あなたはどこ派? 三国の特色をそれぞれご紹介

あなたはどこ派? 三国の特色をそれぞれご紹介

三つの国があるから三国志。もちろん歴史は歴史として、フラットな立場から楽しむのも良いですが、自分のひいきの国を決めて応援するというのも三国志の楽しみ方のひとつです。あなたは三国の中で、どこの国がお気に入りですか?


あなたはどこのファンですか?

ビジネスの世界では野球の話はやめたほうが良いなんてことはよく言われますよね。応援するチームが違っているとケンカになりかねないから。という理由ですが、実際には「どこのファン?」なんて話はよく聞かれます。
ところで、三国志の世界でも「どこの国が好き?」なんていう、同じような質問は実は頻繁に交わされています。

そんなわけで今回は、まだ自分がどこのファンなのかを決めかねているというひとのために、三国それぞれの特徴と見所をざっくりと紹介していきたいと思います。

まずは三国の鼎のうち最大の大国、王者の国「魏」です。

魏国の建国者は三国志の中でも特に人気の高い曹操。ほか2つの国に比べて、国土や人材などあらゆる部分で遥かに強大な大国で、歴史的にも勝者の国です。(正確には中華を統一したのは魏の後に成立した晋ですが)
三国志自体が歴史の勝利者である魏の立場から書かれているという事情もあって、歴史に残されている文献の質、量ともに最も多い国となっています。
つまり、野球で言えば巨人軍。強いチームが好きなんだ! 王者が好きなんだ! という方におススメの国です。

魏王曹操は優秀な人材を集めるのが大好きな人材マニアだったと言われており、魏にはそんな曹操が各地から集めたスター選手がそろいぶみ。
初期のころから曹操を支え続けた夏侯惇・夏侯淵の従兄弟や、呉国絶対殺すマンとも言われる張遼といった武勇の将が多数所属しているだけでなく、神算鬼謀と称された稀代の天才軍師の郭嘉、離間の計で馬騰・馬超を追い詰めた賈ク、王佐の才といわれた荀彧、後に魏国を牛耳った司馬一族など、知略にすぐれた軍略家にも事欠きません。

ちなみに曹操の人材マニアぶりはすさまじく。関羽や諸葛亮、周瑜といった他国の名だたる将まで手に入れようとしていたというからその強欲っぷりには脱帽ですね。

三国志は結局のところ、魏が中華を統一するまでの歴史です。とにかく勝つチームが好き! というひとは迷わず魏ファンになることをおススメします。

お次は三国の中でも最も人気が高い「蜀」の紹介です。

蜀国は劉備(玄徳)が建国した国です。中国西方の山岳地帯。自然豊かな土地にあるため、国土や人口は他の二国に比べると最も小規模な国となっています。

蜀といえば、三国志の中でも飛びぬけて華がある武将を抱えていることが最大の特徴です。三国志の主人公とも言える劉備(玄徳)・関羽・張飛の桃園三兄弟や、フィクション作品でも大活躍の大軍師諸葛亮、様々な武勇を誇る五虎将軍といった、それぞれがメインを張れる花形武将達が数え切れないくらい所属しています。
一方で国力的には三国の中でもっとも小さいため、歴史的にも苦しい立場の中で奮闘する姿が人気の一因ともなっています。

三国志のなかでの蜀国の位置づけは、正義のヒーロー。
劉備(玄徳)は後漢の血統を継いでいるとも言われており、蜀こそが正統な王朝だという考え方もあるのですが、そんな蜀が「乱世の奸雄」とも呼ばれた曹操軍を相手に奮戦する様子はまさに勧善懲悪的。不遇の主人公が頑張る話が好きな方は是非蜀のファンになってみてください。

ちなみに蜀は中国本土では圧倒的に人気で、そのため三国志演義においては主役ポジションに位置づけられています。

三国の最後の一角は「呉」です。
呉国の特徴は、親子三代に連なった人間ドラマ。呉国は孫堅が礎をつくりあげ、孫策がその版図を爆発的に発展させ、孫権が領地を治めて守り抜いた国です。

そんな呉国なのですが、豪腕を振りかざす圧倒的大国の魏と、真っ向勝負で魏に挑みかかった蜀との間に挟まれて、三国の中では地味で影の薄い扱いをされることが多いのが呉の哀しい性です。
積極的に他国を攻め落とし中華を統一させようというよりは、どちらかといえば自国をいかに守りぬくか、といったところに国の重心が置かれていた、ということもその要因のひとつかもしれません。

そんな事情もあり、三国志の中では他国の間で上手く立ち回ったところがクローズアップされがちな、トリックスター的存在です。王道嫌いでクセのあるタイプが好きな方には特にお勧めの国ですね。

孫堅、孫策、孫権の孫親子たちや、赤壁の戦いで魏軍を撃退した周瑜といったスター武将ももちろん健在。孫堅が挙兵した当時からずっと付き従った宿将たちや、甘寧や呂蒙といったの叩き上げの武将も多く所属しているため、トンデモな面白エピソードが多く残っていることも特徴的です(甘寧なんかは元ヤクザみたいなものですし)。そういった点もあって、人物を楽しむにはもっとも適した国ではないかと思います。

