中国史からひも解く三国志の服装~皇帝編~

中国史からひも解く三国志の服装~皇帝編~

「誰でもよいから三国志の登場人物をイメージしてみて」と言われたら、あなたはどんな人物像を想像しますか?趙雲のように鎧を身に纏った武将でしょうか。それとも諸葛亮のように白い着物と冠を被った文官でしょうか。今回は、我が国の服装にも影響を与えた中国服装史から、当時の衣服や冠についてご紹介します。


冠服(かんぷく)制度について

三国志に登場してくる人物たちは、冠服制度に基づいた服装をしています。
冠服制度が整い始めたのは、暴君と名高い殷王朝最後の帝王の紂王(殷受:いんじゅ)を武王(姫発:きはつ)が倒して興した周王朝の頃です。

人々は道具を生み出し、扱うことによって自分自身の持つ潜在能力を発見してきたのですが、自然界におけるある種の現象は理解することが難しく、自分たちは何でもできると信じていても、心のどこかでいつもなにかの力に縛られているように感じ、超自然的な力つまりは魔法のような力を得たいと願いました。また、自分の力ではどうしようもできないと感じた瞬間、都合よく他人や帝王、神々にすがりつきたい願望があるのです。
当時はまだ占いによって都の場所や政策を決めていた時代でしたので、祭祀や儀式の類はとても重要な行事でした。

「神の恩恵をより多くあずかるためには、我々の尊敬の念を気持ちや言葉だけでなく、なにかで表現しなくては…」と周代の王や役人たちは考えたのでしょう。原始的な巫術と神々への崇拝をより一層改善し完全なものへと近づけようとした結果、儀式は厳粛な雰囲気の中で行われ、それに参加する人々の服装を「神聖・清潔」を意味する白い礼服と「強さ」を意味する黒い冠を被るように統制しました。

冕冠(べんかん:皇帝の冠)

「冕冠(べんかん)とは何ぞ?」と?マークしか脳裏に浮かばない方も多くいらっしゃることでしょう。冕冠とは皇帝のみが被ることができる冠です。シルクハットに天板をつけたような形をしており、その天板の前後には玉を糸を紡ぎ合わせたジャラジャラが複数本垂れています。

先ほど天板と説明した部位の名称を「綖(えん)」といい、玉を糸で紡ぎ合わせた部位を「旒(りゅう)」といいます。綖は木で形をつくり、幅が八寸、長さが1尺六寸、上を黒、下を赤色にしており、その前と後ろに旒が付けられます。綖は前が丸く、後ろが四角で、被るときは後ろを一寸ほど高くして板をやや前に傾けて被ります。旒は通常、前と後ろにそれぞれ12本取り付けられるのですが、
儀式の軽重、等級の違いによって9本、7本、5本、3本といくつか種類があります。そして1本の旒には、5~12個の五色の串玉を垂らすようになっています。

冕冠を頂く際には、笄(こうがい)で二つの穴に沿って髷に通して固定し、両側にはそれぞれ一つずつの玉を垂らし、それを「充耳(じゅうじ:耳をふさぐ)」と言いました。それは、天子が軽々しく讒言を聞かないように注意を呼び覚ますものであり、綖を前に傾けて被ることと同じく、天子に仁徳を勧めるという政治的な意味ありました。

衣裳(いしょう:皇帝の制服)

冕服(めんぷく)の多くは衣が赤、裳が黒で、上が夜明け前の天を下が日暮れの地を表し、それから文様を施すものです。
皇帝は盛大な場所に臨むとき、袞服(こんふく)を着用しました。すなわち上に巻き龍を刺繍し、それからいくつかの自然景物を縫い取って、それぞれ意味を含ませる。『虞書』には、服に刺繍する文様について皇帝が服飾を司る官吏に注文をしたときの言葉が残されています。
その注文とは、「朕は古人の姿を再現したい。日、月、星辰、山、龍、雉を絵にし、祭器、藻、火、米、黼、黻を細かい刺繍にし、五彩で五色を施し、服を作り人々に分からせる」というものです。その中で、日月星辰を刺繍するのはその光をとり、山の形を刺繍するのは穏健さをとり、龍を刺繍するのはその応変をとり、雉を刺繍するのはその上品さと美しさをとり、祭器を刺繍するのはその忠孝をとり、藻を刺繍するのはその清潔さをとり、火を刺繍するのはその明るさをとり、米を刺繍するのはその栄養をとり、黼(ふ:斧)をを刺繍するのは決断を、黻(ふつ:3匹の動物の背中合わせの形)を刺繍するのはその明祭さをとるためでした。皇帝の文様飾りは十二章とし、皇帝が出席する盛大な様式に用いられました。
他に冕冠につける旒の本数と組み合わせて、九旒七章と七旒五章があります。諸侯の場合は、九章、七章、五章のように数が次第に減り、それによって身分の等級を表しました。

腰に帯を締め、帯の下に「蔽膝(へいしつ)」をつけます。蔽膝はそもそも、腹と性器を覆う下着として利用されましたが、次第に礼服の一部となり、さらに後には単純に身分の高い者の尊さを示すものとなりました。冕服に用いる場合は、一般にそれを「芾(ふ)」と呼んだが、祭服の場合は、「黼」または「黻」と呼び、その他の服に用いる場合は「韋鞸(いひつ)」と呼びました。その多くは上の広さが一尺、下の広さが二尺、丈が三尺でした。そして、天子は純粋な赤色を、諸侯は黄色と赤色を、官吏は赤色を用いました。

舄(くつ)と履(くつ)

