君ならどの武将を盛り立てたい?タイプ別君主7選

君ならどの武将を盛り立てたい?タイプ別君主7選

三国志をざっくりとしか知らない日本人の多くは、劉備(玄徳)はいい者、曹操(孟徳)は悪い人という認識をしているのではないでしょうか?しかし話はそんな単純ではなく、君主には自分の信念というものがあるものです。簡単に君主像を紹介するのであなたはどの君主を手助けするか、守備を中心に三国志の世界に入り込んでみましょう。


①劉備(玄徳)に加勢して手柄を立てろ!

日本人で三国志と言ったら真っ先に浮かぶのが劉備(玄徳)、諸葛(孔明)ではないでしょうか。劉備(玄徳)の魅力は何といっても「仁・義・徳」。それらによって数々の将軍を魅了し続けてきました。彼の元には関羽(雲長)、張飛(翼徳)、趙雲(子龍)と言った他国の君主なら喉から手が出るほど欲しくなるほどの豪傑を従えていました。少数精鋭はまさに劉備軍のためにあると言ってもいいというほど充実した面々がそろっていました。
豪傑だけでなく、民も劉備(玄徳)に惹きつけられる者は多く、彼の悪い噂はあまり聞きません。(ただ家庭より仲間を大事にする典型的な仕事人間と言ったタイプですが)
こういった漢に命をささげたいと思うものは少なくなく、やはり「守りたい君主NO.1」に挙げてもいいのではないでしょうか。
「軍勢が少数なのですぐに出世!」なんて言うのも見込めます!

②曹操(孟徳)という勝馬に乗れ!

やはり使えるなら勝組に!そう思う人は矢パリ曹操(孟徳)に加勢するのが一番です。レッドクリフや三国志演義などでは何かと悪者にされてしまう曹操(孟徳)ですが、人材発掘を誰よりも重要視していました。
手柄を立てた者に対しては労をねぎらい、公正な評価をしてくれるところも彼のいいところだと思います。
リーダーシップにも優れ、袁紹(本初)、袁術(公路)、公孫瓚(伯珪)らと言った各地の猛者を引き連れ「反董卓連合」を結成しました。(実際リーダーとなったのは袁紹(本初)ですが、実質的に結成し、中核を担っていたのは曹操(孟徳)といっていいでしょう)
冷酷な部分もありますが、実力もあり、ちゃんとした評価をしてくれる漢なので彼を守る価値はあるのではないでしょうか!
どんな崖っぷちに立たされてもピンチを切り抜けてしまうのは実はそこで命を張る部下がいたからこそ。
そういう所からも実は曹操(孟徳)にも徳があったと言えることでしょう(字が孟徳だけに…)勝馬に乗りたいという人は曹操軍に入るのがベストです!

③孫権(仲謀)は劉備(玄徳)以上に徳があったのではないか?

三国志で一番「仁・義・徳」があり人々から親しまれた人物と言ったら真っ先に劉備(玄徳)が挙げられそうなものですが、実はそれ以上に慕われていたのではないかというのが孫権(仲謀)です。
主役である劉備軍の蜀、それの適役である魏という構図が強い為、呉は日本人にはあまり馴染みの無いものかもしれませんが堅実に建国を行っていました。
呂蒙(子明)や甘寧(興覇)と言ったいわゆる「不良」らを丸め込み自国のリーダーに育て上げるといった先見の明も持っているのが孫権(仲謀)の特徴と言えるでしょう。
反省するところは反省するといったできた君主で臨機応変さにもたけているため「この漢を守りたい!」と思う人も少なくないことでしょう。
部下の話をよく聞く君主なので仕えて損はないと思いますよ!

④甘い汁を吸いたい人は董卓軍に!

よく三国志では曹操(孟徳)が悪者扱いされますが、曹操(孟徳)が悪者だとすると董卓(仲頴)は魔王と言ってもいいほどの悪人です。
金で官僚を買い取ったり、自分の意見が通るようにと帝を変えてしまったりといった暴挙に出てしまうありさま。
誰も彼の暴挙を止めることはできず敵を多く作り、最終的には「反董卓連合」までできてしまうというほどの大事になってしまいます。
それでも男に生まれたからには我儘を貫き通したい!という人は董卓(仲頴)の軍門に下るのがいいでしょう。
略奪、暴挙の限りを尽くしても咎めない君主は董卓(仲頴)の他いないのではないでしょうか。そのため董卓(仲頴)亡き後彼の軍勢をまとめた李傕(稚然)や郭汜は彼の後を辿るようにやりたい放題やってしまいました。
権力は振りかざす為にあるもの!と思う人は董卓軍に加勢してください。成功したらどこよりも甘い汁をすすらせてもらえることでしょう!

⑤有無を言わせない強さが呂布(奉先)の魅力

人中の呂布、馬中の赤兎(人は呂布が、馬は赤兎馬が最強という意味)という位武力に長けた男が呂布(奉先)です。彼の人生は裏切りにつきます。
徳はどうかな?という印象を与える呂布(奉先)かもしれませんがやはりその圧倒的な力で魅了される人は少なくないことでしょう。
「どんなことをしてでも生き延びるんだ!」というハングリー精神もすさまじく、まさにほっとけない漢と言っても過言では医かもしれません。
男である以上最強を目指したい!そういった人は呂布(奉先)に仕えてもいいのではないかと思います。
「強い」というだけで人を引き付けてしまう呂布(奉先)は凄いとしか言いようがないですね!

⑥袁紹(本初)の実力、家柄は申し分ない?