ちなみにわたしは呉が一番好きなので、是非呉のファンが増えてくれることを願っています。

おまけ(その他の群雄勢力たち)

というわけで三国をそれぞれご紹介してきましたが、三国志の時代は群雄が割拠する戦乱の時代。魏、呉、蜀以外にもしのぎを削りあう様々な勢力が存在していました。

まずは黄巾党。三国志のスタートとも言われている黄巾の乱のキッカケとなった、張角率いる宗教組織です。腐敗が進む後漢に異を唱え、国家を倒そうと中国各地で蜂起しました。宗教勢力という性質から、フィクションの世界では妖術を操る導師の集団として描かれることもありますよ。

次は袁紹軍。三国志初期のころに最大の勢力を誇った群雄の一人です。
代々政治家を輩出してきた名門の一家出身で、黄巾の乱討伐や、反董卓連合での活躍をキッカケに一気に勢力を拡大し、一時は河北四州をその手に収めていました。
しかし長らくライバル関係だった曹操との戦いにおいて、官渡の戦いに敗れたことで勢いを失い、その後志半ばにして死去しました。

そのほかにも、曹操と激しく対立した馬騰率いる西涼地方の騎馬軍隊や、黄祖や黄忠など様々な武将が仕えた劉表軍など、三国志初期~中期ごろにかけては個性的な群雄達が多数活躍していますよ。

まとめ

というわけで今回は、三国志を彩る様々な勢力たちをご紹介してきました。

自分のファンの国を決めると、三国志はもっと楽しくなります。是非お気に入りの勢力を見つけてみてくださいね。
もし誰かの応援する国が自分のひいきの勢力と違っていても、お互いに認め合って楽しい三国志ライフを送ってみてください。

関連するキーワード


三国志

関連する投稿


三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志の舞台である中国と日本は古くから交流がありましたが、三国志がいつ、どのようにして日本に伝えられたのかは日本史、世界史の授業では誰も教えてくれません。それでは三国志がいつ、どのようにして日本に伝らたのかを解説していきます。


千差万別な三国志の楽しみ方の実例

千差万別な三国志の楽しみ方の実例

三国志は私たちに楽しさを与えてくれます。三国志の楽しみ方は人それぞれ、それこそ千差万別の楽しみ方がありますので、三国志ファンの方々がどのようにして三国志を楽しんでいるのかその実例を本記事のテーマとします。


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

三国志の世界にはあまり表立って語られていないマイナーなエピソードがいくつも存在しています。その中には思わずクスッと笑ってしまいそうなものも隠されているはずということでネット上に落ちているマイナーエピソードや噂などをまとめてみます。


三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

名医。それは最高の医者におくられる最高の称号でありますが、三国志の時代にも名医と呼ばれる医者がおりました。あまり多くの人には知られてはいませんが、彼の名前は華佗元化と言います。今回はそのスーパードクター華佗元化について紹介したいと思います。


最新の投稿


三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

三国志・諸葛亮(孔明)の評言を見抜き、豪語した任務を有言実行した甥の諸葛格とは

孫権から将来を期待された「諸葛格」。慢心過ぎる人物として人気がありませんが、確かな実績はあげています。今回はそんな諸葛格についてお伝えしていきます。


三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

三国志・君主や武将の女にまつわるあれこれについて

今の時代だったら結婚相手の他に妾が一人でもいるという男性はまれで時には非難の矛先となってしまいます。しかし、江戸時代には「大奥」があり、言い方は悪いかもしれませんが、将軍は多くの女性を「囲って」いました。三国志の時代にもそういった制度はあり「宮女」と言い多くの宮女を囲っていた者もいます。ここでは君主や武将がどのような女遊びをしていたか紹介したいと思います。


孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

孫権が天下を取れなかった理由!何が足りなかったのだろうか?

劉備(玄徳)や曹操らと並んで称されるのは、呉の孫権ではないでしょうか。三国志に登場する君主の中で人気のある1人ですが、なぜ孫権は天下を取れなかったのか気になると思います。そこで今回は、孫権が天下を取るのに何が足りなかったのかを紹介していきます。


冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

冷酷非道なだけではない 曹操(孟徳)の慈悲心が垣間見られる漢中攻略

劉備(玄徳)が蜀漢を建国した翌年の215年、曹操(孟徳)は蜀漢討伐を目指しますが、まずは蜀の入口に位置する漢中を攻略すべく征西軍を編成します。険しい山岳地帯への行軍で緒戦は苦戦を強いられるますが、人的にも物量にも勝る曹操軍は次第に優勢となります。そして、そんな中で曹操(孟徳)は「冷酷非道」を行わず、むしろ慈悲心を見せる場面がたくさん登場します。この頃の曹操(孟徳)を見ると、一代で中国の3分の2を支配した「実力」に納得させられます。


呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呉の建国に最も貢献した功臣【陸遜】② 夷陵の戦いで大活躍

呂蒙の後継者となっていく陸遜は、劉備(玄徳)との一大決戦に臨みます。実戦経験が豊富な劉備(玄徳)に対して、まだまだ知名度も低い陸遜は大都督として呉の諸将を率いることとなりました。この夷陵の戦いでは陸遜の名が天下に知らしめることとなり、以降は呉の重鎮として活躍していきます。