進撃の荊州軍 劉備(玄徳)のもとに続々と集まる蜀の人材

進撃の荊州軍 劉備(玄徳)のもとに続々と集まる蜀の人材

曹操(孟徳)、孫権(仲謀)支配下の外にある益州(蜀)。統治するのは暗君劉璋(季玉)。劉備(玄徳)の入蜀に際し、それ程の激戦はないであろうとの予測に反し、荊州軍は大苦戦を強いられます。結果的に軍師龐統(士元)を失い、涪城に劉備(玄徳)が閉じ込められる事態に。しかし、諸葛亮(孔明)、張飛(翼徳)、趙雲(子龍)率いる援軍が到達すると形勢が一気に逆転。ここから、荊州軍の進撃が始まり、それに呼応するように続々と蜀の人材が劉備(玄徳)のもとに集まって来ます。


「蜀には降伏する将あらず」と言い放った厳顔

まず、巴城において蜀の名将厳顔が張飛(翼徳)に捕らえられます。老将で経験も長い厳顔は、将の中でも一目置かれる存在でした。そんな厳顔が張飛(翼徳)の計略に陥り生け捕られてしまいます。しかし、捕らえられても張飛(翼徳)に媚びず「蜀には降伏する将あらず。さっさと首を刎ねよ」と堂々と言い放ちます。
この態度に感服した張飛(翼徳)が、厳顔を手厚くもてなし、劉備(玄徳)の人柄、曹操(孟徳)とは違い野心からの挙兵ではないこと、そして桃園の義などの話をした上で劉備(玄徳)への帰順を促し厳顔もこれを受け入れます。

雒城の攻防で捉えられた雷同、呉蘭、呉懿(子遠)

雒城の攻防は大激戦となります。龐統(士元)が戦死、劉備(玄徳)もあわや…というところまで追い詰められます。しかし、荊州からの援軍(張飛軍が一番乗り)到着により、劉備(玄徳)は九死に一生を得、さらに蜀の将雷同、呉蘭を捕えます。
雷同、呉蘭は厳顔から説得を受け、劉備(玄徳)の挙兵の目的に賛同し、また、劉璋(季玉)の下では曹操(孟徳)の侵略から蜀を守り切れない…という判断もあり、劉備(玄徳)への帰順に同意します。当然ながら、この時の決め手になったのは「厳顔ほどの人物が帰順する人物なのだから…」というものでした。呉懿(子遠)も同様にその後の雒城の攻防で捕らえられ、説得を受けて帰順します。

最後まで帰順しなかった烈士張任

雷同、呉蘭、呉懿(子遠)が劉備(玄徳)に帰順した後もなお雒城には張任、劉循、劉璝が残っていました。援軍が加わった荊州軍は兵の数が増えただけでなく、諸葛亮(孔明)が指揮することで「兵の動き」が全く異なっていました。荊州軍の攻撃に名将張任が迎撃するも諸葛亮(孔明)の策によって捕らえられてしまいます。
張任は劉備(玄徳)入蜀の際、歓迎の宴において魏延(文長)が剣の舞を披露した時、劉璋(季玉)暗殺の謀略を察知し魏延(文長)と共に舞を演じ謀略を阻止したり、雒城の攻防においては1年以上抵抗を続け、龐統(士元)を討ち取り、劉備(玄徳)を涪城に追い込み、当初は荊州守備に従事していた諸葛亮(孔明)、張飛(翼徳)、趙雲(子龍)を前線(涪城)に引きずり出すという大戦果を挙げた蜀の名将です。

しかし、

「二君に仕えず」

こう言い放って、劉備(玄徳)の懸命の説得にも応じません。大変貴重な人材ですが、様子を見かねた諸葛亮(孔明)が進言します。「あまり無理に強いる(帰順を)のも忠臣を遇する礼に反します」「忠義を全うさせるのも慈悲かと…」

そして、張任は打ち首となりました。

後日、劉備(玄徳)は張任が最後に戦った「金雁橋」付近に忠魂碑を建立し、その忠義を称えました。さらに、後世、張任の忠義は次のように謳われて語り継がれています。

「烈士、豈(あ)に甘んじて二主に従わんや。張君(張任)が忠勇、死すともなお生けるがごとし。高く明らかなること正に天辺の月のごとく、夜々、光を流して雒城を照らす。」

蜀の人材の厚さを象徴 綿竹関の李厳(正方)

名将張任を失った雒城に、迎撃の力はほとんど残されていません。劉璝は味方の兵に殺害され、劉循は逃亡。最後はあっけなく開城となった雒城でした。
そして、益州の中心都市である成都まで残る要害は綿竹関のみ。ところが、綿竹関を守る李厳(正方)はなんと黄忠(漢升)との一騎打ちで互角の戦いを演じます。黄忠(漢升)はかつて荊州において関羽(雲長)と互角の一騎打ちを行った武将。後年は蜀漢の「五虎大将軍」に選ばれる強者。李厳は関羽(雲長)にも匹敵する武力の持ち主でした。張任の次は李厳(正方)…時流に乗っているとはいえ、領土も物資も人材もまだまだ不足している劉備(玄徳)陣営にとっては羨ましくなる蜀の人材力です。