やっぱり使えるなら家柄のいい人がいいという人にオススメなのが袁紹(本初)です。名門中の名門の家系で(分かりやすく言うと日本の安倍首相並みの家柄の良さ)宦官による悪政がはびこる世を訂正しようと宦官を謀殺しました。
反董卓連合の盟主にも選ばれ董卓軍の討伐に一躍買ったあたりも評価できるところ。
しかし天下に一番近いとされていた袁紹(本初)ですが、元々中の悪かった曹操(孟徳)に官渡の闘いで敗れ一気に旗色が悪くなり転落してしまいます。
この戦いで勝っていれば三国ができる前に天下を平定出来たであろう袁紹軍ですがパッとした家臣が少なかったというのも否めません。
この時代に天下を取る最短ルートは曹操(孟徳)の軍門に下るでも、劉備(玄徳)に仕えて徐々に領土を広げるでもなく、袁紹(本初)に仕えて勝てる戦を確実にものにするという方法をとることだと思いますよ!

⑦劉表(景升)の元で堅実に暮らす

上記の面々と比べたらインパクトは薄いですが、劉表(景升)に仕えても面白いかもしれません。劉表(景升)は優柔不断な君主として知られますが、無駄に領土を拡大しようという考えを持たない君主です。
もしかしたら平和主義者でこの時代には適合しなかっただけなのかもしれません。
戦争より治世の充実を求めたと言っても過言ではない君主なので、平穏に暮らしたいという人にとって彼に仕える以上の選択肢はないかもしれません。

まとめ

如何でしたでしょうか?誰に仕えるか、誰を守りたいかという観点からおのずと自分はどういう漢が好きだ、どういう生き方がしたい!というのものが見えてくるかもしれません。是非この機会に自分に合った個性ある君主を選んでみてください。

関連するキーワード


三国志

関連する投稿


三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志が日本に伝えられたのはいつ?どのようにして入ったのだろうか?

三国志の舞台である中国と日本は古くから交流がありましたが、三国志がいつ、どのようにして日本に伝えられたのかは日本史、世界史の授業では誰も教えてくれません。それでは三国志がいつ、どのようにして日本に伝らたのかを解説していきます。


千差万別な三国志の楽しみ方の実例

千差万別な三国志の楽しみ方の実例

三国志は私たちに楽しさを与えてくれます。三国志の楽しみ方は人それぞれ、それこそ千差万別の楽しみ方がありますので、三国志ファンの方々がどのようにして三国志を楽しんでいるのかその実例を本記事のテーマとします。


今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

今さら聞けない三国志の疑問「どんな時代の話?なぜこんなにも面白い?」

三国志の小説やドラマなどをひと通り見てきたけれど、話の内容はだいたい理解できているが時代背景や物語の進み方が蜀目線で進められていることに疑問がある方はどれくらいいるでしょう? 本記事ではそのような今さら聞けない三国志の疑問についてご説明いたします。


知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

知られざる三国志のマイナーエピソード!これが意外と面白い

三国志の世界にはあまり表立って語られていないマイナーなエピソードがいくつも存在しています。その中には思わずクスッと笑ってしまいそうなものも隠されているはずということでネット上に落ちているマイナーエピソードや噂などをまとめてみます。


三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

三国時代のスーパードクター華佗元化とはいかなる人物か追及してみた。

名医。それは最高の医者におくられる最高の称号でありますが、三国志の時代にも名医と呼ばれる医者がおりました。あまり多くの人には知られてはいませんが、彼の名前は華佗元化と言います。今回はそのスーパードクター華佗元化について紹介したいと思います。


最新の投稿


三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志・魏呉蜀が日本の戦国時代から一人だけスカウトするとしたら誰を選ぶ?

三国志の時代に、日本の戦国時代から一人だけスカウトしてくるとしたら、魏呉蜀はそれぞれ誰を選ぶでしょうか?節目に当たる219年を舞台にして考えていきます。


呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

呉の名将と言えば周瑜!活躍と意外な人物像に迫ってみた

三国志を好きになって日が浅い人でも、呉の名将と言えば周瑜を思い浮かべると思います。三国志を題材にした映画や漫画、ゲームでも、周瑜は重要な人物として捉えられているでしょう。今回は、そんな周瑜の活躍や意外な人物像に迫っていきたいと思います。


裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

裏切りがあるから面白い。三国志で覚えてほしい裏切りについて

関ヶ原の戦いでは豊臣軍の一部が裏切ったことにより徳川軍の勝利を決定づけたといっても過言ではありませんでした。裏切りというと卑怯というイメージが付き物かもしれませんが、三国志の時代にも数多くの裏切りが存在しました。ここではそんな三国志を多く揺るがすような裏切りについて紹介していきたいと思います。


占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

占いによって反乱から身を守った曹操(孟徳)

216年、曹操(孟徳)が魏王となり魏王宮を建設。まさに絶頂期を迎えます。位人臣を極めた曹操(孟徳)の前に左慈(元放)という人物が現れ、幻術によって曹操(孟徳)を散々に苦しめますが、寝込んでしまった曹操(孟徳)を回復させたのは、なんと占いでした。体調が優れず寝込んでいた曹操(孟徳)に天文官の許芝が管輅(公明)を紹介します。幼少のころから天文に精通し非常によく的中する占いで有名だというのです。


今でも使う!?三国志が元となった故事成語

今でも使う!?三国志が元となった故事成語

昔の中国でおこった出来事を元にしたことわざである「故事成語」。今でも多く使われています。これらの中には三国志中の出来事が元になったものもたくさんあります。それらを紹介していきます。