周代に儀式や服装の様式を記した『周礼』には、「王及び后の服と履を司り、赤色の舄、黒色の舄、赤色の丸紐、黄色の丸紐、青色の舄飾り、白色の履、葛布の履を作った」と記されています。冕服を着用し、足に赤色の舄をはき、諸侯は天子と同じく赤舄を履いていたのでした。三つの等級の中で、赤色の舄が上、その下が白、そのまた下が黒いものでした。后は舄をはき、黒、青、赤の等級になっていました。舄は絹布でその周りを作り、木で底を作りました。『古今注』には「舄は底に木をつけて、乾蝋を施しているため、泥道を恐れない」とあり、2重の靴底であったことがわかりました。履は一重の靴底で夏は葛と麻を、冬は動物の皮を覆いに用いたが、普段用の履物に適しており、また特定の布に組み合わせて、后と妃が蚕祖を祭るときに着用され、履の色は往々にして裳の色と同じでありました。
礼服の種類は非常に多く、袞服のほか、鷩冕(へつめん)、毳冕(もうめん)などにそれぞれに定まった使用場所がありました。そして、冕服、深衣、袍、皮衣及び、笄、六趣の珈(か:かんざしの一種で、玉を垂れ下げたもの)があり、冕服制度は、西周で基礎ができて以来、歴代の皇帝によって増やされたり、減らされたりしましたが、最後は封建王朝とともに歴史の表舞台から消えて行きました。

皇帝の服の飾りはオシャレじゃない

現代でも服装は着用するものの職業や集団意識、権威や個性を表すものであります。古代の人々もそのことを熟知しており、制服を統一したり色や飾りで階級を識別していました。皇帝ともなれば最高の権威を象徴する服装をしなければなりません。それと同時に臣下や国民に節度や徳度の高さを見せる必要がありました。それらを表すために冠に飾りをつけたり、龍や鳳凰の刺繍を服に施していたのでした。

関連するキーワード


三国志

関連する投稿


三国武将の姓(名字)の由来

三国武将の姓(名字)の由来

三国志では姓(名字)を重要視しています。姓(名字)はその人の出自を表すとともに、評価基準のひとつとしても考えられていました。中国の姓(名字)には祖先が住んでいた地名や職業を表す文字が当てられ、戦争時の恩賞としても与えられることがありました。日本の姓(名字)に関する概念は、中国のこれらを真似したものとなっています。


三国志時代 皇帝の結婚

三国志時代 皇帝の結婚

結婚は、男女共通で人生の大きなターニングポイントです。三国志でもストーリー上で武将や皇帝の結婚に関する記述がちらほらと見られ、大国の君主たる皇帝の結婚はそれはそれは盛大に執り行われました。本記事では、皇帝の結婚にまつわるお話をさせていただきます。


【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

【自虐ネタ】三国志を好きすぎて恥をかいた体験談

筆者は幼少期から歴史が好きで、特に三国志や日本の戦国時代には人並み以上に傾倒しました。好きだからこそ今もこうして三国志に関する記事を執筆させていただいているのですが、三国志が好きだからこその失敗や恥をかいた経験もあります。本記事ではそれを体験談という形式で発信したいと思います。


【三国志with日本史】その頃日本は…〇〇があった(1)

【三国志with日本史】その頃日本は…〇〇があった(1)

三国志のストーリーはお隣中国が天下大乱を迎えたところから始まり、約1世紀をかけて司馬炎が興した晋に統一され絶筆します。実は我が国でも同時期は大小の国や跡目争いが起きていた乱世で、のほほんと弥生土器を作っていた訳ではありませんでした。


三国志・三国志の英雄と日本の戦国武将のそっくりさん

三国志・三国志の英雄と日本の戦国武将のそっくりさん

三国志と日本の戦国時代には似ている英雄が存在します。誰と誰が似ているのか、どんな点が似ているのかご紹介いたします。


最新の投稿


中国四大奇書「三国志演義」と「水滸伝」の登場人物の繋がり

中国四大奇書「三国志演義」と「水滸伝」の登場人物の繋がり

中国四大奇書として名高い「三国志演義(正式名は三国演義)」と水滸伝。水滸伝は三国志演義よりも1000年近く後の中国が舞台ですが、そこには明らかに三国志演義の登場人物を意識した人物が登場します。


戦って勝ったら仲間になってくれそうな武将・軍師

戦って勝ったら仲間になってくれそうな武将・軍師

中国の三国時代や日本の戦国時代の武将は戦で負けたら自害をするというようなイメージがつきものです。しかし、彼らも投降したり、敵国の君主の僕となったりもしていました。今回は「もしも勝ったら部下になってくれそうな武将たち」をピックアップしてみました。


三国武将の姓(名字)の由来

三国武将の姓(名字)の由来

三国志では姓(名字)を重要視しています。姓(名字)はその人の出自を表すとともに、評価基準のひとつとしても考えられていました。中国の姓(名字)には祖先が住んでいた地名や職業を表す文字が当てられ、戦争時の恩賞としても与えられることがありました。日本の姓(名字)に関する概念は、中国のこれらを真似したものとなっています。


君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

君主を間違えてしまった天才的軍師【沮授】

三国志の智謀に優れた軍師的存在として郭嘉や諸葛亮、周瑜といった名将たちが揃いますが、袁紹の陣営にいた沮授もその例外ではありません。もしも袁紹が曹操や劉備(玄徳)のように聞き分けが良く、配下の進言を取り入れるような名君だったなら、実は天下を支配していたのではないかといわれています。その筆頭軍師だった沮授をみていきます。


三国志時代 皇帝の結婚

三国志時代 皇帝の結婚

結婚は、男女共通で人生の大きなターニングポイントです。三国志でもストーリー上で武将や皇帝の結婚に関する記述がちらほらと見られ、大国の君主たる皇帝の結婚はそれはそれは盛大に執り行われました。本記事では、皇帝の結婚にまつわるお話をさせていただきます。


https://sangokushirs.com/articles/196