三國志に関する記事


【後編】三国志の時代に行われた儀式

【後編】三国志の時代に行われた儀式

「【前編】三国志の時代に行われた儀式」に引き続き、三国志時代に行われていた儀式やそれに用いられたアイテムについて紹介します。


魔王・董卓の真実(10) 「人間ローソク」にされた董卓

魔王・董卓の真実(10) 「人間ローソク」にされた董卓

後漢の朝廷に君臨し、恐怖の独裁政治を展開した董卓。その暴政にも、ついに終わりの日がやってきます。董卓政権に幕を引いたのは、三国志ファンならおなじみの「あの人」でした。はたして董卓はどのようにして殺されたのか、独裁者を討った謀略を見ていきます。


なぜ?劉備(玄徳)が天下を統一出来なかった理由5つ!

なぜ?劉備(玄徳)が天下を統一出来なかった理由5つ!

「臥龍と鳳雛、どちらかを手に入れれば天下も手に入る」と言われていた時代にその双方を手に入れたものの、蜀一国の建国に留まった劉備(玄徳)。それだけでも素晴らしいのですが、なぜ天下統一出来なかったのか、いくつか理由に迫りましょう。


魔王・董卓の真実(5) なぜ「飼い犬」に手を噛まれたのか

魔王・董卓の真実(5) なぜ「飼い犬」に手を噛まれたのか

罪の無い少年皇帝をやめさせ、しまいには命まで奪ってしまった董卓。その残虐な行いはいまも人々の非難を受け続けています。しかし、彼がそうした処分を下した背景には「何進グループ」の打倒という、政治目標があったのです。


諸葛亮孔明が北伐にこだわった本当の理由とは?

諸葛亮孔明が北伐にこだわった本当の理由とは?

劉備(玄徳)に三顧の礼で迎えられた天才軍師・諸葛亮孔明。劉備(玄徳)に迎えられてからは名軍師として数えきれない活躍を見せます。そして最後は北伐でその生涯を閉じるのですが、そもそもなぜ北伐を繰り返していたのでしょうか。推測も交えつつ、北伐にこだわった理由に迫ってみるとしましょう!