斉の桓公は「管鮑の交わり」で、春秋戦国時代の覇者となる!

斉の桓公は「管鮑の交わり」で、春秋戦国時代の覇者となる!

お互いにより理解し合っていて、非常に仲のよい友人関係のたとえとして知られる「管鮑の交わり」をご存じですか?
春秋戦国時代の五覇で知られる 桓公が覇業を達成できた理由がそこにあります。


斉の君主争い

斉の君主争い

斉の君主争い

斉の古都。空はどんよりと曇り、街の中は葛藤の噂で持ちきりだった。謀反を起こして襄公を殺された後、謀反人の公孫無知も殺されたのだ。
斉の次の君主を差し迫った公子糾と公子小白(後の桓公)の争いは、その緊張感を隠すことなく示していた。

管仲の策

管仲の策

管仲の策

公子糾の守役 管仲が糾に話した。
「糾さまが先に斉に帰っても国がふたつにわかれお家騒動となりましょう。火種は事前に取り除きましょう。小白様のお命を頂戴します。」

小白側は、斉に帰る準備中であった。

「公子糾が帰国する。小白様を殺そうとしている!」

駆けつけた間者の報告に、小白の顔色が変わった。
「私を殺すために、山々に隠れて矢を放つのだろう。何とかして、斉に戻らなければ。」

鮑叔は一瞬の沈黙の後、不敵に笑った。「小白様、私に一つの策略があります。」

鮑叔の策

鮑叔の策

鮑叔の策

その数日後、小白が斉への帰路に向かう。待ち伏せていた糾の管仲の軍が矢を射ると、小白が倒れた。小白の軍は、急ぎ、その場を離れ斉に逃げ帰った。

管仲の間者が斉に様子を見に行くと、斉の手前の宿場街で小白の棺桶が用意され軍は悲しみに満ちていた。

小白の死を聞き、宿場街には、彼の偽装された死の知らせを受けた人々が集まってきた。棺桶の前で悲しみにくれる人々を尻目に、糾とその軍師、管仲が姿を現した。糾は悲しげな顔をして小白の死を称えたが、管仲の目は警戒に満ちていた。

そう、小白は、夜の闇に紛れて秘密裏に斉に到着していたのだ。糾は、小白の偽の死に欺かれ、斉に着いた早々捕まった。その命は小白(桓公)によって切り取られた。

管鮑の交わり

管鮑の交わり

管鮑の交わり

中央には石の柱に縛り付けられた管仲がいた。彼の表情は冷静でありながら、緊張を隠せない目をしていた。対照的に、桓公は王座に座り、威厳のある目をして縛られた管仲を見下ろしていた。

「策略家としての名は聞いている。しかし、今、私の前には斉を裏切った者としての管仲しか見えない。」桓公の声は、冷徹で断固としていた。

その時、宴の間の扉が静かに開き、鮑叔が姿を現した。彼はしっかりとした足取りで王座の方へと歩み寄り、桓公の目の前で一礼した。

「鮑叔、君が何故ここに?」

鮑叔はしっかりと胸を張り、「桓公様、私に一つ、ご提案がございます。」と言うと、深呼吸をしてから続けた。「私は、この管仲の才能を知っています。彼は、ただの策略家ではありません。その知識と洞察力は、斉国を中原の覇者として立たせるのに十分です。」

桓公はしばらくの沈黙の後、冷静に問いかけた。「鮑叔、彼が斉に対して起こした裏切り行為を知っているのか?」

鮑叔は頷き、「もちろん、その事実を知っています。しかし、彼の才能を正しく活用すれば、その過去の罪を十倍、百倍にして償うことができるでしょう。私たちが求めるのは、斉の繁栄ではありませんか?」

「私は、幸いにも 桓公様に従うことができました。わが君が、斉一国だけを統治されるなら、私と今の人材で充分補佐できます。しかし天下の覇者をもとめるのであれば、管仲以外に適任はおりませぬ。」

桓公は深く考えた。彼の目は、鮑叔の言葉に疑念と興味の狭間で揺れ動いていた。「鮑叔の言うとおり、斉の繁栄のために今まで敵であった管仲を利用することができれば…」

「ご判断は桓公様のもの。」と鮑叔が微笑んで言った。

桓公の目が少し柔らかくなった。彼は、鮑叔の言葉の重みを理解していた。そして、鮑叔の進言を受け入れ、管仲を斉の策略家として迎え入れることを決意した。
結果、桓公の器量により、管仲は、斉の丞相になったのである。

