三国志・関わりたくない人物6選

三国志・関わりたくない人物6選

三国志には「こいつとは関わりたくないな~」と思う人物が何人もいます。その中でも個人的に「できることなら敵としても味方としても関わりたくない」という人物についてまとめてみました。


李傕(りかく)と郭汜(かくし)

なんとなくセットにされがちなこの二人。二人とも董卓の元で悪名を轟かせた武将です。幼馴染で仲が良く、二人で董卓のごとく、弱い者いじめの限りを尽くしていました。
董卓(とうたく)が王允(おういん)と貂蝉(ちょうせん)の策略により、呂布に倒されます。
董卓の仇討ちと称し、李傕は王允を葬りました。それも残虐な殺し方で八つ裂きにしたと言われています。また郭汜もやばい匂いを漂わせます。
なんとその後董卓亡き後、残った軍をまとめるものの、なんとこの二人、仲たがいをし、大きい戦争を始めてしまうのです。董卓軍は何かとお騒がせな軍で自分勝手という人物ばかりですね。

董卓(とうたく)

董卓と言えば残虐、傍若無人、短気で「殺してしまえ」が口癖です。金で官職を買い取るあたりはキングダムの呂不韋(りょふい)そっくりです。ちなみに二人とも相国(国の実権を持つものと考えてください。帝を後退させようとしたり、それに反対したものを殺してしまったり、最強のボディーガード呂布を手に入れる際、養父を殺させたりと、董卓に関わったら命がいくらあっても足りません。三国志のオールスターと言ってもいい面々が連合軍を組んでも倒せなかった董卓はやばさだけでなく、強さも兼ね揃えていました。
しかし最後に倒された際に用いられたのがハニートラップ。最強のボディーガード呂布に殺されその人生に終止符を打ちました。あの場面で死ななかったら三国志は董卓、曹操、袁紹となっていたかもしれません。

孫休(そんきゅう)

孫権の6男にあたり、三代目皇帝に着いた孫休は最初謙虚な人物でした。帝位についてくれという進言についてかたくなに拒否したが、三度も懇願されたため皇帝の座に就いたとされています。しかし皇帝の座に就くと徐々に変わっていきます。
孫綝が宮廷内で勢力を伸ばすと何度も恩賞を与えご機嫌取りをするようになったのです。しかし被害妄想が強かったのか、徐々に孫綝を疎ましく思ったり、その他の権力者についてもクーデターを起こすのではないかと危惧したりし、自己防衛を果たすような詔を何度も発令するようになりました。
ちなみに孫休の前の皇帝孫亮(孫休とは異母兄弟にあたる)が死んだのは自殺という説と、孫休が毒殺したという説があります。ちなみに、自殺をした説だと、護送をしていた役人の落ち度とみなし処刑までしているのです。この頃の呉は国として明らかにおかしく、孫堅、孫策、孫権が築き上げた呉の見る影もありません。

孫皓(そんこう)

私が思うに三国志の歴史で一番ダメな奴がこの孫晧です。孫晧は呉のラストエンペラーという立ち位置だったのですが、やることなすことがとにかくダメな君主でした。宮廷内でたてつくものがいたら容赦なく斬りつけたし、宮中の女は2500人も抱えていたとされています。しかも卑劣極まりないことをしていたため声がかからないかびくびくしていたと言われていました。そんなものだから呉が晋に攻め込まれた時も必死で国を守ろうという人間は少なく士気は上がらなかったことでしょう。三国志の後半が尻つぼみになって記述が少ないのは前半にあったような「信」であったり「義」であったりとしたものが極端に薄れていたからだと思います。
そしてそれが最も当てはまる人物が孫皓です。孫皓は晋に攻め込まれ宮女をごっそり晋の皇帝、司馬炎に持っていかれました。
司馬炎も当時2500人の宮女を抱えていたため合わせて5000人の宮女を抱えることとなりました。そのため「三国志一のエロは誰か?」という問いに対し「司馬炎」という答えが出る所以なのです。

甘寧(かんねい)