しかし、その李厳(正方)も諸葛亮(孔明)の策によって捕えられます。諸葛亮(孔明)は、前日、一騎打ちを行った黄忠(漢升)に「十数合打ち合ったら逃げる」ように指示し、深追いして来た李厳(正方)を取り囲んで捕えたのです。案外単純な策でしたが、何といっても「エサ」が黄忠(漢升)であったからこその成功だったのでしょう。そして、李厳(正方)が綿竹関に残る費観(賓伯)を説得。綿竹関も劉備(玄徳)に明け渡されることとなりました。

成都陥落の決定打になる馬超(孟起)の帰順

綿竹関が開放され、成都はすべての要害を失いました。決戦、籠城、降伏…あらゆる選択肢が検討される中、劉璋(季玉)が策を講じます。「葭萌関に攻め込んでいる張魯(公祺)と和睦し蜀二十州と引き換えに荊州軍を討たせる」というものでした。「敵国」に「援軍」を要請する一大下策です。ある意味、超奇策ではありますが…。

張魯(公祺)は劉璋(季玉)の「下策」を受入れ、馬超(孟起)に劉備(玄徳)を攻撃するよう命じます。馬超(孟起)は渭水の戦いで曹操(孟徳)に敗れ、張魯(公祺)のもとに身を寄せていたのです。しかし、そもそも馬超(孟起)が劉備(玄徳)に敵対することは大局的に大きな矛盾があります。馬超(孟起)にとって父(馬騰)の仇は曹操(孟徳)。劉備(玄徳)は曹操(孟徳)が恐れさえ抱く人生最大のライバル。馬超(孟起)が劉備(玄徳)を討てば、彼は父の仇を喜ばせることになるのです。

馬超(孟起)は李恢(徳昂)という人物によって諫められ目を覚まします。そして大いなる矛盾など構わず、いいように彼を利用していた張魯(公祺)を見限り、劉備(玄徳)に帰順します。

劉璋(季玉)の降伏 最終的に蜀は内部崩壊となった

馬超(孟起)は「御奉公の手始めに」ということで、劉璋(季玉)の説得(降伏するように)を劉備(玄徳)に申し出、承諾されます。馬超(孟起)はただ一騎で成都に向かい、劉璋(季玉)に伝えます。「張魯(公祺)は蜀二十州などに興味はなく、独力で蜀全土を奪おうと考えている」「劉璋(季玉)が画策した援軍は来ない」。

…馬超(孟起)の言葉を聞き、その場にへたり込む劉璋(季玉)。

成都の城内はまたもや騒然となります。決戦、籠城、降伏…二日二晩の大論争となります。その間にも蜀を見限って逃亡・投降する将兵が続出。暗愚の劉璋(季玉)に、もはやこの状況を収める力はありませんでした。

そして、劉璋(季玉)は降伏を決意します。

まとめ

劉備(玄徳)の入蜀に際しては、もちろん各地で大乱戦が繰り広げられましたが、単なる領地の奪い合いのみならず「人材の動き」「心の動き」「将来の展望と主従関係のあり方」等々に目を向けてみても興味深いエピソードばかりです。

最新の投稿


諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

諸葛亮(孔明)の用兵術と老将軍たちの武勇

「曹洪(子廉)将軍は蜀軍を恐れている」と大口を叩いて蜀軍に対峙した張郃(儁乂)が大敗して戻ります。曹洪(子廉)は激怒して張郃(儁乂)を打ち首にしようとしますが、他の将軍たちに諫められ、再び張郃(儁乂)にチャンスを与えます。しかし「日の出の勢い」の蜀。再び魏軍を打ち破ったのは老将軍でした。


三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

三国志演義の見どころ 人気武将【劉備・曹操・呂布・趙雲】

世間的に三国志といえば「三国志演義」が愛されているといえます。一騎討ちや神業ともいえる智謀の数々、妖術など、人間離れした活躍を見せてくれます。もちろん、フィクションの世界ですが、ある意味正史よりも有名である三国志演義について、人気武将である劉備(玄徳)・曹操・呂布・趙雲らの見どころをここで解説していきます。


三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

三国の愚者として扱われている劉禅(公嗣)について

「三国志で最も嫌われている人物は?」と聞かれたら董卓(仲穎)が真っ先に上がるのではないでしょうか。高貴な位をいいことに暴政の限りを尽くし最終的には身内である呂布(奉先)に殺されました。もしかしたら曹操(孟徳)や呂布(奉先)を挙げる人もいるかもしれません。しかし彼らは嫌われるようなことをした反面カリスマ性があり「嫌いではない」と答える人も多いでしょう。ここでは嫌われていて且つ救いどころも少ない劉禅(公嗣)について紹介したいと思います。


なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

なぜ曹操は官渡の戦いで大軍相手に勝利することができたのか?

三国志という時代の流れを決定づける重要な戦いの1つが官渡の戦いです。この戦いで、曹操が袁紹に勝利したことで、曹操勢力の拡大につながっています。官渡の戦いでは、曹操軍は袁紹の大軍を相手に勝利を収めたわけですが、注目すべきはなぜ曹操が勝てたのかです。そこで今回は、官渡の戦いで大軍相手に曹操が勝利できた理由にスポットライトを当てていきます。


三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

三国志・もし帝(献帝)が長安から益州への脱出に成功していたらどうなったのか?

帝(献帝)の長安脱出作戦。実はこれには益州へ逃れるという作戦もあったようです。誰が実行し、成功していたらどうなっていたのでしょうか?