斉の桓公は、管仲の政策により、中原の覇者となる

斉の桓公は、管仲の政策により、中原の覇者となる

斉の桓公は、管仲の政策により、中原の覇者となる

斉の宮殿の内部、書物と地図が散乱した一室。窓から差し込む陽光が、埃を照らし出している。この部屋は、普段は閑静な学問の場であるが、今は斉の未来を決定づける重要な場所となっていた。

桓公は、大きな机の前で、目の前に広げられた地図をじっと見つめていた。そこには、斉の国土と、それを取り巻く諸国が描かれている。彼の目は、斉の将来に対する不安と期待で光っていた。

その時、部屋の扉が静かに開き、管仲が姿を現した。「桓公様、お呼びいただきありがとうございます。」

桓公は手を振って彼を席に招き入れた。「管仲、斉の未来をどのように考えているか、教えてくれ。」

管仲は深く息を吸い、その後、自信に満ちた声で答えた。「まず、斉の兵制を整備することが必要です。現状の兵制は古く、他の諸国との競争で劣っています。次に、軍備を強化し、斉の軍隊を中原で最も強大なものとして整備します。そして、経済政策を推進し、民間の経済活動を活性化させ、税収を増やすことが重要です。」

桓公は、一瞬の沈黙の後、「それらの策を進めることで、斉は中原での地位を確立できるというのか?」

管仲は頷き、「はい、その通りです。私たちが今まで見逃してきた斉の潜在力を最大限に引き出すことができれば、他の諸国との競争に勝ち、中原の覇権を握ることができるでしょう。」
桓公は、管仲の言葉をしっかりと受け止め、「では、すぐにそれらの策を進めるように。」と命じた。

数年後、管仲の進言通りの改革を進めた斉は、その国力を飛躍的に増強。斉の兵士たちは新しい武器と訓練を受け、その力は他国の軍隊とは比較にならないほど強大となった。また、経済政策の推進により、民間の経済活動が活発化し、斉の都市は栄え、税収も大幅に増加した。

斉は、管仲の策略と桓公の決断により、中原の覇権を握る強大な国家となったのである。
結果として、管仲は斉の策略家としてその能力を発揮し、斉の発展に貢献。桓公も、民のために彼の策略を活用し、中原の覇権を築いた。

この物語は、フィクションも含まれます。

後年、管仲は、こう言った。
「われを生めるものは、父母なれど、われを知るものは、鮑叔である。」





この記事の三国志ライター

映画キングダムを見て、春秋戦国時代に興味を持ちました。

最新の投稿


春秋戦国時代 年表 キングダム 秦の始皇帝の時代の始まり

キングダム 大将軍の帰還 始まりますね。楽しみにしていました。 今回は、秦の始皇帝「嬴政」が、中華統一を果たす流れについて記述しようと思います。映画、キングダムのキャストの性格とは若干違うかもしれませんが、参考程度に読んでみてください。


パリピ孔明 第10話 関羽の千里行

ついに大型音楽フェス・サマーソニア当日を迎えた最終話。 英子は、BBラウンジから会場に向かうが、交通トラブルで会場への道が塞がれ、英子はステージにたどり着けなくなってしまう。これらは前園ケイジによる数々の妨害だった。 その頃、ステージではケイジのライブが始まろうとしていた。


パリピ孔明 第9話 東南の風 イースト・サウス

BBラウンジのオーナー・小林に恨みを持つケイジは、英子を大手レーベルに移籍させようと画策している。 孔明と英子は、ケイジの妨害を阻止するため、彼と対決することに。 勝負の鍵を握るのは、活動休止したロックバンド、イースト・サウスだった。


パリピ孔明 第8話 五丈原の戦い

英子の原点と、小林の過去が明かになる。英子は、幼い頃から歌が好きだったが、母親に反対され、歌うことを諦めかけたことがあった。 小林は、かつてバンドを組んでおり、ギターを弾いていたが、ある事件をきっかけに、ギターから足を洗っていた。 英子の歌声に心を動かされ、再びギターを手に取ることに。


パリピ孔明 第7話 祖茂の身代わり

英子は、デビュー曲「DREAMER」でサマーソニアの出場権を獲得し、夢を叶える一歩を踏み出した。 しかし、サマーソニアで歌う新曲を用意しなければならず、孔明は英子とKABE太人に、新たな試練を与える。そして、もうひとつの罠も待ち構えていた!?


最近話題のキーワード

三国志の魅力と登場人物で話題のキーワード


故事 三顧の礼 泣いて馬謖を斬る 苦肉の策(苦肉計) 破竹の勢い