甘寧は若いころ賊の頭をしていました。(レッドクリフで中村獅童が演じた甘興は恐らくこの甘寧のことです)甘寧はいわゆる不良で腰の帯に鈴をつけていたため、甘寧が歩くとすぐに「奴が来た」というのが分かったと言われています。
相手がお偉いさんでもお構いなしに屋敷に忍び込み平気で財産を奪うという輩でした。心機一転戦で名を馳せようと思った甘寧ですが、誰からも嫌われ登用されることはありませんでした。しかしそんな甘寧を掬ったのが周瑜や呂蒙です。
彼らが孫権に推薦し、呉を支える武将にまで成長しました。更生したからよかったものの、その前は相当ひどかったらしく、乱暴の限りを尽くしました。
キングダムで言う所の桓騎と言ったところでしょうか。

許褚(きょちょ)

許褚はとにかく横にでかい人物とされています。そのため許褚のイラストが出る際は必ずかなり太った人物像になる為、「こいつが許褚じゃないか?」と一瞬で分かります。
武勇に優れ曹操は「許褚がいなかったら私は死んでいた」という場面すらあるほど曹操から溺愛されていた人物です。賊と和睦を結ぶため牛と食料を交換させる際、牛が逃げ出そうとしたのでしっぽをつかみ百歩ほど引きずり歩いたら賊は牛を引き取らず逃げてしまうというエピソードがあるくらいです。
許褚は、曹操の親衛隊として仕えたわけですが、潼関の戦い(どうかんのたたかい)の際に馬超の軍に曹操が囲まれてしまいました。
そのとき船で必死に逃げようとするのですが、曹操を乗せた船に兵も競って乗ろうとしたため船が沈没しそうになりました。すると許褚は船に乗ろうとする仲間の兵を切り捨てていったのです。仕事熱心というか、君主思いなのはいいのですがここまでするやばい奴はあまりいません。
そして曹操が亡くなった際にはあまりのショックに声をあげ号泣し、血を吐いたと言われています。力が虎のようにあったが、頭が悪い「痴」であったため「虎痴」と呼ばれていました。中国語の発音では許褚と虎痴が似ているため、虎痴が名前だと思った人物がいるというエピソードもあります。

まとめ

三国志には強い人物、仁義に熱い人物がいる半面ただひたすらやばい奴も多く存在します。ここでは残虐性に富んだ人物を上げましたが、非道な人物はこのほかにもまだまだいます。
「こいつとは関わりたくない」と思うことで、ゲームに出てくるような強さや賢さだけでなく、「やばさ」という目安にしてもらえれば幸いです。恐らく当時の中国は人口が恐ろしく多く、無秩序状態だったため「命の重さ」というものがかなりあいまいなものだった気がします。
そのためえらい人物は民をいくら殺してもいいという錯覚に陥っていたのではないでしょうか。今の時代だったら号外が出るレベルの凶悪事件が日常茶飯事のように行われた時代。そしてその中でもトップクラスのやばい奴らは覚えていて損はないと思います!

関連するキーワード


董卓(とうたく) 三国志

関連する投稿


三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志の舞台である中国と日本は古くから交流がありましたが、三国志がいつ、どのようにして日本に伝えられたのかは日本史、世界史の授業では誰も教えてくれません。それでは三国志がいつ、どのようにして日本に伝らたのかを解説していきます。


千差万別な三国志の楽しみ方の実例

千差万別な三国志の楽しみ方の実例

三国志は私たちに楽しさを与えてくれます。三国志の楽しみ方は人それぞれ、それこそ千差万別の楽しみ方がありますので、三国志ファンの方々がどのようにして三国志を楽しんでいるのかその実例を本記事のテーマとします。


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

三国志の世界にはあまり表立って語られていないマイナーなエピソードがいくつも存在しています。その中には思わずクスッと笑ってしまいそうなものも隠されているはずということでネット上に落ちているマイナーエピソードや噂などをまとめてみます。


三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

名医。それは最高の医者におくられる最高の称号でありますが、三国志の時代にも名医と呼ばれる医者がおりました。あまり多くの人には知られてはいませんが、彼の名前は華佗元化と言います。今回はそのスーパードクター華佗元化について紹介したいと思います。


最新の投稿


魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

魏が滅んだ戦犯は曹丕!?魏の初代皇帝はどんな人物だった?

曹操の後を継ぎ、魏の初代皇帝となったのが曹丕です。実は、曹丕は魏滅亡の戦犯と言われることが多く人物となっています。そんな曹丕はどんな人物だったのでしょうか。そこで今回は、曹丕がどんな人物であり、なぜ戦犯とまで言われているのかについて紹介していきます。


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。