型が崩れにくいデザインも考えているそうです。

VRの魅力は、「まるでそこにいるような没入感」です。一人称視点が特徴ですが、独自開発の「VR SENSE」によって臨場感がさらに加わります。シートの動きや、香りや湿気を体感できるようになります。

『無双』シリーズがアーケード業界に進出するのはこれが初めてです。気になる方は続報を待ちましょう!

家庭用の新作『真・三國無双8』

『真・三國無双』シリーズは、三国志演義を題材にしたアクションゲームです。単騎で数多の敵を倒す爽快感が話題を呼びました。第7作目では、演義での出来事とは別にif展開も存在していました。
また、このシリーズは爽快感だけでなく、美男美女が多く登場する点も魅力です。

今作では、広がる中国の世界を自由に駆け回ることができます。街の探索では、無双武将の普段着を見かけることも!公式サイトでは、普段着姿のグラフィックを随時更新しています。
プレイヤーの攻撃アクションは、敵の状態やタイミングに応じて変化します。

2018年2月8日発売予定。初回限定の「一騎当千BOX」では、武器のキーホルダーや設定画集が付属します。

ゲーセンでも三国志を楽しもう

三国志といっても、かけあわせた要素はさまざま。
ゲームや漫画・小説は多くありますが、アーケードゲームなら外出の楽しみも増えるチャンスです。

『三国志大戦』『恋姫演武』の設置店舗は多くあるので、気になる方はぜひ立ち寄ってみましょう!

また、『天地を喰らう』は今となっては希少なレトロゲームです。特に初代は現在も移植されていないため、遊べる喜びもひとしおだと思います。

『超 真・三國無双』も、どんな続報が来るのか目が離せないタイトルです。三国志を自分の五感で体験してみたいですよね。
VRがゲームセンターでも普及すれば、もっと手軽に楽しめるかもしれません。

関連するキーワード


ゲーム 三国志 演義

関連する投稿


三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志の舞台である中国と日本は古くから交流がありましたが、三国志がいつ、どのようにして日本に伝えられたのかは日本史、世界史の授業では誰も教えてくれません。それでは三国志がいつ、どのようにして日本に伝らたのかを解説していきます。


千差万別な三国志の楽しみ方の実例

千差万別な三国志の楽しみ方の実例

三国志は私たちに楽しさを与えてくれます。三国志の楽しみ方は人それぞれ、それこそ千差万別の楽しみ方がありますので、三国志ファンの方々がどのようにして三国志を楽しんでいるのかその実例を本記事のテーマとします。


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

三国志の世界にはあまり表立って語られていないマイナーなエピソードがいくつも存在しています。その中には思わずクスッと笑ってしまいそうなものも隠されているはずということでネット上に落ちているマイナーエピソードや噂などをまとめてみます。


三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

名医。それは最高の医者におくられる最高の称号でありますが、三国志の時代にも名医と呼ばれる医者がおりました。あまり多くの人には知られてはいませんが、彼の名前は華佗元化と言います。今回はそのスーパードクター華佗元化について紹介したいと思います。


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。